車のアルミホイールを上手く塗装する方法とは?

ホイール

クルマの足元のおしゃれともいえるパーツがアルミホイール。長年乗っていると、こすってしまったり、飛び石で塗装が痛むという事が必ずあります。こうした場合のメンテナンスとして「自家塗装」という選択肢があります。塗り替えて気分を変える、という効果もありますよね。DIYで行う場合の方法は…?

Chapter
アルミホイールの自家塗装
表面の処理と傷の補修からスタート
いよいよ塗装へ
少し手間を省くのも手!?

アルミホイールの自家塗装

専門ショップで行う場合、一本あたり1万円~2万円くらいが相場。当然これを4本やるわけですから、コストはそれなりにかかってしまうのがホイール塗装…。できればDIYでコストを浮かしたい、という方もおられるでしょう。

非常に手間がかかる作業になりますが、やって出来ない事はありません。

表面の処理と傷の補修からスタート

ホイールをクルマから外したら、しっかり洗浄します。ホイール裏にはブレーキダストがかなりこびりついているので、これも出来るだけ落とすと良いでしょう。またタイヤを外さずに塗装するという前提で考えますので、マスキングを行う事も考えて、空気圧は落としておくと作業しやすいようです。

ここから下地処理に入りますが、ショップでは「サンドブラスト」を使用して表面塗装の剥離を行います。しかしDIYでは手作業になるでしょうから、粗めのサンドペーパーでアルミのクリア塗装を剥離していく事になります。同時に傷の部分の補修も。

傷が浅ければ、ペーパーでの補修で良いと思いますが、欠損してたりする場合には、パテで埋めていくといった作業が必要になります。傷にパテが入り込んで、滑らかな触感になれば工程終了です。基本的にはプラモデルと同じような工程ですね。

クリアを削った際に発生した粉をしっかり落とし、ここから下地塗装の開始となります。注意すべきは、ホイールのクリアが剥離している為、長時間の放置をすると「表面酸化」が起きてしまう事。ですので、なるべく早く下地塗装を行う必要があります。

まず「プライマー」という下地塗料を地金が見えなくなるようしっかり吹き付けます。薄く塗り、乾燥したら再度薄塗りを行うようにすると良いでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
いよいよ塗装へ