【プロ徹底解説】BMW M135i xDriveの走り味にはFR時代の"駆け抜ける喜び"はあるのか?

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。

そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。

また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

文/写真・萩原文博

Chapter
動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME
BMW M135i xDrive 萩原文博

 今回試乗しましたBMW M135i xDriveのインプレッションを紹介しましょう。M135i xDriveは現在のところ、新型1シリーズのフラッグシップモデルで車両本体価格は630万円という高額モデルです。同じクラスでいうと、アウディS3(633万円)、メルセデス・AMG A35 4マチック(628万円)、フォルクスワーゲンゴルフR(579万9000円)といったCセグメントのハイパフォーマンスモデルに含まれます。


筆者も初代1シリーズの116iを所有していたことがあり、駆動方式が変わってこれまでの「駆け抜ける歓び」が変わってしまうのかやや不安もありました。しかし、 M135i xDriveに乗ってそんな不安は微塵もなくなりました。運転席に座って走りだすと、いつの間にか笑みがこぼれるほど楽しいのです。

BMW M135i xDrive 萩原文博
BMW M135i xDrive 萩原文博

アルカンターラを使用したコンビシート。専用チューンの施されたサスペンション、そして最高出力306PSを発生する2L直列4気筒ターボエンジン。これらのうち何か一つ欠けてもM135i xDriveの楽しい走りは実現できません。それくらい全てのパーツが“M”の称号を背負ったモデルを支えているのです。 専用サスペンションが採用されている M135i xDriveボディは「しっかり」という言葉がぴったり当てはまるほど引き締められています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

そのように書くと街乗りでは荒れた路面や段差では乗り心地が悪い。と思われるかも知れませんが、ボディを引き締めているからこそサスペンションがしっかりと路面からの衝撃をいなしてくれるので揺れの収束が早いうえ振動も抑えてくれるのです。専用チューンが施されたサスペンションは、ロール量を抑えつつ4つのタイヤをしっかりと路面に接地させて、フロントだけでなくリアタイヤの仕事量をドライバーがしっかりと認識できるように味付けされています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

結論から言うと M135i xDriveは4輪駆動ですが、エンジンが横置きのFFなのか、縦置きのFRなのかという論議は無用と思うほど、とにかく運転していて楽しいのです。 最高出力306PSを発生する2L直列4気筒ターボエンジンは街乗りではドライブモードはエコプラスで全くストレスはありません。

BMW M135i xDrive 萩原文博

8速ATのシフトプログラムもドンドンとシフトアップされ5〜6速となります。この2Lターボエンジンは450Nmという最大トルクを1750〜4500回転という幅広い回転域で発生しますし8速多段化されたミッションによって追い越し時の再加速もストレスなくスムーズに行えます。 ドライブモードをスポーツにすると、 M135i xDriveの高いポテンシャルが開放されスポーティな走りが楽しめます。やや重めにセッティングされたステアリングを動かすとタイムラグなくクルマの姿勢が動きます。FF車のデメリットであるアンダーステアーもなく、思ったとおりのラインを走ることができました。

BMW M135i xDrive 萩原文博

また、 M135i xDriveにはハンドルにシフトパドルが装着されているので、ワインディングなどでハンドル操作とシフトチェンジが頻繁に行う際には非常に重宝します。 車両本体価格630万円もしますから、走行性能だけでなく、先進の運転支援システムやコネクテッド機能なども充実しています。しかし、1.5Lの118iでもARBというタイヤスリップコントロールを搭載し、FF車のネガティブな部分を消そうとしています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

これまで後輪駆動のFRにこだわってきたBMWが満を持して投入したFF車の新型1シリーズ。駆動方式論議に終止符を打つ出来映えといえるクルマです。

動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ