ホンダ N-ONEの収納機能は利便性が抜群!

2017年にマイナーチェンジしたホンダ N-ONE。その人気の秘訣は、車内空間・走行性・荷室の広さ・カラーバリエーション・スタイルの豊富さなどがあり多岐にわたります。その中でも今回は「収納機能」について紹介します。

文・PBKK

Chapter
前席(フロントシート)の収納機能
後席(リアシート)と荷室の収納機能
オプションでより便利に

前席(フロントシート)の収納機能

N-ONEの前席

運転をしながらでも飲み物が取れるドリンクホルダーやダッシュボードなどの便利な収納が運転席と助手席ともに搭載されています。前席にはどんな収納機能があるのか紹介します。

運転席側
ドリンクホルダー
ハンドル右奥に設置され、500mLの飲み物がすっぽり入る大きさです。
 
インパネアンダーボックス
ハンドル下、ETC車載器の隣にある小さめのボックスで、二つ折りの財布などを収納するのに便利です。

ボトルホルダー付ドアポケット
ドア下部に設置されたポケットで、500mLの飲み物を収納できます。

助手席側
ドリンクホルダー
インパネ左端に設置され、500mLの飲み物がすっぽり入る大きさです。

インパネトレー
インパネ中央部に設置されている、大きめのトレーです。財布や携帯などを置いておけば、必要時にさっと手に取ることができます。

グローブボックス
インパネ下部に設置された奥行きあるボックスで、スケジュール帳などの厚みのあるものを収納できます。

コンビニフック
インパネ右下部に取り付けられており、ビニール袋はもちろんトートバックを吊り下げることもできます。

インパネアンダーボックス
インパネ下部、グローブボックスの下にあるボックスで、ティッシュボックスがまるまる入るほどの大きさです。

運転席と助手席共通
センターロアーボックス
インパネ中央下部にに設置されたボックスで、運転席と助手席の両席から手が届きます。大きさはボトルガムがすっぽり入るほどです。

次ページ
後席と荷室の収納機能は?