冬の車中泊を助けるアイテム5選

冬の車中泊を助けるアイテム5選

冬キャンプ

①寝袋

まず時期に関係なく、車中泊をするなら布団よりもコンパクトに収納できる寝袋(シュラフ)がおすすめです。

冬の時期なら、使用温度が氷点下にも耐えられるもの。後は使用する地域の温度などを考慮して選んでおくとよいでしょう。

寒冷地での使用は、身体にフィットするマミー型のほうがベターですが、そのぶん値段も高くなります。

②充電式カイロ

充電式カイロは、走行中に充電、就寝時に使用というような使い方ができるのでおすすめです。

使用時間は、製品によってさまざまですが、だいたい6時間以上持つもので、50度近くまで温まるものがおすすめです。これなら、ほぼ一晩使えます。ただし、低温やけどには注意してください。

なかには、モバイルバッテリーとしての機能を備えているものやLEDライトとして使えるものもあります。付属機能を重視することで、荷物を減らすことができるでしょう。

③銀マット

冬の車中泊で快適に過ごすために必要なのは外気をシャットダウンすること。百円ショップやホームセンターなどで売られている銀マットは保温効果もあり防寒に最適。車のウインドウに貼れば外気を遮り、かつプライバシー保護にもなります。

冬は床からも冷気が伝わってくるので、ダイレクトにシュラフや布団を敷くよりも温かいうえに、緩衝材にもなるので寝心地もよくなります。

④サブバッテリー

冒頭でも触れましたが、寒いからといって一晩中アイドリングをするのは命の危険以前にマナー違反です。

しかし、電源があればさまざまな暖房器具が使用できるのも事実。そういった方におすすめなのが、サブバッテリーです。

価格は2万円前後が相場でやや高価ですが、頻繁に車中泊を行う方には重宝するでしょう。事前に充電しておけば、エンジンをかけなくても電気毛布や車載用ファンヒーターなど使い放題です。

⑤車載用電気ケトル

必要なときにさっとお湯が湧く車載用電気ケトルがあると、カップラーメンやインスタントコーヒーなど身体を温めるものを、手軽に摂取することができます。

温かいものは、身体がポカポカになり安眠にもつながります。目的地に着くまでにお湯を沸かしておくとすぐに使用できて効率が良いでしょう。


睡眠不足は運転の大敵。宿泊費を節約と引き換えに寝不足になってしまっては、身もフタもありません。冬場に限らず車中泊での移動を考えている方は、移動する距離よりも睡眠を第一に考えておくと楽しい旅になるでしょう。

車内をとても快適にするおすすめカー用品15選!自動車のプロが厳選!
自動車のプロがおすすめする洗車グッズ17選!これでもう迷うことなし!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives