ホンダ N-ONEの長所は?

ホンダ N-ONEは、2017年12月にマイナーチェンジを実施し、新たに4つにスタイルを設定。特徴的な個性ある内外装が注目であることはもちろん、他にも強みがあります。今回はそんなN-ONEの長所を紹介します。

文・PBKK

Chapter
自分に合うスタイルを選択できる
ワンタッチで広がるシートアレンジ
立体駐車場で活躍する低全高モデル

自分に合うスタイルを選択できる

N-ONEの4スタイル

今回のマイナーチェンジでは、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」と個性的な4つの新スタイルを設定しました。内外装ともに個性があるので、自分好みのスタイルを選べます。では、それぞれのスタイルにはどんな特長があるのでしょうか。

スタンダード
見やすさと使いやすさ追求しシンプルに仕上げた標準モデル。ボディを一色に統一するワンカラーはもちろん、ルーフに白をあしらったツートンカラーも用意され全16色から選択できます。

セレクト
ブラウン塗装のフロントグリルやメープルウッド調インテリアパネルが感じさせる上品で大人びた佇まい。ルーフにブラウンを配したツートンカラーのみで全5色が用意されています。

プレミアム
チタンコートを配したヘッドライトやクロームメッキのフロントグリルなどを採用。それにより洗練された上質さと重厚感を表現します。ワンカラーとツートンカラーを合わせた計10色です。

RS
スポーツカーのような走りを感じさせる流麗なフォルムからなるスポーティーなデザイン。内装にはアクセントとして赤を配し操る喜びを表現します。ツートンカラーのみとなる全5色です。

ワンタッチで広がるシートアレンジ

ホンダ N-ONE 2017

ホンダ N-ONEの座席は、シートを前側に倒すことができるダイブダウン機構と座席を跳ね上げるチップアップ機構という2つの機構が備わっています。それぞれワンタッチで操作でき、使用すれば車内の使い勝手が向上します。

ダイブダウン機構を用いて後部座席を倒せば荷室と合わせたフルフラットモードとなり、奥行き1,350mm×幅880mm×高さ880mとなる巨大な空間が出現します。ゴルフバックがすっぽり収納でき、後部座席と荷室との間に段差がなく床面がフラットです。

また、前席を倒し後席に繋げるとソファモードに変貌します。足を伸ばせる奥行きを確保でき、長旅での休憩の際に役立ちます。チップアップ機構より後部座席を跳ね上げると、もう一つの荷室が出現します。テールゲートが開けられない時、荷室には入りきらない高さのある荷物を積載するときなどに役立ちます。

次ページ
立体駐車場で活躍する低全高モデル