【プロ徹底解説】新型1シリーズの維持費はどのくらい?118iとM135i xDriveを比較してみる

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。

そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。

また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

文/写真・萩原文博

Chapter
新型1シリーズの維持費はどのくらい?
もはや別のクルマ?118iとM135i xDriveの諸経費の違いとは?
1シリーズは街中と高速で燃費性能に違いが出るも"わずかの差"
動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

新型1シリーズの維持費はどのくらい?

BMW M135i xDrive 萩原文博

新型BMW1シリーズは1.5L直列3気筒ターボエンジンを搭載した118iと今回試乗した2L直列4気筒ターボエンジンを搭載するM135i xDriveの2モデルを用意しています。一体維持費はどれくらい掛かるのでしょうか。

BMW 118iプレイ 萩原文博

写真は、BMW 118iプレイ 

もはや別のクルマ?118iとM135i xDriveの諸経費の違いとは?

BMW M135i xDrive 萩原文博

今回試乗したM135i xDriveの車両本体価格は630万円、一方売れ筋と思われる118iプレイは375万円と車格の異なる別のクルマ?と思うほど異なります。

BMW 118iプレイ 萩原文博

安全装備やコネクテッド機能はそれほど差がありませんが、走行性能に関する部分や内外装などで大きな差があります。自動車重量税は118iプレイが1390kgなので、3万6900円。M135i xDriveは1580kgなので、4万9200円となります。

BMW M135i xDrive 萩原文博

写真は、M135i xDrive

BMW 118iプレイ 萩原文博

写真は、BMW 118iプレイ 

自動車税は年額で118iプレイは1.5Lなので3万500円、一方のM135i xDriveは2Lなので3万6000円となります。自賠責保険は3万6780円で同じなので、やはり排気量が大きく、重量の重いM135i xDriveのほうが諸費用は高くなってしまいます。

1シリーズは街中と高速で燃費性能に違いが出るも"わずかの差"

BMW M135i xDrive 萩原文博

写真は、M135i xDrive

BMW 118iプレイ 萩原文博

写真は、BMW 118iプレイ 

さらに、燃料代は両モデルともにハイオクガソリンを使用しますが、燃費性能は実走行に近いWLTCモードで118iプレイが13.7km/L。そしてM135i xDriveは12.0km/Lとなっています。

高速走行では大排気量エンジンが有利なので、その差は縮まると思われます。しかし街乗りでは、大排気量不利で燃費差は開いてしまうので、走り方によって維持費は大きく差が付いてしまいそうです。

動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ