BMW 3代目1シリーズの便利なオプションを一挙紹介!(3BA-7K15/3DA-7M20/3BA-7L20型)

BMW 3代目1シリーズ

BMW 3代目1シリーズ(3BA-7K15/3DA-7M20/3BA-7L20型)は、2019年にフルモデルチェンジされたBMWのラインナップの中でもっとも小さな車格のハッチバックです。

小さいとはいえ、そこはBMW。高い走行性能や安全性に加えて、オプションも多く存在しています。

今回は、数ある1シリーズのオプションの中から使い勝手に優れたものをピックアップして見ていきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
BMW 3代目1シリーズのメーカーオプションはパッケージ化されている
BMW 3代目1シリーズの走行・見た目にかかわるオプションを紹介!
BMW 3代目1シリーズの安全性を向上させるオプションを紹介!

BMW 3代目1シリーズのメーカーオプションはパッケージ化されている

1シリーズのメーカーオプションは、ひとつひとつを単体で選ぶこともできますが、いくつかのセットをまとめたパッケージとしての購入も可能です。

パッケージ購入できるのは、全車種で選択可能の「iDriveナビゲーションパッケージ」、エントリーモデル以外で選択可能の「ストレージパッケージ」、「118i プレイ」対応の「コンフォートパッケージ」、そして「118i Mスポーツ」「M135i xDrive」で選択できる「コンフォートパッケージ」の4種類。

BMWにかかわらず、メーカーオプションは新車購入時にしか取り付けることができません。

後から取り付けたいと思っても不可能なものばかりなので、使い方をよく考えたうえで、どのオプションを取り付けるのか検討したほうが良いでしょう。

中には不必要だと思うものが含まれている場合もありますが、単品で購入するより価格は押さえられているため、複数の機能を一気に付けたいのであれば、パッケージでの購入をおすすめします。

ただ、使うか使わないかは別として、パッケージ化されたメーカーオプションは、どれもあって困るものではありません。

長い付き合いになるクルマの性能を左右することもあるので、慎重に選びましょう。

BMW 3代目1シリーズの走行・見た目にかかわるオプションを紹介!

ここからは、1シリーズのディーラーオプション、つまり後付け可能なオプションについて説明していきます。

まずは、走行や使い勝手にかかわる便利なオプションを見ていきましょう。

走行性能を支える機能として1番に名前が挙がるのが、ホイールです。

1シリーズには5つのホイールがオプションとして設定されており、見た目もさることながら走行性能にも大きな影響を与えます。

また、それに合わせてホイールをロックするためのセットもあり、防犯性能も高めることが可能なのです。

上位クラスのオプションである「Mパフォーマンスパーツ」では、サスペンションの変更が可能になります。

コイルスプリングが赤く塗装されており、見た目にもおしゃれなだけではなく、純正サスペンションよりもより走りを楽しむことができるようになっています。

フロント・リアのどちらか一方だけの交換も可能で、必要に応じて交換できるのも嬉しいポイントです。

さらに、走行性能を安定させるための機械式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルも選択可能。

費用は一般的なオプションより高いものの、1シリーズの走行性能を格段に上げて走りを味わいたい方には、おすすめのオプションとなっています。

BMW 3代目1シリーズの安全性を向上させるオプションを紹介!

1シリーズには、安全性能を向上させるオプションもあります。

昨今のあおり運転をはじめとする悪質運転の記録だけではなく、ドライバーと同乗者を守るための装備もオプションで揃えることができるのです。

純正のドライブレコーダーには2種類存在し、どちらも高い機能を誇っています。

おすすめはAdvanced Car Eye 2で、レーダーセンサーのほかにもバッテリー電力の監視機能などがついています。

画質もこちらの方が上で、万が一のときにはその性能を発揮することでしょう。

また、ナンバープレート盗難防止用の盗難防止用ロックナットも装着可能です。

付属のキーアダプター以外での取り外しは不可能になっており、高い防犯性能を誇る一方、表面に施されたメッキ加工で、外観を損なうこともありません。

また、万が一事故や故障で動けなくなってしまった場合の発煙筒や三角表示板、ワーニングベストもオプションで選択できるほか、脱出不可能になったときに役立つライフハンマーもラインナップされているのです。

このように、あらゆる場面で同乗者の安全を守ることができるオプションも、つけておいて損はないでしょう。

1シリーズの便利なオプションを、何点かピックアップして紹介しました。

エクステリア(外観)をバージョンアップするオプションも多い中、走りや安全性も確保できるオプションの豊富さは、まさに輸入車のなせる業といえます。

ハッチバックという汎用性の高いタイプのクルマゆえに、どのオプションをつけても損はありませんが、オプションをつければつけるほど支払い額は大きくなるので、その点は気をつけましょう。

1シリーズには他にも多彩なオプションがラインアップされているので、一度カタログに目を通してみるのも良いかもしれません。

※2021年8月現在

商品詳細