プリウス カラーバリエーションと特徴|有料色は高めの設定!?

プリウス(Prius)のカラーバリエーションは、9種類となっています。先代モデルとなる3代目プリウスは、8色だったので1色増えたことに・・・。そして、今回のプリウス(Prius)では新設定された色や新開発された色が数多く用意されています。そんなプリウス(Prius)のカラーバリエーションとその特徴を紹介していきます。また、メーカーオプション設定となっている有料色についても紹介していきます。

2016/7/29

Chapter
プリウスのカラーバリーエーション9色を紹介
スーパーホワイトⅡ
プリウスの有料色はどのカラー?
トヨタ プリウス 2016

プリウスのカラーバリーエーション9色を紹介

プリウスのカラーバリーエーション9色を紹介

トヨタ プリウス 2016

・サーモテクトライムグリーン
・エモーショナルレッド
・スティールブロンドメタリック
・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・ダークブルーマイカメタリック
・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック

この中で新開発されたカラーは、次の3つ。

・サーモテクトライムグリーン
・エモーショナルレッド
・スティールブロンドメタリック

また、今回プリウス(Prius)に新設定されたカラーは、こちらの3種類。

・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・ダークブルーマイカメタリック

つまり、先代モデルと比べて半分以上のカラーが新設定された事に・・・。これは楽しみですよね。そんなプリウス(Prius)のそれぞれの特徴を紹介していきたいと思います。

サーモテクトライムグリーン

トヨタ プリウス 2016

このサーモテクトライムグリーンは、フルモデルチェンジをしたプリウス(Prius)のために新しく開発された新色。サーモテクトライムグリーンは、名前にグリーンと付いていますが、実際に見てみると蛍光のイエローに近い感じのカラー。遠くからでもかなり目立ちそうですね。

トヨタ プリウス 2016

また、見た目のインパクト以上に注目なのは、このカラーの機能。今回プリウス(Prius)のサーモテクトライムグリーンには、熱を吸収する粒子を使用しない事で、遮熱効果を高めているようです。実はこれは世界初の技術。真夏日に車を運転しようとして困るのは、車内の熱気ですよね。ディーラーさんの話によると、真夏日に車内の温度が上がりやすいブラックに比べると、室内の快適性がまったく違うみたいです。

遮熱効果が高いという事はエアコンの効きにも直結し、ひいては、クルマの燃費・ガソリン代の節約にも繋がります。ちょっとハデな色なので好き嫌いは分かれそうですが、この機能はとても良いと思いました。

エモーショナルレッド

トヨタ プリウス 2016

このエモーショナルレッドは、4代目となるプリウス(Prius)のアピールカラーとして設定されたカラー。また、このモデルのために新開発されたカラーとなっています。

東京モーターショー2015で私も実際にこのカラーお確認したのですが、色に深みがあり、太陽やライトの光の当たり具合によって陰影がハッキリするので、高級感がある色に仕上がっていました。先代モデルに設定されていたレッドマイカメタリックよりも好評のようですよ。

スティールブロンドメタリック

トヨタ プリウス 2016

こちらのスティールブロンドメタリックもプリウス(Prius)の発売にあわせて新開発された新色。言葉からはちょっとイメージしにくいカラーになっていますが、淡いピンク色に近いカラーになっていました。イヤミの無い色なので、年配の方に人気がでそうなカラーだと思いました。

グレーメタリック

トヨタ プリウス 2016

このグレーメタリックは、今回プリウス(Prius)に新設定されたカラーの一つ。もうすでにアクア(AQUA)などには設定されていますが、かなり人気の高い定番色の一つになっています。シルバーよりも濃いカラーになっており、かなり引き締まった印象を持ちますよね。汚れや細かい傷もブラックほど目立たないし、あまりお手入れや掃除をしない人にも良いカラーなのかなと思いました。

ダークブルーマイカメタリック

トヨタ プリウス 2016

このダークブルーマイカメタリックプリウス(Prius)に新設定されたカラー。

先代モデルのプリウス(Priusu)で似たようなカラーのダークブルーマイカがありましたが、マイナーチェンジのタイミングで廃止に・・・。

今回のタイミングで復活となりました。ディーラーさんに話を聞いても、ダークブルーマイカメタリックのような青色は人気色と比べると多少売り上げは落ちるものの、ある程度安定して売れるようです。どうやらホワイトやブラック・シルバーなど定番色は他の人とカブルから避けたいと思っている方が、ダークブルーマイカメタリックなどのカラーを選ぶ事が多いようです。

もし定番のカラーは避けたいけど、ハデなのもチョッと・・・と思っているなら、このダークブルーマイカメタリックはピッタリかもしれませんね。

ちなみに、今回プリウス(Prius)でブルー系のカラーはこの色のみ。薄いブルーなどは無いので、ご注意を・・・。

スーパーホワイトⅡ

トヨタ プリウス 2016

スーパーホワイトⅡは、プリウス(Prius)に2種類用意されているホワイト系の色の中のひとつ。

もう一つのホワイト系カラーのホワイトパールクリスタルシャインと比べて、光沢感が控えめでソリッドな感じの色をしているのが特徴。(悪く言えばベタッとしている感じ。)

また、もう一つのホワイト系色ホワイトパールクリスタルシャインに対して、このスーパーホワイトⅡは追加料金が発生しない無料の色になっている事から、予算を抑えたい人に人気の色になっているようです。

ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ プリウス 2016

プリウスの定番色の一つでもあるホワイトパールクリスタルシャイン。その名の通りスーパーホワイトⅡに比べて、ホワイトパールクリスタルシャインは、キラキラとした光沢感があり、柔らかく上質感のあるホワイトになっているのが特徴。

ディーラーさんに話を聞くと、現在光沢感のあるカラーが人気なので、スーパーホワイトⅡよりもホワイトパールクリスタルシャインの方が人気は高いようです。

ただ、ホワイトパールクリスタルシャインは追加料金が発生する有料色なので、ご注意を・・・。

シルバーメタリック

トヨタ プリウス 2016

先代モデルのプリウスでも設定があったシルバーメタリック。
定番色の一つですよね。

先日、見積もりをもらった時にもディーラーさんに色々と話を聞いたのですが、汚れが目立たないとの理由で、プリウス(Prius)でも安定して売れているみたいです。プリウス(Prius)の人気カラーランキングで上位に入るかもしれませんね。

アティチュードブラックマイカ

トヨタ プリウス 2016

先代モデルまであったブラックに代わってプリウス(Prius)で新設定されたのが、こちらのアティチュードブラックマイカ。そこで気になるのでは、アティチュードブラックマイカとブラックとの違いですよね。プリウス(Prius)に新設定されたアティチュードブラックマイカですが、ブラックと比べると、多少青みがかったブラックと言った感じ。

光が当たっていない場所で見ると普通のブラックとそれ程違いは無いのですが、
近くで見ると濃いブルーっぽいメタリックが入っているのが分かります。

また光に当たると黒光りするよりも少し青みがかって見えるのも特徴。
個人的にはベタっとした黒よりも上品なブラックと言った印象を持ちました。

プリウスの有料色はどのカラー?

プリウスのカラーバリエーションですが、この中で有料色のなっているのは、次の3色です。

・サーモテクトライムグリーン
・エモーショナルレッド
・ホワイトパールクリスタルシャイン

ただ、この3つのカラーでは設定された追加料金が異なるので、注意が必要です。

プリウスの有料色の価格に注意

プリウス(Prius)の3つのカラーの有料色のそれぞれの価格は、このようになっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン
価格:32,400円

サーモテクトライムグリーン
価格:43,200円

エモーショナルレッド
価格:540,00円

プリウス(Prius)の有料色で一番お金が掛かるのは、アピールカラーのエモーショナルレッド。

トヨタ プリウス 2016

プリウス(Prius)の新色”サーモテクトライムグリーン”では、世界初の技術の遮熱効果がある特殊な素材を仕様しているので、有料色になっているのは理解できます。しかし、世界初の技術を使用しているサーモテクトライムグリーンよりもエモーショナルレッドの方が高いのは少し意外でした。ディーラーさんは塗装に使用している素材や工程回数がおそらく違うからと、説明していましたが・・・。このように同じ有料色でも価格が異なるので、注意が必要ですね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報