ポルシェの維持費は年間100万円!? その内訳は?

ポルシェ 911 (992) 2019

ポルシェが欲しい!でも車を購入するときは、車両本体のみならず維持費についてもちゃんと検討しなければいけませんよね。

ポルシェの維持費って実際にはどれくらいかかるのかでしょうか?そんなお悩みを抱えている方に、今回はポルシェ ケイマン、カイエン、911の3モデルをもとに、どの程度ランニングコストがかかるのかを紹介します!

※今回紹介する維持費はあくまで目安であり、金額は条件によって異なります。

半世紀以上の歴史を持つポルシェのフラッグシップスポーツ 911

ポルシェ 911は、リアエンジン水平対向エンジンという独特のレイアウトを持つスポーツカーで、モータースポーツで数々の記録を打ち立ててきたポルシェのフラッグシップでもあります。

ハイパワーなエンジンを搭載したモデルや、レーシングカーに匹敵パフォーマンスを誇るモデルなども販売され、ポルシェのスポーティーなブランドイメージを牽引するクルマです。 

その高性能さを象徴するように車体価格も高額で、一般的なユーザーにとはなかなか手の届かない憧れの存在と言えるでしょう。

ポルシェ 911の年間維持費は約51万円〜

さて、そんな911の年間維持は最低でも約51万円からとなっています。やはり重量が軽いぶんカイエンよりは低めですが、ポルシェ911のオーナーのなかには、なんと年間100万円程度かかってしまうという方もいるみたいです。

自動車税:73,100円
任意保険:47,880円
整備費:171,590円
諸費用を含めた車検代:185,250円

<次のページに続く>
次ページ
ポルシェの維持費が高額の理由はタイヤとオイル交換にあり!