【プロ徹底解説】新型Aクラスのインテリアはメルセデス・ベンツの伝統を残してる?使い勝手も抜群のインテリアを解説する

2018年に登場した、メルセデス・ベンツ Aクラス。メルセデス・ベンツのエントリーモデルとしてラインナップされているAクラスですが、「ハイ、メルセデス」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステム「MBUX」を搭載するなど、従来のエントリーモデルとは比べられないほど先進的なモデルに仕上がっています。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からAクラスをひも解いていきます。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博

Chapter
新型Aクラスは、メーターカウルを廃した斬新なダッシュボード
拡大した室内空間
新型Aクラスに備わるパワーシートスイッチはメルセデス・ベンツならではの”伝統”
メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

新型Aクラスは、メーターカウルを廃した斬新なダッシュボード

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

新型Aクラスに乗ったとき、誰もが驚くであろうものがダッシュボードのデザインでしょう。いわゆるメーターカウルが存在しておらず、1枚の左右に大きな長方形のモニター(10.25インチワイドディスプレイ)が運転手の前に置かれています。しかもダッシュボードは、上下2段になっており、それぞれが左右のドアから水平につながっています。つまり、ダッシュボードがフラットになっており、その上に置かれた長方形のモニターがより目立つようなデザインとなっているのです。

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d
メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

この大きなモニターは、メルセデス・ベンツが採用する新世代マルチメディアシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」とセットになっており、文字通り、ドライバーに新しいマルチメディア体験を味あわせてくれるもの。今では、幅広いモデルに「MBUX」が搭載されていますが、メルセデス・ベンツとして初めて採用されたのは、この新型Aクラスから。そう言う意味でも、「MBUX」と、それを使うための大きなモニターは、新型Aクラスの大きな特徴と言えるでしょう。

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

また、モニターの下に並ぶ大きなエアコンの吹き出し口は、ジェットエンジンのタービンをイメージしたもの。オプションになりますが、64色のアンビエントライトも用意されており、華やかさと心地よさ、アグレッシブさが融合する、独特の雰囲気も魅力となっています。

拡大した室内空間

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d
メルセデス・ベンツ Aクラス A200d
メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

新型Aクラスは、斬新なインテリアを採用しただけでなく、実用性という意味でも進化しています。室内空間は前席も後席もしっかりと広くなっているのです。前席で言えば、ヘッドルームで7㎜、ショルダールームで9㎜、肘部分の空間で35㎜を拡大しています。後席はヘッドルーム8㎜、ショルダールーム22㎜、肘部分の空間で36㎜を拡大。後席ドアの形状が最適化されたことで、後席への乗降性が向上しています。

新型Aクラスに備わるパワーシートスイッチはメルセデス・ベンツならではの”伝統”

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

インテリアに関して、メルセデス・ベンツの伝統とでも言えるものが存在します。それがドアにあるパワーシートのスイッチです。一般的にパワーシートのスイッチは、シート座面の横。つまり、座席の横にあるのが普通です。しかし、メルセデス・ベンツは、大昔からスイッチはドアというのがお決まり。革新的な技術を積極的に採用するメルセデス・ベンツですが、パワーシートのスイッチだけは、今も昔のままというのが、古いメルセデス・ベンツを知る人には嬉しいところでしょう。

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

また、別の意味でメルセデス・ベンツならではというのがシフトレバーです。現在のメルセデス・ベンツは、そのほとんどのモデルで、ステアリングのコラム部の右にシフトレバーを配置しています。日本車で言えばウインカーレバーの位置にあるのが、シフトレバーです。ですから、メルセデス・ベンツを初めて運転しようという人が最も注意すべきところは、ウインカーとシフトを間違えないこと。ウインカーのつもりで、シフト操作を行ってしまうことが非常に多いので、要注意です。

AMGラインの豪華でスポーティなインテリア

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

インテリアのデザインは、包み込まれるような雰囲気。インテリアトリムには、本物の木やアルミニウムが使われて質感が向上しています。取材車は、AMGラインを装備しており、ノーマルよりも1段上のプレミアム感を放っています。その内容は、ナッパレザーにレッドステッチの入った本革巻きスポーツステアリング、レッドステッチ入りのDINAMICAシートとDINAMICAインテリアトリム。黒を主体としつつ、赤いステッチがあちこちに配されており、スポーティな印象を生み出します。

メルセデス・ベンツ Aクラス A200d

また、さらにラグジュアリーな空間を求める人には、AMGレザーエクスクルーシブパッケージが用意されています。これは、レッド/ブラック、もしくはグレー/ブラックという2トーンのレザーシートとアルミニウムインテリアトリム、64色アンビエントライトが装備されます。

メルセデス・ベンツのラインナップの中でAクラスはエントリーに位置しますが、インテリアの質感という点では、決して上級クラスに劣るものではないというのも、このクルマの大きな美点ではないでしょうか。

鈴木ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木ケンイチ