GT-Rの維持費ってどれくらい?

日産 GT-R

2007年にデビューした日産R35型GT-Rは優れた走行性に絶大な人気を博しています。しかし一方で、維持費の高さが日本車の常識をはるかに上回っているというのも事実。ただ、デビュー当時と比較すると、おもな交換部品の価格が値下がりしているようなのです。
※2016年

Chapter
維持費が高い?その内訳は?
維持費が高額になる理由は?
GT-Rデビュー当時よりも安くなったもの
中古車の魅力高まるGT−R
日本が誇るLFA vs GT-R
R35 GT-Rの素人インプレッション!
NISSAN GT-R R35 エンジン始動&エキゾースト
GT-R 画像ギャラリー

維持費が高い?その内訳は?

それでは実際にGT−Rの維持費はどれくらいなのでしょうか。

1年間の予想平均値を算出すると以下の通りになります。

自動車税 ¥66,500
自動車重量税 ¥16,400
自賠責保険 ¥13,920
自動車保険 ¥50,000 (車両保険無・30歳12等級の平均値)
ガソリン代 ¥280,000 (ハイオク140円・燃費5km/L・年間走行1万kmで算出)

さらに、オイル交換を始めとしとしたメンテンナス費用がかかりまます。

ちなみにGT−Rのランフラットタイヤは、当初、4本セットで約40万円!といわれていました。

維持費が高額になる理由は?

維持費が高額になってしまう理由は、なににあるのでしょうか。

まず、GT-Rはハイオクガソリン指定車なので燃料費がどうしても高くなってしまいます。さらにの燃費はカタログ値で8,8Km/L。実際の走行では、5km/L近くまで落ち込んでしまうそうです。

また、4WDという駆動方式のため、タイヤはほぼ均等に摩耗します。また、前後のサイズが違っているので、一度外してしまったタイヤを使用することは、原則的には不可能です。

<次のページに続く>
次ページ
GT-Rデビュー当時よりも安くなったもの