3000馬力スープラ、2000馬力GT-R…ここまでチューニングするにはいくらかかるのか?

日産 R35 GT-R 2017

オーバー1000馬力の世界をさらに超える2000馬力、3000馬力というモンスター級のチューニングは、日本よりもむしろ海外で多数、製作されています。魔改造と呼ばれるこれらのチューニングを施したモンスターマシン。仕上げるのにはどれくらいのお金がかかるのでしょうか?

Chapter
そもそもノーマルのGT-Rはどれくらいのパワーがある?
R35 GT-Rの魔改造の代表チューナーはテキサス生まれ
T1R GT-Rトップグレードの改造内容は?
3000馬力超のスープラがある!?
2000馬力、3000馬力までパワーアップするにはどれくらいのお金がかかる?

そもそもノーマルのGT-Rはどれくらいのパワーがある?

日産GT-Rが発売されたのは2007年。以来、年々最高出力をアップしています。

2007年12月〜2008年12月→353kW (480PS) /6,400rpm

2008年12月〜2010年11月→357kW (485PS) /6,400rpm

2010年11月〜2011年11月→390kW (530PS) /6,400rpm

2011年11月〜2016年11月→404kW (550PS) /6,400rpm

そして2016年8月に発売されたばかりの最新のGT-R NISMOは以下の通りで、価格もメーカー希望小売価格(税込)1,870万200円とすごいことになっています。

最高出力:441kW(600PS)/6,800rpm
最大トルク:652Nm(66.5kg-m)/3,600〜5,600rpm

R35 GT-Rの魔改造の代表チューナーはテキサス生まれ

こちらのGT-Rは、2005年に設立されたアメリカ テキサスのチューニングブランド「T1 Race Development」が製作したマシンです。

最高出力2,136PS、最大トルク180kgmを発生し、最高速度は378km/hに達するモンスターマシンですが、さらにパワーアップした2500馬力バージョンの製作も行われているそうです。

テキサスゴジラのすごいところは、2000馬力超モンスターカスタムであっても、違法なチューニングは施されておらず、公道使用もOKとのこと。しかし、公道OKとはいってもこのパワーを十人分に発揮できる場所は限られていそうですね。

海外ではいわゆる「魔改造」と呼ばれる大胆な改造を行うチューナーも存在しますが、T1Rはまさにその代表格。最高出力は2000馬力オーバー。動画をご覧になればわかる通り、世界最速のGT-Rがミサイルのように一気にすっ飛んで行きます。

<次のページに続く>
次ページ
T1R GT-Rトップグレードの改造内容は?
商品詳細