BMW 3代目1シリーズ(7K15/7M20/7L20型)の3つのグレードを徹底比較!スポーティーグレード「M Sport」でおすすめのモデルはどれだ!?

BMWのラインナップでもっともコンパクトなボディーを持つBMW 1シリーズ(7K15/7M20/7L20型)ですが、2019年にはBMW 3代目1シリーズとなり、プラットフォームをFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)ベースに移行するなど大胆なフルモデルチェンジを行いました。今回はそんな3代目1シリーズにどんなグレードがあるのかを紹介していきます。

Chapter
BMW 3代目1シリーズ 118i【価格:337万円〜】
BMW 3代目1シリーズ 118d【価格:385万円〜】
BMW 3代目1シリーズ M135i xDrive【価格:633万円】

BMW 3代目1シリーズ 118i【価格:337万円〜】

「118i」は、BMW 3代目1シリーズのエントリーモデルに位置づけられたグレードです。

エントリーモデルではあるもののBMWの名にふさわしく基本的な装備や快適装備が充実し、インパネ(インストルメントパネル)にはタッチパネル機能付き8.8インチコントロール・ディスプレイが標準装備され、運転席にも5.1インチのマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルが奢られています。

その他にも、ウェルカムライト自動防眩ルームミラーなど、高級車らしい演出が随所に施されている点も見逃せません。

エンジンはターボチャージャーを装着した1.5L 直列3気筒のB38A15A型を搭載し、最高出力103kW(140PS)/4,600〜6,500rpm、最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,480〜4,200rpmを発生するトルク型と言えるユニットで、電子油圧制御式7速DCTを組み合わせ、燃費性能は実際の走行状況に近いとされるWLTCモードで13.7km/Lを達成しています。

また、3代目1シリーズでは1つのグレードにより高級志向の「PLAY」、スポーティーなチューニングを施された「M Sport」などの複数の3タイプが設定され、118iには「118i」「118i Play」「118i M Sport」がラインナップされています。

特に「118i M Sport」は快適性とともに走行性能を向上させ、エクステリアには専用形状のバンパーを装着。インテリアではホールド性の高いスポーツシートを採用するなど、見た目も装備もシャープな仕上がりとなっています。

駆動方式はすべてFF(前輪駆動)のみで、価格は「118i」が337万円、「118i Play」が378万円、「118i M Sport」が416万円となっています。

BMW 3代目1シリーズ 118d【価格:385万円〜】

「118d」は、BMW 3代目1シリーズのディーゼルエンジンモデルです。

エクステリアはガソリンエンジンモデルの「118i」と変わりませんが、エンジンはターボチャージャーを装着した2L 直列4気筒のB47C20B型となり、最高出力110kW(150PS)/4,000rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,750〜2,500rpmと、「118i」に比べるとトルクが大幅にアップしています。

一方で、トランスミッションはMT(マニュアルトランスミッション)と同様の内部構造を備えたDCTから、従来のAT(オートマチックトランスミッション)へと変更された8速ATを組み合わせています。

「118d」には4タイプが設定され、「118d Play Edition Joy+」が385万円、「118d Play」が413万円。そしてスポーティーな「118d M Sport Edition Joy+」が423万円、「118d M Sport」が451万円となっています。

BMW 3代目1シリーズ M135i xDrive【価格:633万円】

「M135i xDrive」は、走行性能を向上させる専用チューニングが施されたハイパフォーマンスグレードです。

エンジンは2L 直列4気筒ながら最高出力225kW(306PS)/5,000〜6,250rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/1,750〜4,500rpmを発生するB48A20E型を搭載。トランスミッションにはトルセンLSDを内蔵し、4WD(4輪駆動)を組み合わせるなど、大パワーを効率良く路面に伝える設計となっています。

エクステリアではフロント・リヤバンパーの形状が変更されているほか、専用のダブルスポーク18インチホイールが奢られるなど、迫力を増した外観となっている点も魅力的ですね。

一方でハイパフォーマンスグレードらしく価格は633万円まで上がり、エントリーモデルである「118i」の倍近い値段設定となっています。

BMWでは、各グレードにセッティングの異なる複数のモデルを設定し、なかでも「M Sport」はスポーティーなサスペンションチューニングや迫力のあるエクステリアから根強い人気を誇っています。

また、トップグレードの「M135i xDrive」はグレード名に「M」を頂き、下位グレードとは隔絶されたパフォーマンスを備えていることから、コンパクトなスポーツハッチバックを検討される場合には、「M135i xDrive」はおすすめの1台と言えるでしょう。

※ 2020年12月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK