前後で異径サイズのホイールや、幅が異なるタイヤのメリットとは?

タイヤ

FR車に採用される前後で幅が異なるタイヤや、MR車で見かけることがある前後異径のホイール。

どのようなメリットがあるのでしょうか?

Chapter
ハイパワーな後輪駆動車の場合、リアタイヤは太くなる傾向に
FR車でも4本同サイズタイヤの採用は増えてきた
MRエンジン搭載車は、前後ホイール径(インチ)が異なるものを採用する場合がある
一体何故?前後異径ホイールを採用する理由

ハイパワーな後輪駆動車の場合、リアタイヤは太くなる傾向に

FR車を中心に「後輪駆動車にワイドタイヤ&ホイール」を装着することは珍しいことではありませんでした。

後輪はパワーを受け止める為に太めのタイヤを履くように設計され、前輪はステアリングの切れ角や必要な制動力等の動力性能に合わせてサイズが決定されます。前輪は舵を担当する為、ステアリングを限界まで切った際に干渉しない必要性がありますので、最小回転半径など、使い勝手を考慮すると後輪用のワイドタイヤが履かせられない場合もあります。

上記のように、前輪は舵を切る為に適度なサイズに抑え、リアは太めのタイヤでトラクションを受け止めるという考え方ですが、デメリットも存在します。

4輪が同サイズで無い為、前後のタイヤローテーションが出来ません。ローテーションで前後均等に減らしたい所ですが、サイズが異なるので基本的には使い切って履き替えとなります。リアばかり摩耗して交換を繰り返している場合も、フロントは減っていないのにゴム劣化が進みますので交換が必要な場合もあるでしょう。

購入面でも「4本同サイズ」でセット販売されているタイヤも多く、2本ずつだと探しづらい場合があります。

FR車でも4本同サイズタイヤの採用は増えてきた

タイヤ性能の向上により、最近ではFR車両でも4本通しのサイズ(ホイール・タイヤのサイズが同じ物)を採用するケースが増えています。

量産車の場合、4輪同一サイズで車両全体のバランスが取れるように純正で調律されている場合もあるので、そのような場合にリアタイヤばかり無暗なワイド化を行うことはかえって操縦バランスを悪化させることも。

4本同一サイズの場合は、前後左右のタイヤローテーションも可能となります。

4本同サイズのタイヤを採用している際に、フロントのみ純正サイズを使用しリア側を意図的にワイド化することによって意図的に操縦フィーリングを変化させることも可能ですが、足回りのセッティングや車両の後輪車重などを考慮しつつ行う必要があるでしょう。

しかし、近年の車両はABSトラクションコントロール等の電子制御が複雑に絡み合って装着されているケースが多く、それらのバランスを崩さないようにベストなセッティングを行うことは難しくなってきていると言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
MRエンジン搭載車は、前後ホイール径(インチ)が異なるものを採用する場合がある