意外や意外、見逃していませんか?スチールホイールのメリット!

いまや多くの車種でアルミホイールが標準装備となっていますが、ひと昔前までは、スチールホイールが標準で、アルミホイールはオプションパーツでした。アルミホイールのほうがデザインもいいし、何より性能に優れている、と思われがちですが、すべての車種でアルミを装備しているわけではありません。一部ながら、スチールホイールが用いられているのには、理由がありそうです。

Chapter
どうして鉄なのか?
自動車メーカーがもっとも気を使う点

どうして鉄なのか?

ホンダ シャトル ハイブリッド スチールホイール

純正スチールホイールのそっけないデザインは、車体デザインがモダンになればなるほど、浮いた存在になり、ホイールキャップというパーツが用いられるようになりました。

多くの車好きは、ホイールキャップでは飽き足らず、アルミホイールを購入。その瞬間から純正スチールホイールは、スタッドレスや予備のタイヤセット用に使われる以外は、邪魔なものになります。

しかし、スチールホイールは何より製造コストが安い。メーカーとしては、安価に作れるから車両価格も抑えやすい。このあたりがメリットといえそうです。

ではなぜ、メーカーはアルミホイールを標準装備としているのでしょう。

多くのアルミホイールは鋳造という製法で作られています。この鍛造のメリットは、デザインの自由度が高いことにあります。

またアルミ合金と鉄の比重は、2~3:1。鉄の方が重いとされています。つまり、同じ量の材料で作る場合、アルミの方が圧倒的に軽く作れるわけです。

ところが、アルミは鉄に比べ衝撃に弱いため、鋳造アルミホイールは、スチールよりもやや軽いか、ときには重くなってしまうという逆転現象も少なくありません。

具体的な事例では、少々古い話になりますが、プジョーの106が、RALLYという競技用モデルではスチールホイールを装着していたのに、標準車ではアルミホイールでした。これは、スチールホイールのほうが軽く、バランスも良かったからと言われています。

自動車メーカーがもっとも気を使う点

自動車メーカーが、ホイール製造でもっとも気を使う点…それは、製造品質です。

特にホイールの真円度とバランスは、大きな要素です。真円やバランスが狂っているホイールは、不快な振動を起こすばかりか、タイヤトラブルの原因にもなります。その場合、タイヤ交換の際に、ホイールにバランスウエイトを付けると、振動が発生することを抑えることができます。

つまり、メーカーはスチールホイールであっても、アルミホイールであっても同様の品質管理を行っています。性能だけで見れば、スチールホイールが劣っているわけではないのです。