見た目&質感が全く違う!?プリウスEグレード内装画像レビュー

プリウスの中で最廉価グレードとして発売されているのは、Eグレード。このEグレードのエクステリア・外装は上位グレードと比べてそれ程大きな違いは無かったのですが、内装・インテリアのデザインは全く異なります。良くも悪くもプリウスっぽさが無いように感じました。そんなプリウス(Prius)の内装・インテリアの様子や他のグレードと大きく異なるところを中心に紹介したいと思います。

2016/7/29

Chapter
内装レビュー1:プリウスEグレードのインパネ
ハンドルの質感も劣る?
センターコンソールのデザインも大幅に変更?
内装レビュー2:プリウスEグレードのシート
後部座席の機能も違う?
それ以外の機能面・装備面の違いはある?
トヨタ プリウス 2016

内装レビュー1:プリウスEグレードのインパネ

インパネはブラックのみでシンプル

プリウス(Prius)のEグレードは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016

プリウス(Prius)はクールグレーとブラックの内装色を用意していますが、このグレードではブラックのみ。室内が明るく感じるクールグレーを選ぶことはできません。個人的にはこのことは少し残念でした。また、実際にクルマを見てみた印象は、シフトレバーやハンドル部分にホワイト加飾を施していますが、質感・上質感は他のグレードよりもかなり劣っていると感じました。プリウス(Prius)の内装・インテリアと言えば未来的なデザインが印象的でしたが、このEグレードからはその印象を感じる事が出来ませんでした。

ハンドルの質感も劣る?

また、プリウス(Prius)のEグレードの内装・インテリアで特徴的なのは、ハンドルのデザイン。

トヨタ プリウス 2016

今回このEグレードで使用されている素材はウレタン製。アップでみるとこのようになっています。

トヨタ プリウス 2016

ちなみに上位グレードのSグレードではこのようなハンドルを採用。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

画像で見るだけでも違いが分りますよね。このようなウレタン製のハンドルを使用しているのはEグレードのみ。

SグレードやAグレードでは合成皮革ハンドルされており、また、最上位グレードのAプレミアムグレードでは本革巻きのハンドルが採用されています。やはり近くで見たり、実際にハンドルを握ってみると感触が全く異なり、プラスチック感を感じます。

トヨタ プリウス 2016

仕方は無いとは言えプリウス(Prius)のSグレードなどと上位グレードと比べると、やはりハンドルの感触や見た目にもの足りなさを感じてしまいました。

センターコンソールのデザインも大幅に変更?

また、プリウス(Prius)Eグレードの内装・インテリアと他のグレードの大きな違いの一つが、助手席と運転席の間にあるセンターコンソール。このEグレードのセンターコンソールは他のグレードと大きく異なっており、見た目・使い勝手が全く異なります。

トヨタ プリウス 2016

一番の大きな違いは、アームレストの有無。

他のグレードには、このようにアームレストが装備されていますが、このEグレードにはアームレストが装備されていません。

トヨタ プリウス 2016

このアームレストが無い代わりにプリウス(Prius)のEグレードに装備されているは、小型の収納ボックス。

トヨタ プリウス 2016

センターコンソールのボックスの使い勝手は悪くは無いのですが、個人的にはやはりアームレストがあるほうが良いのかなと思いました。

内装レビュー2:プリウスEグレードのシート

また、プリウス(Prius)のEグレードでは、シートのデザイン&素材も他のグレードと異なります。Eグレードのフロントシートは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016

そして、後部座席はこのようなデザインイなっています。

トヨタ プリウス 2016

シートカラーは内装色と同じブラック。そして、シートデザインはシルバーのラインが入っているアーガイル柄。

トヨタ プリウス 2016

先進的なプリウス(Prius)のイメージとは多少異なりますが、引き締まった感じのする良いデザインだと思いました。また、Eグレードに使用されているのはファブリック素材。上位グレードのSグレードやAグレードもファブリック素材を使用していますが、Eグレードとは使用されている生地そのものが異なります。

SグレードやAグレードなど上級ファブリックが使用されている繊維は、肌触りも良く少しパリっとしたような感じの高級感のある素材を使用。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

一方、プリウス(Prius)のEグレードに使用されているファブリック素材は、アクア(AQUA)などコンパクトカーなどでも使用されているような一般的なファブリック素材を採用。座り心地は悪いというわけではありませんでしたが、やはり上位グレードとはワンランクもツーランクも劣る感じがしました。このシートの質感も私が新型プリウス(Prius)らしさが無いと感じた理由の一つなのかなと感じました。

後部座席の機能も違う?

また、Eグレードの内装・インテリアで注目なのは後部座席の機能。

プリウス(Prius)S以上のグレードでは後部座席の中央にドリンクホルダー付きのアームレストが装備されています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

しかし、このプリウス(Prius)のEグレードでは後部座席アームレストが装備されていませんでした。

トヨタ プリウス 2016

これはちょっと残念ですよね。

プリウス(Prius)のEグレードの購入を検討している人の中には、後部座席のアームレストが装備されていると勘違いしている人もいるようなので、注意をしてくださいね。

それ以外の機能面・装備面の違いはある?

プリウス(Prius)のEグレードは廉価モデルという事もあり、シートのデザインやハンドルの素材はシンプルな作りになっています。また、センターコンソールのデザインが他のグレードと異なっていたり、後部座席のアームレストが無いなどEグレードは便利な装備が用意されていません。

ただ、実際にプリウス(Prius)のEグレードに乗ってみて気が付いたのですが、基本的な装備は十分に装備されています。例えば、このEグレードのエアコンは他のグレードと同様にオートエアコンを採用しています。

トヨタ プリウス 2016

また、前席だけに風を送りロスを減らす”S-Flowモード”や燃費重視にするエコモードの設定もこのグレードに用意されています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

この事を考えると、内装・インテリアの上質感では劣るプリウス(Prius)ですが、機能面では不自由を感じることは無いのかなと思いました。

トヨタ プリウス 2016

このように燃費重視のプリウス(Prius)のEグレードではシートの質感など他のグレードと比べるとシンプルな作りになっています。他のグレードを見た後にこのEグレードの内装を見ると、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただ、プリウス(Prius)のEグレードに装備されている機能面に目を向けると、他のグレードと遜色のない機能を備えていると思いました。このEグレードを展示してあるメガウェブのスタッフの人の話を聞いたところによると、実際にこのEグレードをみたお客さんの評価は、「予想以上にカッコいい」など概ね好評みたいですよ。

画像 試乗レビュー速報