【プロ徹底解説】BMW M135i xDrive BMW伝統のキドニー・グリルを採用しつつ若々しく生まれ変わった新型1シリーズのデザインとは?

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。

そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。

また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

文/写真・萩原文博

Chapter
前輪駆動を採用しプロポーションが大きく変更された新型1シリーズ
精悍なフロントビューにより若々しくなった新型1シリーズ
空力にもデザイン性にも優れたMエアロダイナミクスパッケージをM135i xDriveに標準装備
動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

前輪駆動を採用しプロポーションが大きく変更された新型1シリーズ

BMW M135i xDrive 萩原文博

駆動方式がクラス唯一の後輪駆動のFRから、前輪駆動のFFへと変更された新型BMW1シリーズの外装について紹介しましょう。今回試乗したフラッグシップモデルのM135i xDriveのボディサイズは全長4355mm×全幅1800mm×全高1465mmで、ホイールベースは2670mmとなっています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

先代1シリーズのフラッグシップモデル、M140iのボディサイズは全長4340mm×全幅1765mm×全高1430mm、ホイールベースは2690mmでした。全長、全幅、全高はすべて大きくなる一方で、ホイールベースは20mm短縮しています。

一般的にはホイールベースが短くなると室内空間は狭くなるのですが、エンジンの搭載位置が従来の縦置きから横置きへと変わったことで、ホイールベースが短くなっても室内の広さは広くなっています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

デザイン面では大型化し、センターの部分が連結した新世代デザインのキドニー・グリルを採用。試乗車のM135i xDriveにはセリウムグレーメッシュタイプを装着し、差別化を図っています。

フロントマスクの中央に配置されたアイコンはBMWの美学と存在感を際立たせています。ヘッドライトはクッキリとしたデザインの4灯ヘキサゴンLEDヘッドライトを採用することで、若々しさとスポーティな個性を主張しています。

精悍なフロントビューにより若々しくなった新型1シリーズ

BMW M135i xDrive 萩原文博

デイタイム・ランニングライトをはじめ、ロー・ハイビームにも長寿命で省電力なLEDを最奥したヘッドライトを採用。ダイナミックかつスリムなデザインで、精悍なフロントビューを特徴づけるとともに自然光に近い光が前方の路面を均一に照射し、視認性を向上。夜間や悪天候などの走行時におけるドライバーの負担を軽減します。 

BMW M135i xDrive 萩原文博

新型1シリーズのサイドビューは無駄を省きハッキリとしたプレスラインが特徴です。さらに、リアタイヤを強調するような力強いシルエットを纏いながらも全体としては端正な印象に仕上げられています。また、リアスタイルは低重心なシルエットに立体的にデザインされたL字型テールライトによりワイド感と躍動的な走りを視覚的に演出します。

さらに、このテールライトにはLEDリフレクター・テクノロジーを採用したバックライトが備わっています。またテールゲート側とボディ側に分割される構造により広いゲート開口部を実現することで、荷物の積載が容易となっています。

空力にもデザイン性にも優れたMエアロダイナミクスパッケージをM135i xDriveに標準装備

BMW M135i xDrive 萩原文博

試乗したM135i xDriveはMエアロダイナミクスパッケージを標準装備。フロントバンパーやサイドスカートそして、リアスカートなど空力性能を向上させる形状のパーツを装着しています。

また、直系100mmのデュアルエキゾーストテールパイプを採用するとともに、エアインテークトリムやミラーキャップなどはキドニー・グリルと同色のセリウムグレーに統一することで、よりアグレッシブな外観となっています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

M135i xDriveが装着する18インチホイールは5本スポークタイプでシルバーと濃いグレーのコントラストによりシャープさが強調されたデザインが特徴です。その大径ホイールの中ではMの文字が刻印された大容量のブレーキシステムを採用。

BMW M135i xDrive 萩原文博

空力性能が向上させるエアロパーツそして大容量のブレーキシステムなどにより、このM135i xDriveは乗る前から高いポテンシャルをもつクルマと認識できるでしょう。

動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。

そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。

また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。

あらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ