【JB64】新型ジムニーは軽自動車のボディサイズ(全長・車幅・全高)を最大限に活かした居住空間!ライバル車種との比較など徹底解説!

2019 JB64ジムニー 山崎

新型のJB64型ジムニーは、先代のJB23型と比較すると、実はボディサイズという点ではそれほど大きく変わっていません。ですが、軽自動車枠を最大限活かした空間設計により、居住性や使い勝手が大幅に向上しています。

文/写真・山崎 友貴

Chapter
全長・車幅・全高などの細部のサイズを見直してスペースユーティリティーを改善
新型ジムニーとシエラのサイズ(大きさ)は何が違う?
唯一無比な存在だけにライバルとサイズで比較できない!?

全長・車幅・全高などの細部のサイズを見直してスペースユーティリティーを改善

デザインという点では、新旧まるで異なっているジムニーですが、各部をじっくり見てみましょう。まずはボディサイズから…

■ 新型ジムニーのボディサイズ:全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,725㎜
■ 旧型ジムニーのボディサイズ:全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,715㎜

実はボディサイズで変わっているのは全高のみで、従来比で+10㎜。これは計測ポイントが新旧で異なるため、実際のルーフ高の差は20㎜程度です。

ただし、タイヤのサイズアップによるところもありますので、アッパーボディーのサイズが大きく変化しているということではありません。

その他、ホイールベースとトレッドは旧型と変わっていません。

■ 新型ジムニーのホイールベース(旧型ジムニーも同様) 
2,250mm

■ 新型ジムニーのトレッド(旧型ジムニーも同様)
前:1,265mm 後:1,275mm

これは、軽自動車枠という限定された条件の中で、従来から最大限のサイズを確保していたからだと言えます。しかし、ユーザーがなかなか見えない部分で変化はあります。

例えば、前席のアクセルペダルからヒップポイントまでの距離は+30㎜、前席と後席間の距離は+40㎜拡大しています。これは、室内空間の居住性がアップしたことを示しています。

次に室内寸法を見てみましょう。

■ 新型ジムニー:室内長1,795mm×室内幅1,300mm×室内高1,200mm
■ 旧型ジムニー:室内長1,685mm×室内幅1,220mm×室内高1,210mm


室内長+110㎜・室内幅+80㎜・室内高-10㎜と、全体的にみれば大幅に拡大していることが分かります。さらに前席のヘッドクリアランスは前席+50㎜・後席+40㎜と、こちらも大幅に改善されていることが分かります。

つまり、旧型から新型でボディサイズは異なっていなくても、室内の空間改善がなされており、居住性やスペースユーティリティーはグッと向上しているのです。

新型ジムニーとシエラのサイズ(大きさ)は何が違う?

ジムニーの普通車サイズであるジムニーシエラは、旧型のJB43型と比べると走行性能で大きな進化が見られるため、市場でも人気となっています。2019年11月現在で、納車まで2年待ちという状態。

一見すると、ジムニーにワイドフェンダーを装着しただけにも見える新型ジムニーシエラですが、どんなところが違っているのでしょうか。まずジムニーとの比較をする前に、新旧シエラの比較をしてみましょう。

■ 新型ジムニーシエラのボディサイズ:全長3,550㎜×全幅1,645㎜×全高1,730㎜
■ 旧型ジムニーシエラのボディサイズ:全長3,600㎜×全幅1,600㎜×全高1,710㎜

従来比で、全長-50㎜・全幅+45㎜・全高+20㎜となっています。さらにトレッドでは前後+40㎜・最低地上高+20㎜、それぞれ拡大されています。

■ 新型ジムニーシエラのトレッド:前1,395mm×後1,405mm
■ 旧型ジムニーシエラのトレッド:前1,355mm×後1,365mm

■ 新型ジムニーシエラの最低地上高:210mm
■ 旧型ジムニーシエラの最低地上高:190mm

室内寸法も比較してみましょう。

■ 新型ジムニーシエラの室内の大きさ:室内長1,795㎜×室内幅1,300㎜×室内高1,200㎜
■ 旧型ジムニーシエラの室内の大きさ:室内長1,690㎜×室内幅1,220㎜×室内高1,210㎜

室内長+40㎜・室内幅+80㎜・室内高+10㎜と、新旧ジムニー以上にシエラは車内が広くなっていることが分かります。エンジンも大幅に進化して、動力性能が向上しているわけですから、シエラの進化が販売台数増加に繋がっているのは確かです。

ではジムニーと比べるとどうでしょうか。

ボディサイズはジムニーが全長3,395㎜×全幅1,475㎜×全高1,725㎜、シエラは全長3,550㎜×全幅1,645㎜×全高1,730㎜と一回り大きくなっています。さらに、トレッドも前後ともにシエラの方が+130㎜ワイド化されています。

しかし室内寸法で見てみると、まったく同じ(ジムニーXGのみ室内長が25㎜短い)なのです。つまり、ジムニーとシエラのサイズ差は、走行性能のためであり、スペースユーティリティーに影響しないということです。

<次のページに続く>
次ページ
唯一無比な存在だけにライバルとサイズで比較できない!?

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴