パッソのXGとXLの内装比較。3つの機能・装備の違いとは?

トヨタ パッソ 2016

トヨタのコンパクトカー、パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
3代目となりましたね。

先日、近所のトヨタカローラを訪問した際、パッソ(PASSO)の人気グレードを聞いてみたのですが、標準モデルでは最上位モデルの“XGパッケージ”とその一つしたのモデル”XLパッケージ”の売れ行きが良いようです。

先日、このパッソの標準モデルのXGパッケージとXLパッケージを見ることが出来たのですが、予想以上に外装・内装のデザインに違いが…。

その中で特に違いを感じたのは、内装・インテリア。

下位モデルのXLパッケージの内装・インパネは、最上位モデルのXGパッケージと比較するとかなりシンプルな感じがして、物足りなく感じました。

そんなパッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージの内装・インテリアの違いを実際の画像を使って紹介したいと思います。

2016/5/24

Chapter
パッソの標準モデル XGとXLパッケージの内装比較
パッソXG・XLの違い1:ハンドル
パッソXG・XLの違い2:シフトノブ&ドアノブ
パッソXG・XLの違い3:インパネのデザイン

パッソの標準モデル XGとXLパッケージの内装比較

今回フルモデルチェンジをして発売されたパッソ(PASSO)の最上位モデルXGパッケージと中間モデルのXLパッケージの内装・インパネ全体の様子はこのようになっていました。

XGパッケージ

XLパッケージ

内装・インパネの基本的なデザインは、全く一緒。

しかし、この2台のモデルをこのように見比べると、エアコンの送風口の加飾(サイドレジスターリング)やハンドル・ステアリングホイールなど若干デザインが異なるのが分かりますよね。

機能面では特に不満を感じなかったパッソ(PASSO)の標準モデルのXLパッケージの内装・インテリア。

しかしデザイン面でXGパッケージと比較すると、若干物足りなさやシンプルさを感じてしまいました。

そして、パッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージの内装・インテリアを比較すると、次の3つの装備・機能に違いがありました。

パッソXG・XLの違い1:ハンドル

パッソ(PASSO)の標準モデルのXGパッケージとXLパッケージの違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールに使用されている素材。

この2つのモデルのハンドルを比較すると、このようになっています。

XGパッケージ

XLパッケージ

パッソ(PASSO)のXGパッケージのハンドルに使用されている素材が本革なのに対し、下位モデルのXLパッケージではウレタン製を採用。

そのため握った時のグリップ感や握り心地が全く違う…。またハンドルを握った時の太さも心なしか違いうような気が…。

個人的には本革巻きを採用した最上位モデルのXGパッケージのハンドルの方がフィット感があり、操作しやすい感じはしました。

ただ実際に試乗すると、パッソ(PASSO)のハンドル・ステアリングの軽さが気になりましたが…。

XGとXLではハンドルのデザインも異なる

パッソ(PASSO)のXGパッケージとXLパッケージのハンドルは、素材だけではなく、デザインも異なります。

XGパッケージ

XLパッケージ

注目してもらいたいのは、3本のスポーク部分。

パッソ(PASSO)の最上モデルのXGパッケージでは、スポーク部分がシルバーの加飾が施されております。

このシルバーのデザインがワンポイントになっていて良いですよね。一方、パッソ(PASSO)のハンドルはメッキ加飾が無くブラックのまま…。

デザイン性が全く違いますよね。

XGパッケージのハンドルと比較すると、かなりシンプルなハンドルに…。

このXLパッケージのハンドルは一昔前の安っぽいクルマのハンドルの
ように感じてしまいました。個人的にはデザイン性を含めて、パッソの
XGパッケージのハンドルの方が良いように感じました。


<次のページに続く>
次ページ
パッソXG・XLの違い2:シフトノブ&ドアノブ
商品詳細