アルミホイールの寿命はどれくらいか?交換が必要な状況とは?

タイヤ 交換

車には数多くの消耗品があり、エンジンやトランスミッションなどの部品は、20万キロという距離に達する頃にはオーバーホールや部品交換が必要です。乗用車に多く使われているアルミホイールはどうなのでしょうか。

Chapter
耐久性としては50年近い?
交換が必要な状況とは?
ホイールにダメージを与えない走り方を心がける
サーキット走行などの場合は消耗品と割り切って

耐久性としては50年近い?

鍛造も鋳造も同様に、単純にアルミの塊と考えれば、その耐久は40~50年程度。アルミ合金は、スチールと比較しても高い耐性を誇るため、表面はくすんだり錆びているような印象を受けても、材質自体に大きなダメージを負うことは多くありません。

スチールの場合、表面が風雨にさらされると、そこから錆が発生し内部まで侵食し、放置するとそのまま崩れることもあります。

しかし、アルミホイールは、塗装面に傷が入った状態でも、大きくえぐれたり割れたりしていなければ、錆が進行してホイールが崩れ落ちることはないでしょう。アルミホイールは、錆に強く長期間の使用に耐えうるホイールと言えます。

交換が必要な状況とは?

交換が必要となるのは、大きく変形したり、クラックが入ってしまったケース。乗用車のタイヤはチューブレスタイヤのため、タイヤとホイールの間に隙間ができてしまうとエア抜けが発生してしまい使用できません。この場合は直ちに交換が必要です。

ランフラットタイヤを履いている車両では、デフやミッションにダメージを与えるケースもあります。走行せずに積載車などを呼ぶほうが賢明と言えます。

また、ホイール全体が割れてしまうと、ブレーキディスクだけでなく、足回り全体、ボディ、アンダーフロアなどにダメージを負うことも多く、ホイールとタイヤのダメージだけで済んだものが、結果的にフレームにまで被害が及ぶ可能性もあります。

リム部分を少し擦ってしまった程度であれば、大きくダメージは無いと思われますが、一度ディーラーなどで点検をしてもらうと安心して乗れますね。

<次のページに続く>
次ページ
ホイールにダメージを与えない走り方を心がける