今はどんなホイールが人気!? 現在のホイール選びのトレンド!

純正も大型化?現代のホイール

ホイール

純正ホイールのサイズは年々大径化が進み、ホイールのデザインも多様化してきています。セダンやミニバンでも、オプションで19~20インチが設定されることが珍しくありません。
社外ホイールに関しても、海外製に関しては、大径でも安価なものもかなり増えました。

その増えた大径ホイールの中でも、最も多く見かけるデザインが「立体的スポーク&色分け」でしょう。ブラック×ポリッシュは純正で採用されているものも見受けられます。

ラグジュアリーな「立体的スポーク&色分けのデザイン」

立体的に削られた様な形状が特徴のホイール。
カラフルなカラーがラインナップされていますが、塗装部分あくまでポリッシュ部分と半々ぐらいというのが特徴です。

特に「ブラック×ポリッシュ」の人気は絶大で、軽自動車~ミニバンまで、どのサイズでも見かけることができます。
形状も様々ですが、段差があるデザインを利用し色分けしたツートンが採用されている点が特徴的でしょう。

立体的でおしゃれなデザインですが、掃除がしづらいのが難点と言われています。

レーシングホイールでも増加傾向!?「コンケイブ形状」

コンケイブ形状(コーンケイブ、逆反り系ホイールとも)は、アメリカンな大径ホイールとして以前から人気でしたが、世界的にホイールの大径化が進んだこともあり、日本車や欧州車でも装着率が上がりました。

リム付近からのびるスポークが中央に向かって落ちていく様なこのデザイン…レーシングホイールでも流行の兆しが見受けられます。

軽量な「レーシングコンケイブ」ホイールへの拘りは人により異なり、「このオフセットの落ち具合でなければダメ!!」といった意見も。

やっぱり最終的には装着したい…「軽量&高級ホイール」

社外ホイールも増え、「人との違い」を求める層が増え、プレミアムなモデルを装着したいという意見は多くあります。
特に軽量なレーシングブランドのホイールは、スポーツカーだけでなく高級セダンやミニバンにも装着されることが多くなりました。

BBS製ホイールは特に人気で、軽量で高剛性&人と被らないといった点で高級車の装着率は非常に高いです。

非常に高価でありながら、それに見合う品質やブランドとしての人気、シンプルで自然なデザインながらも、どこか強い存在感を放つホイール・・・・・数多くのオーナーの憧れとして君臨しています。

いかがでしたか。

近年は純正ホイールのデザインも人気で、中古品が高額で取引されることも多くなりました。

今後もホイールデザインは、更に大径化&複雑なデザイン化が進むかもしれませんね。

みなさんは、今ならどのようなスタイルのホイールを選択しますか??

スチール、アルミ、カーボン…ホイールの種類とそれぞれの特徴って?
車のホイールコーティングはした方が良い?そのメリットは?
意外や意外、見逃していませんか?スチールホイールのメリット!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事