お気に入り

すべて見る
お気に入りに追加した車両が
表示されます

閲覧履歴

すべて見る
これまでに閲覧した車両が
表示されます

検索履歴

すべて見る
中古車検索の履歴が
表示されます

人気の車種から探す

メーカーから探す

人気のボディタイプから探す

地域から探す

こだわりから探す

新着 中古車記事特集

"近所を気軽に走れるクルマが欲しい"そんな理由で2015年式 ダイハツ ムーヴカスタムRSを購入。質感は軽自動車のレベルでは無かった
"近所を気軽に走れるクルマが欲しい"そんな理由で2015年式 ダイハツ ム...
トヨタ C-HR Gグレードのハイブリッド仕様のオーナーレビュー。駐車場の高さ1550mに収まる、トヨタ C-HRは愛車としてベストだった
トヨタ C-HR Gグレードのハイブリッド仕様のオーナーレビュー。駐車場の...
レア度最高レベル!! たったの100馬力で地味目なプジョーだけど、1992年式プジョー309 SIは、ほぼトラブルフリーな1台 オーナーズレビュー
レア度最高レベル!! たったの100馬力で地味目なプジョーだけど、1992...
1.2リッター、5速マニュアル。ルノー 2代目 トゥインゴ GTは、乗れば乗るほど楽しさがわかるクルマだった
1.2リッター、5速マニュアル。ルノー 2代目 トゥインゴ GTは、乗れば...
15年ほど前に乗っていた1987年式シトロエン 2CV6 チャールストンは、不便さを楽しむクルマで悟りの境地へ連れて行ってくれた。オーナーズレビュー
15年ほど前に乗っていた1987年式シトロエン 2CV6 チャールストンは...
確かに、基本設計は古い。しかし、スウェーデンが誇る、今は亡きサーブ・クラシック900 (1992年式) は雰囲気と個性、国ごとのクルマ作りの文化を楽しむべきだと教えてくれる。オーナーズレビュー
確かに、基本設計は古い。しかし、スウェーデンが誇る、今は亡きサーブ・クラシ...

中古車選びのワンポイント解説

新車と中古車の違いは?
新車と中古車の違いは?
中古車を探している際に、”未使用車”や”新古車”という言葉を見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか。しかし、自動車公正取引協議会のルールではクルマは「新車」と「中古車」の2つしか存在しないことになっています。新車とは、まだ一度も登録されていないクルマを指します。購入者が注文した後に製造され、ナンバーの登録を済ませてから納車されるため、ボディやインテリアのカラー、レザーやファブリックといった内装の生地、サンルーフや安全装備などのオプションを自由に組み合わせて自分好みの1台に仕上げられます。一方、中古車は既に日本国内で登録されたクルマを指します。したがって”未使用車”や”新古車”と言っても1度でも登録されていれば定義上は中古車となります。中古車はすでに登録されたクルマなので、装備やボディカラー、コンディションなど自分の好みに合わせたクルマを探す手間が発生する一方で、見つけることができれば新車と比べると安い価格で購入できすぐに納車されるというメリットもあります。
                                 CarMe:未使用車、新古車、未登録、ナンバー落ち…それぞれどういう意味?
中古車選びの考え方とコツ
中古車選びの考え方とコツ
中古車は新車と比較すると価格が安い点が魅力です。したがって、限られた予算内で自分の気に入ったクルマを手に入れることができます。中古車購入を成功に導くためのコツとして、予算が決まっているのであれば、車種を絞り込まない方がよいでしょう。特定の車種に決めてしまうのではなく、同じカテゴリーに属する他メーカーのクルマも選択肢に入れることをオススメします。その理由は、中古車では新車と異なり「人気」という要素が価格に影響を与えるからです。例えば、ミニバンというカテゴリーを見ると、人気の高いクルマは価格が高くなる傾向にあります。もし、欲しいと思っているクルマが人気車であった場合、クルマの実力に関わらず割高な価格となってしまうのです。できるだけ予算をおさえて、良いクルマを手に入れたいというのであれば、可能な限り車種を絞らずしかも人気車を外すことが中古車購入のコツと言えるでしょう。そのためにはどんな車種が同じカテゴリーに属しているのか最低限調べておくことが大切です。
                                                                                      CarMe:中古車はどう選んだらいい?申し込む前にチェックしたいポイント10選!
クルマを高く売るには?
クルマを高く売るには?

クルマの買い換えなどで、現在所有しているクルマを下取りや買取に出すときに「少しでも高く売りたい!」と大半の人は思うでしょう。少しでも高く売るコツはあるのでしょうか。
クルマを高く売るポイントとして、付け焼き刃にはいかないことです。購入時から「しっかりと決められたメンテナンスをしているか?」「クルマにキズが付いていないか?」など、これまで積み重ねてきた結果が影響します。したがって高く買取や下取りしてもらうために、ボディやバンパーのキズを修理したとしても、その修理費用をリカバリーできるほど査定価格を上げることは難しいと言われています。ただ、査定してもらう際には心証を良くするために洗車や車内清掃は済ませておいたほうが良いでしょう。
クルマを高く売る秘訣として、「車検期間が半年以上残ったタイミングで下取りや買取に出すこと」です。残車検期間が半年を過ぎると、車検なしと判断され査定価格が下がってしまう可能性があるからです。最低半年残った状態を考えると、車検が切れる1年前ぐらいから買い換えの計画を立てた方が良いということになります。また、車種によって大手の買取会社より、専門に扱っている販売店のほうが高く買い取ってもらえるケースがあります。そこでおすすめなのが、「車買取一括査定サービス」を利用することです。このサービスは複数の車買取業者に一括で査定依頼ができ、複数の車買取業者の中から一番高い査定金額を知ることができます。このサービスを利用して買取が良いのかそれとも下取りがいいのかジャッジするのも良いかもしれません。
                                                         CarMe車買取を見てみる

中古車の買い時
中古車の買い時
中古車は、同じ商品がほかにない“一物一価”と言われています。中古車の購入は欲しいクルマを見つけた時が買い時と言えます。しかし、中古車は需要と供給のバランスによって価格が決まる株式と同じ性質があるので、下がるタイミングも買い時と言えます。中古車が最も売れる最大の需要期は3月です。これは卒業・就職、異動などが重なり、ライフスタイルが変わるタイミングだからです。そして半期決算の9月と、最近は目立たなくなりましたが、7月、12月のボーナス商戦も中古車を購入する人が多くなるため中古車の価格が上がりやすくなります。
上がるタイミングがあれば、下がるタイミングもあります。3月の需要期が過ぎて、ゴールデンウィークが明けると中古車の価格は下がる傾向にあります。また、真夏の8月もユーザーの動きが鈍くなるため値落ちする傾向があります。そして9月の半期決算が終わると10月〜11月も価格が落ち着くタイミングと言われています。
また、ボディタイプによって値落ちするタイミングがあります。例えば、オープンカーは冬の12月〜2月に価格が下がります。このように購入するクルマの個性や購入するユーザーの動きを考えて中古車購入を検討すると買い時が見えてくるでしょう。

               CarMe:79.9万円から...今が買い時?トヨタ アルファード&ヴェルファイアを中古で手に入れた方が良い理由と評価
中古車にも保証はあるの?
中古車にも保証はあるの?
クルマは新車だけでなく、中古車にも保証が付いています。これまでは自動車メーカー系販売店が扱っているクルマのみに保証が付けられていましたが、最近では一般の販売店で取り扱っている中古車でも有償で保証が付けられるようになりました。保証を付けるためには、リスクを軽減するためしっかりとメンテナンスされていることが条件となります。保証期間や保証される部位などは各メーカーや保証会社によって異なるため、その内容を購入時にしっかりと確認しておきましょう
また、ディーラー系販売店で購入したクルマは保証が付いた価格ですが、一般的な販売店で有償の保証を付けると、支払総額はより高くなります。その差がどれくらいの金額になるのかをしっかりと確認してみてください。また、ディーラー系販売店は延長保証を付けることも可能ですので、購入したクルマを自分がどれくらいの期間乗る予定なのかを考えましょう。その上で保証について検討し、ディーラー系販売店で購入したほうが良いか考えることをおすすめします。
                                         CarMe:クルマのメンテナンスは何をチェックすればいい?
車両価格と支払総額の違いは?
車両価格と支払総額の違いは?
中古車を購入する際、車両本体価格だけでは手に入れることはできません。中古車だけでなく、新車も購入する際には諸費用が必要となり、車両本体価格と諸費用を合わせた支払総額(乗り出し価格)を確認します。支払総額とは、クルマを手に入れるために必要な費用なので、中古車を探すときの予算は支払総額で考えないと予算オーバーということになります。

諸費用とは、どの販売店で購入しても同じ金額の法定費用と、販売・転売店によって異なる販売店手数料が含まれます。法定費用はそのほとんどが税金です。1つ目は「自動車税」です。毎年4月1日時点で車検証上の所有者にかかる税金で、エンジンの排気量によって税額が変わります。また、中古車の購入であれば登録月から翌年の3月分までを一括で支払わなければいけません。ただし、軽自動車はどのタイミングで購入しても一律の10,800円です。次は「環境性能割」です。消費税10%導入時に自動車取得税に変わるもので、取得価額が50万円以上の車に対してかかる都道府県税です。購入した車の燃費性能に応じ、取得価額に対して普通自動車が「0%~3%」、軽自動車が「0%~2%」課税されます。取得価額の計算方法は「課税標準基準額×残価率」です。なお、2019年10月1日から2019年9月30日までの間に取得した自家用乗用車については、税率が1%軽減されます。そして「自動車重量税」は、車両の重量に応じて課税される税金のことで、基本的に0.5トンごとに税額が定められています。ただし、軽自動車は車両の重量に関係なく一律の料金です。通常、自動車重量税は1年ごとに支払うものですが、車検時期に車検証の有効期間分をまとめて支払うのが一般的です。そのため、中古車購入時に車検が残っている場合、次回の車検時まで自動車重量税の支払いは不要となります。

一般的な商品と同じように、中古車の購入にも消費税がかかります。本体車両価格はもちろんのこと、オプション費用や代行費用など法定費用を含まないすべての金額に消費税がかかることは覚えておいてください。
その他、諸費用には「登録代行費用」、「納車費用」、「車庫証明手続き代行費用」、「整備費用」、「納車整備費用」、「法定整備費用」などが含まれる可能性がありますので、見積書などをよく確認しておきましょう。
                                 CarMe:マツダ CX-8 XD L Packageの新車価格、乗り出し価格、維持費を紹介
整備・法定整備とは?
整備・法定整備とは?
中古車はすでに使用されたクルマなので、前オーナーの整備(メンテナンス)の内容によってコンディションが左右されます。整備と言ってもオイル交換やラジエター液、タイヤの交換などといった消耗品を交換する一般的な整備法定整備の2つに分かれます。法定整備というのは、国土交通省の「自動車点検基準」によって定められているもので、現在、乗用車では12ヶ月・24ヶ月に一度点検することを定められています。特に24ヶ月の点検は、車検の時期とも重なるため非常に重要なものです。なお法定整備の内容は、ブレーキの分解整備を伴う作業など専門的な部分があり、国家資格を持った整備士しか分解や整備を行うことができないことになっています。また、点検整備記録簿への記入する際にも専門的な知識が必要になる部分がありますので、法定整備をおこなう際には地方運輸局長の指定を受けた指定工場もしくは、認証を受けた自動車整備工場に依頼したほうがいいでしょう。中古車の価値がメンテンスの頻度やそれを証明する整備記録簿の有無によって上がる理由がこの点にあるのです。
                                        CarMe:中古車をディーラーで点検・整備してもらえるのか?
修復歴とは?
修復歴とは?
中古車の価格を左右する要因の一つが修復歴です。修復歴と聞くと事故を起こしたことのあるクルマを思い浮かべるでしょう。実際には修復歴車=事故車ではありません。例えば、バンパーやドアの凹みを修理したクルマは修復歴車にはなりません。修復歴車の定義は自動車公正取引協議会が定めています。この定義によると、1フレーム、2フロントクロスメンバー、3フロントインサイドパネル、4ピラー、5ダッシュパネル、6ルーフパネル、7ルームフロアパネル、8トランクフロアパネル、9ラジエターコアサポート(交換)の9カ所を修理した場合修復歴車となります。9のラジエターコアサポートはフロントから衝突し、当たり方が悪ければ修理することになります。こういったパーツを修理したとしても走行に影響がなければ、割安な価格で手に入る修復歴車は狙い目とも言えるでしょう。どの部位をどのように修理しているかについて、販売店が明確に説明できるのであれば、修復歴車の購入に関しては恐れる必要はないでしょう。
                                   CarMe:「修復歴車=修理した車」じゃない!修復歴車の正しい定義とは
中古車の評価制度
中古車の評価制度
多くの中古車が取引されているのが「オートオークション」です。このオートオークションでの取引価格が中古車の査定価格そして販売価格に大きな影響を与えています。そのオークションに出品されるクルマはすべて車両状態評価書というものが付いています。車両状態評価書とは、第三者機関のクルマの目利きのプロが見て、クルマの状態を判断するというものです。これまでは販売店しか評価書を確認することができなかったのですが、数年前から一般ユーザーでも車両状態評価書付きの中古車を購入できるようになりました。購入者に変わってプロが見てジャッジしてくれているので、車両状態評価書を確認することでより安心して中古車を購入できるようになったと言えるでしょう。
見積もり依頼・在庫確認
見積もり依頼・在庫確認
中古車を探している際、自分の希望通りのクルマを見つけて嬉しい気持ちはわかりますが、まだ完全に手に入れたわけではありません。中古車は車両本体価格に加えて諸費用を含めた支払総額が必要になります。この支払総額を知るためには気に入ったクルマを見つけた販売店に見積もり依頼をする必要があります。その際にまだ在庫があるのかどうかについて確認したほうがよいでしょう。人気のあるクルマは多くの人が探しています。気に入ったクルマを見つけたらすぐに在庫と商談状況を確認しましょう。その上で見積もりをしてもらい、総支払額を確認し内容を吟味して不明な部分があれば、販売店に確認しましょう。いくらインターネットが発達したとしても、やはり中古車は実車確認が必要です。まだ販売店に在庫があるようでしたら、一度は実車を確認しましょう。そして販売店が信用できるかどうかも確認してください。
                            CarMe:トヨタ アクアは特別セールで支払い総額223万円!?実際に見積もりを取ってみた!
年式・初度登録年(初度検査年)とは?
年式・初度登録年(初度検査年)とは?
初度登録年とは、購入しようとしているクルマが新車として最初に登録された年月のことです。一般的には製造された年である年式と同じになるため、クルマの年齢を示しています。新車の場合、国産車でも輸入車でも日本国内で初めて登録された年月が車検証に記載されます。ただし、一部の個人(並行)輸入された中古輸入車の場合は生産された年ではなく、日本国内で初めて登録された年月が初度登録年となることもあります。例えば、70年前に生産されたクラシックカーを、日本に輸入して登録した場合、クルマの年式は1950年式ですが、初度登録年は2020年となります。よく初年度登録と書かれていたりするケースがありますが、これは間違いで正式には初度登録と言います。
モデル
モデル
モデルはクルマの世代を示すものです。現在、新車で購入できるモデルを「現行型」、ひと世代古いモデルを「旧型」や「先代」、さらに古いモデルを「旧々型」や「先々代」と呼びます。モデルを使った言葉でよく耳にするのが、「フルモデルチェンジ」でしょう。これはクルマの世代交代にあたるモノで、内外装だけでなく、エンジンや装着される装備が大幅にアップデートされるケースが多いです。このフルモデルチェンジが起きると、旧型となった中古車の価格や安くなるケースが多いです。フルモデルチェンジに次ぐ変更点が多いのが「マイナーチェンジ」です。マイナーチェンジは新車で販売開始してから時間が経過したため、内外装を変更し商品力をアップさせるものです。加えて、運転支援システムのアップデートや搭載するエンジンの変更なども行われます。マツダやスバルそして輸入車の多くのメーカーは年次改良といって20年モデル、21年モデルという区分をするケースが多いです。この場合、マイナーチェンジに匹敵する大きな改良もありますが、価格が変更されるだけという小さな変更がある場合もあります。年次改良やマイナーチェンジで運転支援システムなどの進化を果たす反面、人気のない装備やグレードが廃止されるなど、コストカットをおこなう側面もあります。フルモデルチェンジも中古車の価格に影響を与えますが、外観が大きく変わったり、搭載するエンジンが変わったりするマイナーチェンジが起きると同じ世代でも年式の古いクルマの中古車は安くなることが多いです。
                                           CarMe:マイナーチェンジとフルモデルチェンジの違い
走行距離
走行距離
走行距離とは、そのクルマがこれまでに走行した記録です。一般的のエンジン搭載車は走行距離が短い方が高コンディションと言われています。しかし、走行距離が短くてもメンテナンスがしっかりとされていな場合はコンディションが高いとは言えませんので、しっかりとメンテナンス行われているかどうかを整備記録簿で確認する方が良いでしょう。また、現在では年間8,000kmを超えると走行距離が多いと判断され、過走行車と認定されます。過走行車と判断されると、クルマを手放す際の査定価格が下がることがあります。エンジン車では走行距離が少ない方が高コンディションと言われていますが、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車はやや異なります。走行距離が少ないとハイブリッドシステムに搭載されているバッテリーがバッテリー上がりを起こすケースがあり、トラブルの原因となると言われています。したがってハイブリッド車の場合は年式に対して走行距離が極端に少ない中古車は注意しましょう
燃費
燃費
搭載されているエンジンやハイブリッドシステムなどの燃料消費量燃費と言います。一般的に排気量が大きくなればなるほど、燃費は悪くなる傾向がありますが、例えば高速道路を走行する場合、軽自動車のような排気量が小さなクルマも燃費の悪化が顕著になります。またエンジンの種類によって使用燃料がレギュラーガソリン、ハイオクガソリンそして、ディーゼルエンジン用の軽油と異なります。価格は軽油が最も安く、そして最も高いのがハイオクガソリンとなります。高出力なエンジンは使用燃料がハイオクとなるので、燃料代も高くなります。燃費はモード燃費で記載され、かつては10・15モードJC08モードなどが主流でしたが、実燃費との乖離が大きいため、現在では実走行に近い数値となるWLTCモードがスタンダードとなっています。カタログに記載されている燃費の数字×タンク容量で満タン時の走行可能距離がわかります。エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車は燃費性能が優れており、走行可能距離が長くなる一方で車両本体価格が高くなります。自分のライフスタイルと使用目的に合わせてエンジンを選ぶといいでしょう。
                          CarMe:なぜ日本人はそこまで燃費を気にするのか?1km/L違うと財布にどれだけ優しいの?
ボディタイプの種類
ボディタイプの種類
多くの中古車検索サイトを見てみると、検索方法としてメーカー名に加え、「ボディタイプ」という検索項目があります。ボディタイプとは、異なるメーカーのクルマをユーザーの使用目的に合わせて、グルーピングしたものです。多くの場合、ボディタイプはコンパクトカーハッチバックセダンクーペオープンカーミニバンワンボックスSUV、そして軽自動車に区分されます。

コンパクトカー:全長4m程度のクルマで5ドアのハッチバックや車高の高いハイトワゴンなどが属しています。小さなボディなので取り回ししやすいのが特徴です。
ハッチバック:全長4m以上のサイズで運転席と荷室が区分されていないモデルです。荷室の広さを重視したステーションワゴンなども含まれます。
セダン:人が乗るスペースと荷室が区分されたクルマで大きさの異なるハコを組み合わせた形に見えるので3BOXとも言われています。最近はデザインが重視されトランクが独立していないスタイリッシュなセダンもあります。
クーペ:人が乗るドアが2枚で居住性よりも走行性能を重視したクルマのこと。オープンカーはクーペをベースとしたモデルで屋根が開け閉めできオープンエアを楽しめます。
ミニバン:3列シートをレイアウトして多人数乗車ができるクルマです。そして1BOXはエンジンが運転席下にレイアウトされている多人数乗車可能なクルマで現在は商用モデルのみとなっています。
SUV:スポーツユーテリティビークルの略で、見た目は5ドアハッチバックですが、最低地上高を高めて悪路走破性を向上させたモデルです。
軽自動車:排気量が660cc、ボディサイズなどに制約があるクルマで、制約がある一方で、税金面などが優遇され人気が高くなっています。この軽自動車の中でもハイトワゴンやスーパーハイトワゴン、SUVといった様々なボディタイプが設定されています。

ボディタイプで検索すると、欲しいクルマと似たようなクルマを一度に比較できるのが特徴です。自分が考えていたクルマより、価格が安いクルマが見つかったり、装備が充実した車種が見つかる可能性もあります。また、ボディタイプではありませんが、燃費性能の優れたハイブリッド車という検索できるケースもあります。
                                                 4ドアクーペと2ドアセダンはどう違うの?
装備・オプション
装備・オプション
クルマに搭載されているエアコンやナビゲーションといった装備は、「車両本体価格に含まれる標準装備のパーツ」と「追加料金を支払って装着するオプションパーツ」 に分かれます。オプションパーツはさらに細分化でき、「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」に分けることができます。メーカーオプションはサンルーフやオートスライドドアなどの装備が該当し、生産工場でしか装着できず後付けもできないパーツです。一方のディーラーオプションはフロアカーペットやアルミホイールなど販売店であるディーラーで交換できるパーツのことです。新車の場合は、自分の目的に合わせて自由にオプションパーツを選ぶことができますが、中古車の場合、メーカーオプションは後付けできないため、すでに装着されているクルマ選ぶ必要があります。人気の装備がたくさん装着されていれば高額となるため、自分にとって何が必要な装備でどれを妥協できる装備なのか等の優先順位を付けることが大切です。
                                 CarMe:車査定で高く評価されるオプション一覧7選!おすすめの売却方法2つ

CarMe(カーミー)中古車とは?

CarMe中古車は、中古車ポータルサイト「車選びドットコム」「カーセンサーnet」と連携し、全国48万4,000台以上の豊富な中古車情報からご希望の中古車を素早く検索・カンタンに無料問合せができる中古車検索サイトです。
1台につき最大100枚の車両画像や、詳細な装備項目・整備情報を掲載していますので、欲しい車の状態がバッチリわかります。さらにWebマガジンCarMe(カーミー)と連動したコアな中古車記事も満載!車の情報についてさらに詳しく知りたい方は必見です。
CarMe中古車で、人気の車種やオススメ車種、お住まいのエリアなど条件を組み合わせて、あなたにピッタリな中古車がすぐに見つかります。

中古車購入FAQ

中古車の掲載台数はどのくらいありますか?
CarMe中古車の掲載台数は、484,453台です。全国の中古車情報や在庫状況を日々に更新しており、人気の車種や、価格別、ボディタイプ別など、さまざまな条件で絞り込み検索がカンタンにできますので、あなたのご希望にマッチした1台が見つかります!
CarMe中古車はどんな特徴のサイトですか?
CarMe中古車は、国内最大級の掲載台数〈全国48万4,000台以上〉の中古車からスマホでサクサク検索でき、カンタンな操作で素早くお問合せできるのが特徴です!最大100枚の車両画像やWebマガジンと連動した中古車記事特集もご覧いただけます。
安い車を探すにはどうしたら良いですか?
CarMe中古車では、本体価格を設定するだけで価格の安い車をカンタンに探すことができます。ご希望のメーカーや車種、地域、ボディカラー、ボディタイプなどの複数条件と組み合わせて、ご予算にあった車を探すことができます。
気に入った車が遠方、他県の中古車の場合、購入するにはどうしたら良いですか?
遠方や県外の販売店であってもご希望の中古車を購入することは可能です。ただし、販売店の手数料(登録代行費用、車庫証明代行費用、納車費用など)が県内での購入と比べて高くなるケースがありますのでご注意ください。まずは、販売店に見積もりを依頼し十分に比較検討しましょう。
車の情報をもっと知りたい場合はどうしたら良いですか?
自動車ニュースのWEBマガジン CarMe[カーミー]と連動したコアな中古車情報を掲載しています。また、自動車専門ジャーナリストによる車種ごとの評価や一般ドライバーから集めた口コミも定期的に更新していますので、ぜひご覧ください。