ホイールの特徴、塗装・交換のコツ30選!愛車の足元にオシャレを纏う

ホイールの特徴、塗装・交換のコツ30選!愛車の足元にオシャレを纏う

「おしゃれは足元から」と言うように、ドレスアップに欠かせないばかりか、走りにも大きな影響をおよぼすのが"ホイール"。クルマを走らせる上で、なくてはならないパーツです。

ホイールには、一般的に使われているアルミやスチール、さらにカーボンやマグネシウムなど、さまざまな素材で作られ、そのデザインも多種多様に用意されています。ホイール選びは、走行感、見た目、価格など、何を重視するのか。自分の理想に合致したホイールを選びたいものです。

ここでは、ホイールの交換手順から、インチアップのメリットやデメリット。また、ホイールの塗装手法やキズの修理など、ホイールのあらゆる記事をご紹介。

自分好みのホイールを選んで、理想のカーライフに近づけましょう!

サイズや見た目、機能などタイヤとホイールはセットで考えるのが普通ですが、タイヤにいろいろ種類があるようにホイールにも様々な種類があります。多くの人がドレスアップを目的としてホイールを交換すると思いますが、ホイールはタイヤ同様に走行性能にも大きく関わってくるパーツなのです。

スポーツカーだけでなく、軽自動車やセダン~ミニバンまでホイールの変更(カスタム)は多くの車両で行われています。今はどのようなホイールが人気なのでしょうか??

車には数多くの消耗品があり、エンジンやトランスミッションなどの部品は、20万キロという距離に達する頃にはオーバーホールや部品交換が必要です。乗用車に多く使われているアルミホイールはどうなのでしょうか。

アルミホイールが純正品として多く装着されている現代。スタッドレスタイヤ用にスチールホイールを購入する方や、あえてスチールホイールへ変更する人も?注意点を紹介します。

いまや多くの車種でアルミホイールが標準装備となっていますが、ひと昔前までは、スチールホイールが標準で、アルミホイールはオプションパーツでした。アルミホイールのほうがデザインもいいし、何より性能に優れている、と思われがちですが、すべての車種でアルミを装備しているわけではありません。一部ながら、スチールホイールが用いられているのには、理由がありそうです。

最近では標準装着の車も増えてきたアルミホイール。多彩なデザインに大きいインチのホイールなど、バリエーションが様々なのも特徴の一つです。一方、カタログを見ると、輸入車を中心に”アロイホイール”という表記が散見されます。アルミホイールとアロイホイール…その違いとは?

車好きなら愛車のカスタムに真っ先に思いつくのがアルミホイールではないでしょうか?性能的にもサスペンション下の軽量化は車体の軽量化の3倍の効果があったり、ハンドリングの軽さなど実用的なメリットがあるほか、外観がカッコ良くなる事も大きなポイントです。費用対効果の高さや満足感からアルミホイールのリプレイスはまさしくマスト!なカスタムなのです。あえて交換を前提に標準を鉄製のホイール、いわゆる「テッチン」で発売するモデルもあるくらいです。今日はホイールにおけるアルミとテッチンの比較をしてみたいと思います。

自動車用アルミホイールにはさまざまなデザインのものがありますが、そのデザインや素材により、重量や強度に大きな差が出る、というお話です。

大径かつ高性能・ラグジュアリーなホイールが増えた現代。現代の車に似合うホイールもいいですが、旧車のホイールも忘れられません。そんな懐かしの旧車ホイールをご紹介します!

近年、アルミホイールの価格も下がってきました。昔はアルミホイールとタイヤの交換で20万…ということもザラでしたが、最近では、国産のちゃんとしたホイールでも4本で10万そこそこから。また、純正装着も増えてきており、あえてアフターパーツのアルミホイールを付けない…という選択も増えている気がします。さて、そんな大事なアルミホイールを保護するためのコーティングとその効果とは?

ゼロヨンのスタート直前、スタートラインに着く前にホイールスピンをさせるシーンをよく見かけますが、あれにはどのような意味合いがあるのでしょうか。今回はその点に触れてみよと思います。

どちらかといえばドレスアップパーツとしての認識が強いと思われる「ホイールスペーサー」ですが、それを装着するメリットとは何でしょうか?似ているけどちょっと違う「ワイドトレッドスペーサー」ともどもご紹介します。

バネ下重量の軽量化は、1キロあたり車両全体でみれば4〜15キロもの軽量化に匹敵すると言われています。そのためタイヤホイールの軽量化により、ブレーキ、コーナーリング、加速、燃費…これらに良い効果があると言われます。 しかしそれも度が過ぎると、全体のバランスを悪化させ、本来の性能を落としてしまうこともあるようです。この、これまでの常識に対してまったく違う「プロに聞いた」意見、偏平化のデメリットとも合わせて、今回の話題の中心にしてみたいと思います。

気軽に行えるカスタムの1つであるホイール交換。インチアップも行えば見た目にもカッコ良くなります。しかし、一般的にホイールのインチアップを行うと燃費が悪化したとか、乗り心地が悪くなったというような声も聞こえてきます。今回はそんなホイールのインチアップを行った際に乗り心地の確保は可能なのか検証してみたいと思います。

最近では20インチ以上のホイールは当たり前のようにあり、軽自動車ですら純正で16インチホイールを採用している車種があります。それにも関わらず未だに「新車のサイズでないと車検に通らない」と思い込んでいる人もいる過渡期ではありますが、ホイールはいつからこのように大きくなったのでしょう?

アルミホイールを購入するときには、様々なサイズを検討するわけですが、「18X8J」などの表記を見ることが多々あると思います。このホイールのサイズ表記にある、「J」という記号…これは何を意味しているのかでしょうか。今回はこの詳細を見てみましょう。

FR車に採用される前後で幅が異なるタイヤや、MR車で見かけることがある前後異径のホイール。どのようなメリットがあるのでしょうか?

実は、冬場はこまめに洗車をしたほうが良い時期です。ボディや窓の汚れを落とすのですが、実はボディ以上に洗ったほうが良い場所というのが多々あります。その一つがホイールの内側なのです。

ホイールの汚れはなかなか頑固です。泥やホコリといったものであれば簡単に落ちますが、ホイールに付着しているほとんどがブレーキダストであり、鉄粉などが細かく付着しています。これらを効果的に落とすには…?

最近は、乗用車でも径の大きなホイールを装着する車種が増えてきました。サイズが大きくなったことで、タイヤはその分扁平化されるわけですが、この扁平化により、ホイールにガリ傷を付けてしまうリスクが増えます。このガリ傷は、修理できるのでしょうか?

クルマのドレスアップ、足回りカスタムでアルミホイールを装備するケースは多いでしょう。その際ホイールを固定させるのに重要なパーツが「ホイールナット」です。地味ながら大切なパーツなのです。

大型トラック、あるいはバス、といった車両のホイールはアルミホイールよりも鉄製のホイールを装着しているものが多いと感じます。この理由とはいったいどういう点からなるのでしょうか?

欧州車には少なくて、日本車にはたくさんある、フェンダーとタイヤの間の「すき間」。ホイールアーチ部分のすき間が大きいとなんだかちょっと貧相に見えます。さらに日本車の多くは標準状態だとタイヤがフェンダーの中に入り込んでいる(ツライチじゃない)ので、違和感を覚える人もいるようです。この理由は何なのでしょうか?

メルセデス・ベンツやBMWといった欧州車は、フロントのホイール内側を真っ黒にしていることがよくあります。両社とも高級車メーカー、もっとスマートな作りにはならないものか?しかしそこには、日本や北米とは異なる欧州の事情があるのでした。

かつて「定番」とも言われた「ワタナベホイール」。旧車等に履かせるアルミとしていまだに根強い人気があります。頭文字Dで主人公が駆るハチロクが履いているのも「ワタナベ」ですね。この人気に迫ってみましょう。

愛車のドレスアップの第一歩と言えば、やはりアルミホイール。多くのサードパーティメーカーからたくさんのアルミホイールが発売されています。オフセットやPCDなどは取り付けるうえで重要な情報です。これらは車種により異なるので、そもそも着かなかったり、はみ出したり。同様に、ハブリングというパーツが存在します。果たして、このメリットとは?

駆動伝達系のチューニングには、強化クラッチ等と並んで「軽量フライホイール」もよく見かけます。フライホイールの軽量化には、どんな意味があるのでしょう?

タイヤの空気が抜ける原因の代表はパンクですが、他にもエアーバルブやその中の「ムシ」と呼ばれる部品の劣化が原因で抜けたりします。簡単に交換はできるのでしょうか?

クルマの足元のおしゃれともいえるパーツがアルミホイール。長年乗っていると、こすってしまったり、飛び石で塗装が痛むという事が必ずあります。こうした場合のメンテナンスとして「自家塗装」という選択肢があります。塗り替えて気分を変える、という効果もありますよね。DIYで行う場合の方法は…?

4WD車に前後リム幅の違うホイールを付けるのはダメなのか…。今回はこちらについて検証してみたいと思います。