アレンジや広さは十分!?。パッソ荷室・ラゲッジの画像インプレ

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)を見に行く事ができたのですが、室内が広くなり居住性・快適性がかなり良くなったように感じました。特に後部座席の広さはとても魅力的でした。ただその一方、後部座席の快適性や居住性を優先させたためか荷室・ラゲッジスペースは若干狭い感じが・・・。また、使い勝手なども若干気になる部分もありました。そんなパッソの荷室・ラゲッジスペースの様子を写真に収めてきたので、広さやアレンジ・使い勝手などを徹底的にレビューしていきたいと思います。

2016/8/1

Chapter
パッソの荷室レビュー1:開口部編
リアゲートの開け閉めはラクラク
パッソの荷室レビュー2:広さ&使い勝手編
ただ、大きい荷物を置くには少し手狭な感じが・・・。
パッソ 後部座席格納時のラゲッジスペースの様子
背もたれを格納した時の大きな段差が気になる
パッソの荷室レビュー3:床下収納

パッソの荷室レビュー1:開口部編

パッソ(PASSO)のリヤ・後ろからのデザインは、このようになっています。

そして、リアゲートを開けるとこのような開口部が登場。

パッソ(PASSO)は横型の”コ”の字型のヘッドライトを採用。

なので、このクルマのリアゲートはこのヘッドライトを避けるようにデザインされているので、荷室開口部は四角いデザインではなく、開口部の下のほうが小さくなっているデザインに・・・。

ちなみに先代のパッソは、このような荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

先代モデルでは、現行モデルと異なり真四角の荷室開口部を採用。
荷物の積み下ろしのしやすさを考えると、先代モデルの方が開口部が広くて
使い勝手が良さそうですよね。

正直に言って、この新しくなった新型パッソの荷室・ラゲッジスペースの
開口部のデザインは残念・・・。

今回新しくなった新型パッソ(PASSO)は開口部の形がイビツなデザインに
なった事により、荷物の積み下ろしなど使い勝手は先代モデルよりも
悪くなったなと言った印象を持ちました。

リアゲートの開け閉めはラクラク

このように荷室開口部が狭くなり荷物の積み下ろしはしにくくなった一方、リアゲート(ラゲッジゲート)の開け閉めは、とってもラクになったように感じました。ここで注目してもらいたいのは、リアゲートに装備されているグリップの位置。先代モデルはこのリヤゲートの側面の中央部分にグリップが装備されていました。

このようなクルマが多いと思いますが、パッソ(PASSO)のグリップは、使いやすさをを考慮したためかグリップの位置を移動。

リアゲートの側面にグリップがあるのは同じでしたが、このように位置を中央部よりも低い位置、側面の下ギリギリのところに設定。

背の低い女性やお手伝いをしてくれる子供の事を考えて、このような工夫をしてくれるのは嬉しいですよね。この配慮には少し感動をしてしまいました^^

また、リアゲート(ラゲッジゲート)自体もそれ程重たくありません。なので、女性でもラクに開け閉めできるかと思いますよ。

<次のページに続く>
次ページ
パッソの荷室レビュー2:広さ&使い勝手編