ホイールをインチアップすると「乗り心地」が悪くなる!? 乗り心地を確保する方法は?

ホイール

気軽に行えるカスタムの1つであるホイール交換。インチアップも行えば見た目にもカッコ良くなります。

しかし、一般的にホイールのインチアップを行うと燃費が悪化したとか、乗り心地が悪くなったというような声も聞こえてきます。今回はそんなホイールのインチアップを行った際に乗り心地の確保は可能なのか検証してみたいと思います。

Chapter
ホイール交換の際のインチアップとは?
ホイールのインチアップのメリット
ホイールのインチアップのデメリット
インチアップと乗り心地の両立
乗り心地を良くする一番効果がある方法

ホイール交換の際のインチアップとは?

ホイールのインチアップは、今まで履いていたホイールのサイズから、限られたタイヤ外径の範囲内で扁平タイヤ+インチアップしたホイールを履くことです。純正のサイズが17インチのホイールを履いていたとすると、それを18インチや19インチと言った大径サイズのホイールに履き替えしたりします。

上の写真のGRS21型のクラウンアスリートの純正ホイールのサイズは、18インチ(225/45R18)ですが、インチアップする事により純正サイズから2インチアップされ、20(F側245/30R20、R側255/30R20)インチとなっています。

GRS21型クラウンアスリートの純正のタイヤサイズは225/45R18なので、タイヤ外径の計算式は以下の通り。

タイヤ幅x扁平率(%)x2+ホイールサイズ(インチ)x25.4mm

この計算式に当てはめて計算をすると以下のようになります。

225x0.45x2+18x25.4=659.7mm

このようにタイヤ外径が出ます。この範囲の中でインチアップが行えます。先ほど挙げたサイズのタイヤを含んだ20インチホイールの外径をそれぞれ計算するとF側655mm、R側661mmとなり、純正と比べても誤差はほとんどありません。このことから、スピードメーター等に影響するような弊害は無いことが分かります。

ホイールのインチアップのメリット

ホイールのインチアップには、以下のようなメリットが挙げられます。

1.走行性能の向上
2.タイヤのグリップ性の向上
3.コーナーリング性能の向上

見た目の変化は一目瞭然で、このためにホイール交換によるインチアップを行う方も多いのではないでしょうか。現在は、ディッシュタイプからメッシュのスポークタイプのホイールまでラインナップされており、素材も鋳造から鍛造と多種多様に選ぶことが可能です。

併せて、ホイールをインチアップすることによりタイヤのグリップ性能、コーナーリング性能などの運動性能も向上します。大抵の場合、インチアップを行うと、タイヤの幅が太くなり、路面とタイヤの接地面積も上がることによりタイヤのグリップ性能や、コーナーリング性能が高まるのです。

高価ですが、BBSやTWS、RAYSと言ったメーカーの鍛造製のホイールを導入すると、ホイールが軽量化されることがあり、いわゆるバネ下重量の軽減を行うことが可能になります。バネ下重量1キロの軽量化で、車体全体15キロの軽量化の効果があると言われています。

ホイール4本で、それぞれ1キロの軽量化が行えたと仮定すると、15キロの4倍、車体全体で60キロもの軽量化が理論上は可能と言えます。その分、運動性能の向上も期待できます。

<次のページに続く>
次ページ
ホイールのインチアップのデメリット