GT-Rの名前を受け継がなかった唯一の”R”の魅力

スカイラインGTS-R

スカイライン GTS-Rは87年にグループAクラスのホモロゲモデル(レース参加の条件をクリアするために作られるクルマ)として作られたクルマです。自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つであるグループAで勝利を得るために作られたモデル。生産はわずかに800台と非常に希少価値の高いクルマです。

7代目スカイライン R31のスペシャル仕様であるGTS-Rはステンレス製タコ足に大径タービン、前置きインタークーラーを装備。ボディカーラーはこだわり抜いた”ブルーブラック”のみとなっています。直線が際立つボディデザインも大変魅力的です。

GT-Rの名前を継がなかったGTS-R

1985年にデビューした「セブンス」こと7代目スカイライン R31のレース用として産声を上げたGTS-Rですが、数多くの専用パーツが組み込まれているにも関わらず、わずか800台の生産に留まってしまいました。さらに、GTS-RはGT-Rの復活と期待されながらも”GT-R”の冠をかぶることができずに終わってしまいます。

その理由は「GT-Rを名乗るのにふさわしくなかったから」という意見がまずひとつ。その他にも、走行性能がGT-R水準に達していないからとも、当時のハイソカーブームに準じた開発コンセプトが相応しくないとも言われています。8代目スカイラインGT-Rが爆発的な人気を博す名車になったのも、このGTS-Rが糧になったから、とも言えるかもしれません。

GTS-Rの”ドッカン”ターボ

GT-Rの名前を引き継ぐことができなかったといえど、GTS-Rは大変”味”のあるクルマです。

特にスカイラインGTS-Rの特徴の一つに数えられる”RB20DET-R”エンジンは逸品です。排気量は2Lで現在と比べるとスモールサイズのエンジンで210馬力を発揮。GTSツインカム24V
ターボに積まれたRB20DETエンジンをベースに等長ステンエキマニ、ギャレットTO4Eタービン、前置きのインタークーラーを実装しています。

このターボエンジンの特徴はなんと言っても”ドッカン”ターボ!ターボラグを経てブーストがかかると一気に加速します。最近のクルマは電子制御や気筒内噴射が多いので、昔のクルマならではの魅力ですね。GTS-Rは非常に”味”のあるクルマです。

官能的なエキゾーストノート!

GTS-Rがお好きな方はこのエンジンサウンドに魅力を感じている人が多いのではないでしょうか。この等長マニサウンドは乗る人を魅了すること間違いなしです!

最後にGTS-Rの走行動画を掲載します。ぜひご覧ください。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事