【外装にどんな違いが?】パッソ モーダと標準車を画像で比較

トヨタ パッソ 2016

先代モデルは女性を意識した柔らかいカジュアルなデザインでしたが、パッソ(PASSO)は、先代モデルを引き継いだ柔らかいデザインの標準モデルと高級感あふれる”モーダ”の2種類を用意。先代モデルは男性が乗りにくいデザインになっていましたが、モーダ(MODA)の男性が運転してもまったく違和感の無いデザインになっていました。パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、外装・エクステリアのデザイン・雰囲気が全く異なります。そこでこのパッソ(PASSO)の標準モデルと上位モデル”モーダ”の外装・エクステリアの違いを私が撮った写真を使って紹介したいと思います。

2016/8/1

Chapter
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:正面から
注目の装備1:フォグランプ
注目の装備2:ヘッドライト
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:横から
注目の装備1:ドアハンドルのカラー
注目の装備2:ピラーのカラー
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:後ろから
注目の装備1:リヤコンビネーションランプ

パッソ 標準車とモーダの外装の違い:正面から

パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)のフロントマスク・正面はこのようになっています。

■パッソ 標準車のフロントマスク

■パッソ モーダのフロントマスク

この2台のクルマでは雰囲気が全く異なり、上級モデルのモーダ(MODA)の方が高級感のあるデザインになっていますね。この2つのモデルを比べてみてスグに違いを感じるのは、フロントグリルのデザイン。柔らかいデザインが特徴の新型パッソ(PASSO)の標準車では、台形を逆にしたような小さめのフロントグリルを採用。

黒くなっているフロントグリルもプラスチック感がそのままで比較的シンプルなデザインになっているように感じました。一方上級モデルパッソ(PASSO) モーダ(MODA)では、標準モデルよりも大きい楕円形のようなデザインのメッシュ状のフロントグリルを採用。

またフロントグリルが大きくなった事もあり、”トヨタエンブレム”もフロントグリル内に装備されるようになりました。また、フロントグリルの周りにはサテン調メッキのガーニッシュが採用されており、標準モデルよりもオシャレなデザインに・・・。

サテン調のガーニッシュがキラリと輝く高級感のあるデザインは、モーダ(MODA)のメリット・特徴の一つなのかなと思いました。また、フロントグリル内のメッシュ部分も艶(つや)のあるブラック塗装が施されており、標準モデルよりも高級感のあるデザインを採用。このブラック塗装だけでみてもモーダ(MODA)の方が高級感があって良いと思いました。

注目の装備1:フォグランプ

パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、フォグランプまわりのデザインも異なります。私が見ることが出来た新型パッソ(PASSO)のモーダ(MODA)の最上級モデル“Gパッケージ”では、このようなフォグランプを標準装備。

シルバー塗装リングがオシャレですよね。個人的にはここもフロントグリルのサテン調メッキを採用して貰いたかったですが・・・。ただそれでも十分オシャレなデザインになっているように感じました。一方、フォグランプが装備されていない標準モデルでは、このようにブラックのカバーが付いていました。

ただ、パッソ(PASSO)の標準モデルでもメーカーオプションでフォグランプを装備する事が可能です。パッソ(PASSO)の標準モデルにフォグランプを装備すると、このようなデザインになります。

フォグランプを装備してもモーダ(MODA)と雰囲気が全く違いますよね。標準モデルにフォグランプをオプションで購入しても、ただ黒いカバーの部分にフォグランプをはめ込むのみ。標準モデルにフォグランプを装備してもモーダ(MODA)のようなフォグランプべゼルは装備されないので、ご注意を・・・。

<次のページに続く>
次ページ
注目の装備2:ヘッドライト