ホイールの「J」という単位は何を表しているのか?インチアップ時の注意点

wheel101

アルミホイールを購入するときには、様々なサイズを検討するわけですが、「18X8J」などの表記を見ることが多々あると思います。

このホイールのサイズ表記にある、「J」という記号…これは何を意味しているのかでしょうか。今回はこの詳細を見てみましょう。

Chapter
フランジ形状を表している記号
ホイールの幅とタイヤの幅
オフセットにも影響がある
サイズ確認はリフトアップした状態ではダメ

フランジ形状を表している記号

フランジ形状とは、タイヤホイールリムのうち、最も外側に来る部分のことです。タイヤとホイールの接触面とも言えます。このフランジ部分のサイズによって、いくつかの分類に分けられます。

メジャーなものでは、B・J・JJがあります。その分類についてみてみましょう。
B:リム面からフランジ頭頂部の高さが14mm、フランジの厚さが10mm
J:リム面からフランジ頭頂部の高さが17.5mm、フランジの厚さが13mm
JJ:リム面からフランジ頭頂部の高さが18mm、フランジの厚さが13mm

という三種類。JJという表記の場合、フランジがより分厚く大きくなります。フランジ部分はリムよりも外側に出ている部分であるため、大きくなる=ぎりぎりのセッティングだとはみ出す可能性も…。

ホイールの幅とタイヤの幅

ホイールの幅は、フランジ形状と合わせて、8Jや9JJなどと表記されます。この8や9の単位は、インチを示しています。例えば、18x8Jという場合、直系18インチ、横幅8インチのJフランジという読み方になります。

1インチは25.4mmですから、203.2mmということになります。ちなみに、この203.2mmはフランジ部分は含んでいないサイズです。例えば、このホイールに横幅225のタイヤを履かせる場合、フランジがJであれば13mmとなります。すると、内側と外側併せて26mm。合計229.2mmとなり、断面幅からみるとホイールのほうが大きく見えますが、実際の横幅は断面幅より少し広くなりますので調度良いのです。

また、タイヤ側にリムガードが付いているタイヤも増えており、併せてサイズを検討したほうが良いでしょう。8Jに215タイヤだと引っ張りタイヤになりますし、235タイヤだとタイヤが外に出る分、少し不格好になるかもしれません。

<次のページに続く>
次ページ
オフセットにも影響がある