「中古車」の検索結果(488件)

記事

【ahead archives】4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

現在CarMe[カーミー]で公開されている「ahead archives」。自動車情報だけでなく、二輪自動車や自動車ライターのコラムなど幅広いコンテンツをラインナップしています。そんな「ahead archives」、4月はどの記事がもっとも読まれたのか、Let's プ...

  
351

中古99万円〜!お風呂付きの「入浴車」は、マイカーとして購入できる?

車の中にお風呂が積載されている車「入浴車」と呼ばれるものがあります。介護での使用を目的に作られた車両ですが、個人での購入は可能なのでしょうか。そもそも入浴車を購入するのはどのような人々・団体なのか、その使用用途や仕組みを合わせて紹介します。

  
4652

新車100万円台から買えるSUVのコンパクトカー5選

クロスオーバーSUVが注目を集める昨今ですが、いずれも高めな車両価格がユーザーには悩ましいところ。でも、コンパクトなSUVであれば、100万円台の予算で手に入れることができます。今回は、そんなリーナブルなクロスオーバーSUVにスポットを当ててみましょう。文・山崎友貴

  
6742

20年で価値が2倍以上に上がったクルマ3選

工業製品は、通常、年数を重ねるごとにその価値が下がります。しかし、なかには価格が下がるどころか元値の倍以上で取引されるクルマもあります。その代表が、ヒストリックフェラーリであり、トヨタ 2000GTです。しかし、それほど古くなくても、価格が高騰するクルマがあります。今回は1990...

  
65364

走行距離が少なすぎる中古車はじつは危ない!?

中古車の購入時、走行距離は大事な指標です。1年間の走行距離を1万キロとして、それに対して低走行車か過走行車かというチェック方法は、一応の合理的な基準と言えるでしょう。では、走行距離が極端に少ない中古車に出くわした場合、私たちはどう判断すればよいのでしょうか?文・吉川賢一

  
16118

平成5年生まれの私がホンダ シビックSiR Ⅱを推す理由

平成5年生まれの私が、始めてハンドルを握ったクルマは、1989年(昭和64年)式のホンダ シビックSiRⅡでした。自分よりも年を重ねたシビックに乗ることになったのは、自宅ガレージに眠っていたからという、よくある理由。そんなクルマを推す理由は、ずばり「運転の楽しさ」。いまや中古市場...

  
10018

乗らないけど…愛車を手放したくないし、税金も免除されたい!そんな時におすすめな方法

数年間海外転勤が決まった…!など、生活環境の変化によって、愛車に乗れなくなった、乗らなくなった場合、通常は買い取りに出してしまうでしょう。しかしなかには、どうしても愛車を手放したくない方もいるはず。そんな時、どういった対処ができるのでしょうか?

  
8790

パールホワイトの車が高く売れるって本当!? 買取店に聞いてみた

グローバルに企業活動を行う塗料メーカーのアクサルタ社の報告によると、2017年に世界で人気の高かった外装色はホワイトで、全体の約4割を占めました。そのうちパールホワイトは約3割で、残りはソリッドホワイトになります。しかし、日本ではその傾向が逆転し、ホワイト全体の約8割がパールホワ...

  
6366

「修復歴車=修理した車」じゃない!修復歴車の正しい定義とは

中古車検索サイトで中古車を調べたとき、ボディカラーや排気量、グレードなどとともに上位に必ず表示されるのが、「修復歴のあり/なし」です。中古車販売では、それほど重要な項目ということです。修復歴車とは、修理した車すべてが該当するのでしょうか?修復歴の正しい定義をおさらいしましょう!

  
4096

買取店に行く前に準備しておきたい3つのこと

新車を購入する際、ディーラーでは、想定していた下取り額がつかないこともしばしば。そんな時は買取店を利用してみてはいかがでしょう?中古車の買い取りを専門に扱う買取店は独自販売ルートを確保しており、愛車に思わぬ高値がつくこともあります。しかしそのためには、査定前にある準備をしておくこ...

  
1048

500万円!?『トラック野郎』風のデコトラにするにはいくら?【取材あり】

1970年代、ちょっとした社会現象となったのが、大型トラックに過剰ともいえる装飾をちりばめた『デコトラ』です。現在その数は減ってきたと言われていますが、ときおり目にすることがあります。今でもデコトラを購入することは可能なのでしょうか?またその価格は?

  
15430

20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

2018年2月いっぱいで受注を終了したスズキのSUV、ジムニーとジムニー シエラ。1998年の発売以来、20年間にわたって販売され続けてきた、超ロングセラーな名車です。次期モデルは今年の夏に発売される見込みですが、今回は従来型の魅力と新型の予想をお伝えしましょう。文・山崎友貴

  
12132

国産車で初めて車名に「GT」をつけた「いすゞ ベレット1600GT」

最近では古い車の価値が高まってプレミア価格が付くなど、近年まれにみる旧車ブームです。そこで今回は旧車を語るには外せない、国産で初めてGTと名乗った「いすゞ ベレット1600GT」を紹介します。

  
16256

いまも多くのマニアに愛される「サニトラ」は魅力がいっぱい

“サニトラ”の愛称で、いまも多くのファンに愛されている日産サニートラック。生産中止から20年以上経つ商用車なのに、一向に人気が衰えないのはなぜなのでしょうか?その人気の秘密に迫ります。文・山崎友貴

  
7092

“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

マツダ・ロードスターと言えば、世界中の人々を魅了してきたオープン2シータースポーツです。すでに4代目となっていますが、いまだ輝きを失っていないのが、初代NA型です。そして、いまこのNA型はある話題で湧いている旬なクルマでもあるのです。文・山崎友貴

  
8065

8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選択

私はずっと2シーターの車に憧れを抱いていました。そこには、利便性を排除し、走りに特化された車へのロマンがあります。そんな2シータースポーツカーの中で、私が最初に選んだのは、トヨタが打倒マツダ ロードスターを目指して開発したこのMR-Sです。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務...

  
37181

小さいクルマの魅力がここにある…ワゴンRの中古車

大きなクルマはいいものだ。これに関して、全く異論はありません。例えばエンジンの排気量一つとっても、昨今のダウンサイジングエンジンもなかなかよく走りますが、フィーリングや、ゆとりの面ではどうしても埋めがたいものも感じています。大きなエンジンを積んで、大きなボディのクルマで流す。これ...

  
5616

DUCATI Japan 加藤 稔社長インタビュー「オートバイを他の世界と繋げたい」

2009年2月。2輪業界にちょっとしたさざ波が立った。ドゥカティジャパンの社長の交代がアナウンスされ、98年の設立以来、初めて日本人が就任することになったからだ。text:伊丹孝裕 photo:櫻間 潤 [aheadアーカイブス vol.125 2012年4月号]

  
273

イバラの道を選んだマツダ MAZDAの一貫したクルマ創り

自動車ビジネスは多岐にわたる。3万点ものパーツを設計して最適に組み合わせるだけでも大変なのに、それらを組み立て、輸送、販売し、売った後は整備や修理もしなければならない。さらには中古車買い取り、再販売。気が遠くなるようなプロセスの集合だが、それだけに上手く回せば膨大なバリューチェー...

  
556

アンチマーケティングから生まれる FLEXのコンプリートカスタム

「新しい中古車」というと、日本語として通用するのかどうか疑問ではあるが、目の前に並ぶ3台のモデルはそう表現するのが最もふさわしい。大手中古車販売会社のFLEXが新たな取り組みとして発表した、中古車業界初のカタログモデルである。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vo...

  
1587
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives