パッソのXGとXLの内装比較。3つの機能・装備の違いとは?

トヨタのコンパクトカー、パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
3代目となりましたね。

先日、近所のトヨタカローラを訪問した際、パッソ(PASSO)の人気グレードを聞いてみたのですが、標準モデルでは最上位モデルの“XGパッケージ”とその一つしたのモデル”XLパッケージ”の売れ行きが良いようです。

先日、このパッソの標準モデルのXGパッケージとXLパッケージを見ることが出来たのですが、予想以上に外装・内装のデザインに違いが…。

その中で特に違いを感じたのは、内装・インテリア。

下位モデルのXLパッケージの内装・インパネは、最上位モデルのXGパッケージと比較するとかなりシンプルな感じがして、物足りなく感じました。

そんなパッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージの内装・インテリアの違いを実際の画像を使って紹介したいと思います。

2016/5/24

Chapter
パッソの標準モデル XGとXLパッケージの内装比較
パッソXG・XLの違い1:ハンドル
パッソXG・XLの違い2:シフトノブ&ドアノブ
パッソXG・XLの違い3:インパネのデザイン

パッソの標準モデル XGとXLパッケージの内装比較

トヨタ パッソ 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたパッソ(PASSO)の最上位モデルXGパッケージと中間モデルのXLパッケージの内装・インパネ全体の様子はこのようになっていました。

XGパッケージ

トヨタ パッソ 2016

XLパッケージ

トヨタ パッソ 2016

内装・インパネの基本的なデザインは、全く一緒。

しかし、この2台のモデルをこのように見比べると、エアコンの送風口の加飾(サイドレジスターリング)やハンドル・ステアリングホイールなど若干デザインが異なるのが分かりますよね。

機能面では特に不満を感じなかったパッソ(PASSO)の標準モデルのXLパッケージの内装・インテリア。

しかしデザイン面でXGパッケージと比較すると、若干物足りなさやシンプルさを感じてしまいました。

そして、パッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージの内装・インテリアを比較すると、次の3つの装備・機能に違いがありました。

パッソXG・XLの違い1:ハンドル

パッソ(PASSO)の標準モデルのXGパッケージとXLパッケージの違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールに使用されている素材。

この2つのモデルのハンドルを比較すると、このようになっています。

XGパッケージ

トヨタ パッソ 2016

XLパッケージ

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)のXGパッケージのハンドルに使用されている素材が本革なのに対し、下位モデルのXLパッケージではウレタン製を採用。

そのため握った時のグリップ感や握り心地が全く違う…。またハンドルを握った時の太さも心なしか違いうような気が…。

個人的には本革巻きを採用した最上位モデルのXGパッケージのハンドルの方がフィット感があり、操作しやすい感じはしました。

ただ実際に試乗すると、パッソ(PASSO)のハンドル・ステアリングの軽さが気になりましたが…。

XGとXLではハンドルのデザインも異なる

パッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージのハンドルは、素材だけではなく、デザインも異なります。

XGパッケージ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

XLパッケージ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

注目してもらいたいのは、3本のスポーク部分。

パッソ(PASSO)の最上モデルのXGパッケージでは、スポーク部分がシルバーの加飾が施されております。

トヨタ パッソ 2016

このシルバーのデザインがワンポイントになっていて良いですよね。一方、パッソ(PASSO)のハンドルはメッキ加飾が無くブラックのまま…。

トヨタ パッソ 2016

デザイン性が全く違いますよね。

XGパッケージのハンドルと比較すると、かなりシンプルなハンドルに…。

このXLパッケージのハンドルは一昔前の安っぽいクルマのハンドルの
ように感じてしまいました。個人的にはデザイン性を含めて、パッソの
XGパッケージのハンドルの方が良いように感じました。


パッソXG・XLの違い2:シフトノブ&ドアノブ

また、今回発売されたパッソ(PASSO)の標準モデルのXGパッケージとXLパッケージの違いの一つが、シフトレバーとドアノブのデザイン。

上位モデルのXGパッケージのでは、シフトレバーとドア内側ハンドルにこのようにメッキ調のデザインを採用。

XGパッケージのシフトレバー

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

シフトチェンジをする際に押す部分がメッキ調のデザインになっています。

XGパッケージのドアノブ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

やはりメッキ調のデザインを使用していると、高級感があって良いですよね。良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

一方、パッソ(PASSO)の下位モデルのXLパッケージでは、このようにメッキではなく、プラスチックを採用。

XLパッケージのシフトレバー

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

XLパッケージのドアノブ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

シフトレバーやドアノブのメッキ調のデザインになっているだけで、クルマの内装・インテリアの雰囲気が全く違いました。

実際に2つのモデルを見比べてみると、XLパッケージの方が安っぽいシンプルな内装の雰囲気に…。特に私が気になったのは、XLパッケージのドア内側パネルを見た時。

ベージュカラーをしたプラスチック素材の土はハンドルは、XGと比較して安っぽい感じと物足りなさを感じてしまいました。

今回発売されたパッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージを見比べてみて、改めてメッキ調のパーツの有無で室内の雰囲気や上質感がまったく異なるんだなと感じました。

パッソXG・XLの違い3:インパネのデザイン

また、今回発売されたパッソ(PASSO)のXLパッケージとXGパッケージの内装・インテリアの違いの一つは、インパネのデザイン。

XGパッケージ

トヨタ パッソ 2016

XLパッケージ

トヨタ パッソ 2016

このインパネのデザインで注目して欲しいのは、運転席と助手席側の送風口(サイドレジスターリング)とカーナビなどを設置するインパネの中央部分にあるオーディオクラスターのデザイン。

パッソ(PASSO)の標準車の最上位モデルXGパッケージでは、オーディオクラスターと左右の送風口(サイドレジスターリング)部分にシルバーとピアノブラック調のアクセントカラーを採用。

XGグレードのオーディオクラスター

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

XGグレードの送風口

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

このXGグレードのオーディオクラスターと送風口部分は、シルバーで太めに縁取られているのでかなりインパクトが大。

実際にこのパッソ(PASSO)のXGグレードの運転席に座った時、インパネで一番目を引いたのがこの加飾部分でした。

個人的にはこのインパクトのあり、キュートな雰囲気になっているこの内装・インパネは、キュートな雰囲気のあるパッソ(PASSO)にマッチしたとても良いデザインだと思いました。

トヨタ パッソ 2016

一方、シルバーの加飾が無いXLパッケージのオーディオクラスターや送風口のデザインはこのようになっています。

XLグレードのオーディオクラスター

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

XLグレードの送風口

トヨタ パッソ 2016

XLパッケージではシンプルなブラックのプラスチックのまま…。XGパッケージのデザインに見慣れてしまうと、かなりシンプルでチープな印象の内装・インテリアになっているように感じました。

内装・インテリアの質感やデザイン性にもこだわるのならやはりXGグレードの方が良いのかなと感じました。

トヨタ パッソ 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたパッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージの内装・インテリアを比較したところ、このような違いがありました。

実際に2台のモデルを比べてみて、内装・インテリアのデザイン性に大きな違いがあるように感じました。やはり個人的に良いと思ったのは、XGパッケージの方。

オーディオクラスターや送風口に採用されているシルバーの加飾がパッソ(PASSO)らしいキュートさを演出していて、なかなか良いと思いました。

機能面では大きく違いはありませんが、内装のデザイン性や快適性にこだわるのなら、XGグレードの方が良いのかなと思いました。

画像 試乗レビュー速報