車のホイールはどう選ぶ?ホイール特集!

車のホイールはどう選ぶ?ホイール特集!

ホイールに関連する特集ページです。

メルセデス・ベンツやBMWの車は、フロントのタイヤホイール内側を真っ黒にしている事がよくあります。両社とも高級車メーカー、もっとスマート作りにはならないものか?しかしそこには、日本や北米とは異なる欧州の事情があるのでした。

クルマのドレスアップ、足回りカスタムでアルミホイールを装備するケースは多いでしょう。その際ホイールを固定させるのに重要なパーツが「ホイールナット」です。地味ながら大切なパーツなのです。

大型トラック、あるいはバス、といった車両のホイールはアルミホイールよりも鉄製のホイールを装着しているものが多いと感じます。この理由とはいったいどういう点からなるのでしょうか?

近年、アルミホイールの価格も下がってきました。昔はアルミホイールとタイヤの交換で20万…ということもザラでしたが、最近では、国産のちゃんとしたホイールでも4本で10万そこそこから。また、純正装着も増えてきており、あえてアフターパーツのアルミホイールを付けない…という選択も増えている気がします。さて、そんな大事なアルミホイールを保護するためのコーティングとその効果とは?

かつて「定番」とも言われた「ワタナベホイール」。旧車等に履かせるアルミとしていまだに根強い人気があります。頭文字Dで主人公が駆るハチロクが履いているのも「ワタナベ」ですね。この人気に迫ってみましょう。

車好きなら愛車のカスタムに真っ先に思いつくのがアルミホイールではないでしょうか?性能的にもサスペンション下の軽量化は車体の軽量化の3倍の効果があったり、ハンドリングの軽さなど実用的なメリットがあるほか、外観がカッコ良くなる事も大きなポイントです。費用対効果の高さや満足感からアルミホイールのリプレイスはまさしくマスト!なカスタムなのです。あえて交換を前提に標準を鉄製のホイール、いわゆる「テッチン」で発売するモデルもあるくらいです。今日はホイールにおけるアルミとテッチンの比較をしてみたいと思います。

愛車のドレスアップの第一歩と言えば、やはりアルミホイール。多くのサードパーティメーカーからたくさんのアルミホイールが発売されています。オフセットやPCDなどは取り付けるうえで重要な情報です。これらは車種により異なるので、そもそも着かなかったり、はみ出したり。同様に、ハブリングというパーツが存在します。果たして、このメリットとは?

駆動伝達系のチューニングには、強化クラッチ等と並んで「軽量フライホイール」もよく見かけます。フライホイールの軽量化には、どんな意味があるのでしょう?

タイヤの空気が抜ける原因の代表はパンクですが、他にもエアーバルブやその中の「ムシ」と呼ばれる部品の劣化が原因で抜けたりします。簡単に交換はできるのでしょうか?

クルマの足元のおしゃれともいえるパーツがアルミホイール。長年乗っていると、こすってしまったり、飛び石で塗装が痛むという事が必ずあります。こうした場合のメンテナンスとして「自家塗装」という選択肢があります。塗り替えて気分を変える、という効果もありますよね。DIYで行う場合の方法は…?

最近では標準装着の車も増えてきたアルミホイール。多彩なデザインに大きいインチのホイールなど、バリエーションが様々なのも特徴の一つです。一方、カタログを見ると、輸入車を中心に”アロイホイール”という表記が散見されます。アルミホイールとアロイホイール…その違いとは?

NAでもターボでも、チューニングと言えば、ホイール/タイヤの交換と並んで多いのが、マフラーの交換です。マフラー交換による排気音の変化の「楽しさ」というのもありますが、エンジンの排気を担う部品ですので、性能的な変化も大きいものです。NAでマフラーだけ変えると、抜けが良すぎてトルクが細くなって遅くなる…という話を聞いたことはありませんか?その真相を見ていきましょう。

自動車用アルミホイールにはさまざまなデザインのものがありますが、そのデザインや素材により、重量や強度に大きな差が出る、というお話です。

どちらかといえばドレスアップパーツとしての認識が強いと思われる「ホイールスペーサー」ですが、それを装着するメリットとは何でしょうか?似ているけどちょっと違う「ワイドトレッドスペーサー」ともどもご紹介します。

4WD車に前後リム幅の違うホイールを付けるのはダメなのか…。今回はこちらについて検証してみたいと思います。