スカイライン GTS-Rってどんなクルマ?【GT-Rの名前を受け継がなかった唯一の”R”の魅力】

R31 スカイライン GTS-R

GT-Rの名前を受け継がなかった唯一の”R”、スカイライン GTS-R。R31の中でも特別な一台と位置づけられるクルマです。今回はスカイライン GTS-Rの特集です。

Chapter
スカイライン GTS-Rとは?
GT-Rの名前を継がなかったスカイライン GTS-R
スカイライン GTS-Rの魅力その1!”ドッカン”ターボ
スカイライン GTS-Rの魅力その2!官能的なエキゾーストノート

スカイライン GTS-Rとは?

スカイライン GTS-Rは87年にグループAクラスのホモロゲモデル(レース参加の条件をクリアするために作られるクルマ)として作られたクルマです。自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つであるグループAで勝利を得るために作られたモデル。生産はわずかに800台と非常に希少価値の高いクルマです。

7代目スカイライン R31のスペシャル仕様であるGTS-Rはステンレス製タコ足に大径タービン、前置きインタークーラーを装備。ボディカーラーはこだわり抜いた”ブルーブラック”のみとなっています。直線が際立つボディデザインも大変魅力的です。

GT-Rの名前を継がなかったスカイライン GTS-R

※ 画像は2000GT-R

1985年にデビューした「セブンス」こと7代目スカイライン R31のレース用として産声を上げたGTS-Rですが、数多くの専用パーツが組み込まれているにも関わらず、わずか800台の生産に留まってしまいました。さらに、GTS-RはGT-Rの復活と期待されながらも”GT-R”の冠をかぶることができずに終わってしまいます。

その理由は「GT-Rを名乗るのにふさわしくなかったから」という意見がまずひとつ。その他にも、走行性能がGT-R水準に達していないからとも、当時のハイソカーブームに準じた開発コンセプトが相応しくないとも言われています。8代目スカイラインGT-Rが爆発的な人気を博す名車になったのも、このGTS-Rが糧になったから、とも言えるかもしれません。

<次のページに続く>
次ページ
スカイライン GTS-Rの魅力その1!”ドッカン”ターボ