モーダの内装画像インプレ。パッソがスタイリッシュに変身

今回の注目ポイントの一つが新シリーズとして内装・外装のデザインにこだわったパッソ モーダ(PASSO MODA)を新設定した事。
先日、東京お台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)でこのパッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)を見てきたのですが、クルマの雰囲気が全く違う・・・。標準モデルよりも高級感のあるデザインになっていて、好印象でした。また、内装・インテリアも確認させてもらったのですが、標準モデルと全く異なる雰囲気に・・・。よりスタイリッシュな内装になっていて、ワンランク上のクルマのような内装・インテリアになっていました。私が撮ってきた画像を利用してパッソ(PASSO)の内装・インテリアを徹底的にレビューしてみたいと思います。

2016/8/1

Chapter
パッソモーダ 内装画像レビュー:インパネ編
収納スペースにも標準モデルと若干の違いが・・・
パッソモーダ 内装画像レビュー:メーター編
パッソモーダ 内装画像レビュー:シート編
シートの素材も異なる
トヨタ パッソ 2016

パッソモーダ 内装画像レビュー:インパネ編

パッソ モーダ(PASSO MODA)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ パッソ 2016

ちなみに、こちらは標準モデルの内装・インパネのデザイン。

トヨタ パッソ 2016

アクセントカラーが異なるだけで、車内の雰囲気が全く異なりますよね。標準モデルの内装・インパネはベージュとグレーを混ぜ合わせたようなカラーのグレージュ色になっていましたが、新型パッソ モーダは、ダークグレーを採用。

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)の標準車よりも引き締まった印象のインパネになっていました。また、このモーダ(MODA)の内装を確認して、目を引いたのがカーナビ部分のオーディオクラスターとサイドの送風口部分に採用されているアクセントカラーのマゼンダとシルバーの加飾。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

この光沢感のあるマゼンダカラーの加飾がとってもオシャレ!

標準モデルで採用されていたシンプルなシルバーの内装・インテリアも良かったのですが、よりゴージャス感でラグジュアリー感のあるデザインになっていて好印象でした。パッソ モーダ(PASSO MODA)の最上位モデルの“Gパッケージ”のステアリングホイールは、このようにシルバー塗装をされた本革巻きを採用。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

ただ、標準モデルの最上位モデル”GLパッケージ”と基本的なデザインは一緒。個人的にはもう少し差別化を図っても良いのかなと思いました。

収納スペースにも標準モデルと若干の違いが・・・

また、パッソ(PASSO)の標準モデルと同様に収納スペースは充実。基本的にモーダ(MODA)と標準モデルの収納スペースのデザインは同じになっているのですが、若干異なる点も・・・。

それは助手席側のグローブボックスの上部の収納スペースのデザイン。実際にモーダ(MODA)と標準モデルの助手席側の収納スペースを見ると、このようなデザインになっていました。

■パッソ 標準モデルスペース

トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダの収納スペース

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)の標準モデルは蓋が無いトレー型の収納スペースになっていたのに対し、今回新しく設定されたモーダ(MODA)は蓋付きのボックス型の収納スペースに・・・。

奥の方が低くなっており、置いた物が落ちにくいデザインになっている点など使い勝手はそれ程大きく違いませんでしたが、蓋付きの収納スペースの方がちょっと見せたくない物を置くのに便利なのかなと思いました。

トヨタ パッソ 2016

このように新型パッソ モーダ(PASSO MODA)と標準モデルでは、インパネ全体の雰囲気・デザインが全く異なります。個人的には引き締まった印象のあるモーダ(MODA)の内装・インパネの方がオシャレで良いと思いました。

パッソモーダ 内装画像レビュー:メーター編

また、パッソ(PASSO)と標準モデルとモーダ(MODA)では、メーターのデザインがまったく違いました。

モーダ(MODA)のメーターはこのようなデザイン。

トヨタ パッソ 2016

標準モデルがアナログメーターだったのに対し、今回新しく追加されたモーダ(MODA)のメーターは、自発光式のオプティトロンメーターを採用。

ブラックの背景にホワイトの文字で標準モデルのメーターよりも
でザイン性がアップしたように感じました。また、スピードメーターの
周りにはインパンのアクセントカラーと同じマゼンダを配色。

トヨタ パッソ 2016

ライトを付けるとあまり目立たないのが少し残念でしたが、このマゼンダカラーがワンポイントになっていて、オシャレ感をアップしていて、とても良いデザインになっているように感じました。

また、このモデルでは左側にタコメーター、中央にスピードメーターそして、右側にはマルチインフォメーションディスプレイを装備した複眼式メーターを採用。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

標準モデルよりも情報量もアップしたのも好印象でした。

このメーターのデザインに関してはパッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では。見やすさやデザイン性に歴然たる差があるように感じました。

パッソモーダ 内装画像レビュー:シート編

また、パッソ モーダのシートは、このようなデザインになっていました。

■フロントシート

トヨタ パッソ 2016

■後部座席

トヨタ パッソ 2016

このパッソ モーダ(PASSO MODA)のシートは、標準モデルと異なりダークグレーカラーを採用。

そのためモーダ(MODA)の車内・室内は標準モデルよりも若干引き締まった印象を持ちました。(悪く言えば、圧迫感があると言えるのですが・・・)

また、注目なのがシートにもマゼンダカラーが採用されていること。そのためドアを開けた時のインパクトが大!

トヨタ パッソ 2016

ただ、シート中央部に採用されているアクセントカラーのマゼンダがインパネのデザインのオーディオクラスターや送風口のカラーとマッチしていてとても良いと思いました。

シートの素材も異なる

また、パッソ モーダ(PASSO MODA)のシートの素材は標準モデルと異なり、肌触りの良いスエード調トリコットを採用。

トヨタ パッソ 2016

そのため、サラサラとした肌触りで座り心地も良い感じ♪

ダークグレーカラーなのでホコリやペットの毛などが目立つのが少し
気になりましたが、食べ物や飲み物をこぼした時の汚れには強いのは
良いと思いました。

トヨタ パッソ 2016

パッソ モーダ(PASSO MODA)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このモーダ(MODA)の内装は全的にスタイリッシュな雰囲気でとても良いデザインだと思ったのですが、個人的に特に良いと思ったのはメーター。自発光式のオプティトロンになって情報量も見やすさもアップしたパッソ モーダ(PASSO MODA)のメーターは必見ですよ。

 

 

画像 試乗レビュー速報