中古車を買うならどっちがお得?ディーラー系販売店vs中古車専門店

中古車販売店は大きく2つに分類できます。一つは自動車ディーラー系の販売店と中古車専門店です。中古車専門店は一般的には専業店と言われています。今回は、自動車ディーラー系販売店、中古車専門店(専業店)のそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

文・萩原 文博

Chapter
ポイント1.自動車ディーラー系販売店とは?
ポイント2.中古車専門店(専業店)とは?

ポイント1.自動車ディーラー系販売店とは?

自動車ディーラー系販売店とは、国産自動車メーカー、輸入車メーカー系のディーラーやインポーター(輸入代理店)が携わっている店舗のことです。自社ブランドの中古車を中心に下取りなどで流通してきた他メーカーの中古車も扱っています。


自動車ディーラー系販売店のメリット

ディーラー系販売店の魅力は何と言っても「信頼性」です。自動車メーカーの看板を掲げていることもあり、販売する中古車はしっかりとメンテナンスされ品質は高いです。また購入後も安心して乗車できるように保証無償で付いています。さらに有償で延長保証も付けることができます。保証を付けられるというのは中古車の品質に自信があるという表れと言えるでしょう。また、自宅から離れた販売店で購入したとしてもネットワークが充実していますので、自宅近くの販売店でメンテナンスを受けられるのも特徴です。

自動車ディーラー系販売店のデメリット

一方でデメリットもあるので要注意です。
販売している中古車はしっかりとしたメンテナンスやクリーニングを行い保証を付けることが多いので、一般的な専業店より価格は高くなります。そして、展示しているクルマは多岐に渡る一方で人気の高いクルマは流通しにくいという特徴があります。特に人気車は前オーナーが手放す際に、より高い査定価格を提示する買取店を利用し、オークションを経て専業店に流れてしまうからです。

ポイント2.中古車専門店(専業店)とは?

中古車専門店(専業店)は販売店ごとに特色があります。
軽自動車から輸入車まで車種やボディタイプを問わず販売する店舗や特定の車種に絞る販売店、そして価格の安い中古車だけを揃えている販売店などさまざまです。

専業店で購入するメリットとして挙げられるのは、人気の高い車種を購入する場合など同じ車種が揃っているので探しやすいことです。またスタッフも専門知識が豊富なので、メンテナンスのポイントや購入後のカスタマイズのプランなども相談できますし、メンテナンスもお任せできるという点があります。

価格の安いクルマを揃えて販売している店などは、予算オーバーをある程度気にせずに自分にピッタリの一台を選べる点が魅力です。また、ディーラー系販売店と比べると価格が安いという特徴もありますし、最近では有償で保証も付けられるようになりました。

ただし、専業店は店の規模などに関わらず、良い店かどうかの判断が難しいケースがあります。また、メンテナンスや保証も販売店独自の基準が設けられておりバラバラなケースが多いので、中古車の購入に慣れている人は問題ないですが、初めて購入する人にはオススメできません。

中古車販売店にはディーラー系販売店の中古車専門店(専業店)の2つに分けることができ、それぞれメリットとデメリットがあります。これまではディーラー系販売店の価格は高いと言われてきましたが、専業店で購入し保証を付けるとディーラー系販売店との価格差は小さくなることも多いです。

中古車に限らずクルマを購入してゴールではなく、販売店との付き合いがスタートします。新しいパートナーとして購入した中古車を安心して乗るためにはどこの販売店で購入するのがベストなのか。クルマ本体の金額だけでなく、購入後の保証やアフターサービスなども含めて販売店の検討を行うと良いでしょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ