「中古車」の検索結果(590件)

記事

ポルシェ911やVWビートルに採用された「スポルトマチック」とは?

古いポルシェ911やフォルクスワーゲン ビートルの中古車には「スポルトマチック車」と書かれている個体が存在する。このスポルトマチックとは何なのだろうか。文・山本晋也

  
1340

1500万円のフェラーリ カリフォルニアが "月5万円" でマイカーに!? その方法を教えます

イタリアの情熱が生み出した「フェラーリ」。エキゾチックなスタイルと高性能の証でもある跳ね馬ロゴを持つクルマは、高額なプライスも含めて、車好きが一度は憧れる存在になっています。そんなフェラーリだけに、憧れのままで終わらせている車好きは少なくありません。しかし、ある方法を使えば、月々...

  
1897

もろそうな軽自動車が登録車よりも長く使われている理由

今回のお題「もろそうな軽自動車が登録車よりも長く使われている理由」は、大前提として、軽自動車であろうが登録車であろうが、あるいは国産車でも輸入車でも乗り方やメンテナンス、オーナーの意欲次第で長く使うことは可能だし、長い距離を重ねることもできるはず。とくに海外で重宝される日本の中古...

  
34116

2019年のトレンドはトラック?! オートサロンで多様なモデルがブレイク!

先日、盛会のうちに閉幕した「東京オートサロン2019」ですが、会場で主役となったのは軽自動車だった感があります。一番輝きを放っていたのは、昨年登場した新型ジムニーですが、もうひとつ注目したいのが「トラック」というカテゴリーです。文/写真・山崎友貴

  
12871

少数派のマニュアル車、どんなところが魅力なの?

マニュアルトランスミッション(MT)を積んだ新型車が、ほぼ壊滅的な状況にとなっている現在の日本国内市場ですが、みなさんはMT車にどのようなイメージを持たれていますか?運転支援システムが搭載され、さらには自動運転社会も見えてきているなか、あえてMT車を選ぶ理由は、どんなところにある...

  
9925

中古のHV、EVを買う際に注意すべきこと3つ

トヨタ プリウスの大ヒットで、ハイブリッド車や電気自動車も当たり前になり、中古車市場にもたくさんのHVやEVが見られるようになってきました。モーターや大型バッテリーが搭載されているHVやEVの中古車を選ぶとき、見るべきポイントは、エンジンだけのクルマとは少し異なります。どこに注意...

  
4145

【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】まだまだ立場の弱いEV、真打ちの登場はまだか

現在、世間をにぎわせている経営者カルロス・ゴーンの先見の明と言うべきか。EV時代の到来を予見し早くからその開発・販売を進めた結果、日産「リーフ」の販売は全世界で27万台を突破した。確かに、街を歩いていてその姿を見る機会も多くなった。文・ジョバンニ・ペトロルッティ/Giovanni...

  
2363

オーナーが語る、今、トヨタ86は買いか?

早いもので、日本のスポーツカー文化復活における大変大きな起爆剤となったトヨタ86&スバルBRZの登場から7年が経つ。登場からこれだけ月日が経つと、普通のクルマであれば存在自体を忘れさられてしまうことが多いが、両車は需要が多いわけではないスポーツカーとしては堅調な販売をキープし、自...

  
3380

全長3.4m×全幅1.48m×全高2.0m以下、排気量660cc以下という軽自動車の規格、なぜこの数...

戦後すぐの1949年(昭和24年)に最初の規格が定められて以来、排気量とボディサイズを徐々に拡大してきたドメスティックな軽自動車枠は、日本独自のクルマ文化、技術を磨き上げてきた。軽自動車枠について考察したい。文・塚田勝弘------------------------------...

  
28675

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー12月24日〜12月30日

いよいよ2018年も終わりですね! 来週は大晦日に元旦で、運気の変わり目の時となります。ここでチャンスを取りこぼすと、来年に響いてしまうかも……! 気を引き締めて、良い運気を捕まえてください。星からのメッセージを見逃さず、今年も来年も運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イング...

  
3235

中古車を購入するなら必ずチェックすべきこと4選

中古車は一期一会。新車であればどこで買っても同じ状態であることが担保されているといえるが、中古車は個体差があるものだ。オークションが広まったことで、割合に全国どこでもコンディションと価格は同じ程度になっているが、同じ値段で同じものが買えるという商品ではない。つまり、まだまだユーザ...

  
2346

取扱注意!? 中古で買えるじゃじゃ馬な軽自動車6台

昔と比べると、じゃじゃ馬といえるクルマは、軽自動車に限らず減ってきて、スポーティで速くても洗練されたハンドリングや乗り心地、扱いやすいパワーフィールをもつモデルが増えてきた。それでも比較的、じゃじゃ馬(痛快)な軽自動車は、中古車まで裾野を広げればまだ現存している。文・塚田勝弘

  
12758

37年間もの歴史!初代から最終型まで。日産 シルビアはどう進化してきた?

初代から7代目まで約37年間生産された日産シルビア。時代(世代)により異なるものの、若者でも(新車だけでなく中古車も含めて)買える車格であり、デートカーからドリフトまでクルマで遊び、クルマで自分らしいスタイルを見せるという良き時代を象徴したスポーティカーの変遷を辿ってみる。文・塚...

  
8455

2019年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

日本の自動車業界も米国トランプ大統領の口撃(トランプ砲)の標的に何度もなっている。2017年1月に話題になったのが、「日本市場では、米国車に対して販売を難しくしている」という発言。日本では輸入車に対して関税ゼロとなっているが、2018年に入ってからトランプ政権が2.5%から25%...

  
10901

SPECIAL ISSUE クルマとバイクの世代論

「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。世代によってクルマ観はさまざま。それでも...

  
1010

SPECIAL ISSUE 大人のいない国

オトナのクルマやオトナのバイクという言葉をよく耳にするけれど、その定義とは、いったい何なのだろうか。オトナのドライバーやオトナのライダーとはどういう人たちのことを言うのだろう。日本には若者ぶった中高年は大勢いるが、成熟したオトナが少ないと言われている。それはクルマやバイクの世界で...

  
418

大学生でも買える!? 50万円のオススメ中古スポーツカー5選

クルマ離れが進むのは魅力的なクルマが減っているからだ、若者でも買いやすいスポーツカーがないからクルマの楽しさが伝わらないという意見を見聞きすることがある。ロジカルに考える賢い若者がクルマを買おうと思わないのは理にかなっていると感じる部分もあるが、スポーツカーが持つエモーショナルな...

  
36108

私の永遠の1台 VOL.30 ヤマハ SR400

ふと気が緩むと、インターネットオークションや中古車サイトで「ヤマハSR」を検索してしまう。そして、まだまだ台数もあるし…と自分を納得させ、そのページを閉じるのだ。text:河野正士 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
767

スカイラインの象徴!? 4灯丸型テールランプの国産車6選

かつて日産 スカイラインの特徴といえば、ボディサイドのサーフラインと4灯式の丸型テールランプで、いまでも「4灯丸型テールじゃなければスカイラインじゃない」と断言される方がいるほど、長くスカイラインの象徴とされてきました。とはいえ、スカイライン以外にも4灯丸型テールランプを採用した...

  
14735

私の永遠の1台 VOL.29 トヨタ 初代セルシオ

自動車大好き、マニュアル大好き人間だったが、それが高じて念願のプロドライバーになり、サーキットで一日中ギアシフトしていると、サーキットの往復ぐらいギアシフトのない楽なクルマで移動したくなってしまった。で「楽で、静か、しかもパワフル」という自堕落わがまま状態に陥り、中古車のクラウン...

  
2663
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives