【外装にどんな違いが?】パッソ モーダと標準車を画像で比較

先代モデルは女性を意識した柔らかいカジュアルなデザインでしたが、パッソ(PASSO)は、先代モデルを引き継いだ柔らかいデザインの標準モデルと高級感あふれる”モーダ”の2種類を用意。先代モデルは男性が乗りにくいデザインになっていましたが、モーダ(MODA)の男性が運転してもまったく違和感の無いデザインになっていました。パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、外装・エクステリアのデザイン・雰囲気が全く異なります。そこでこのパッソ(PASSO)の標準モデルと上位モデル”モーダ”の外装・エクステリアの違いを私が撮った写真を使って紹介したいと思います。

2016/8/1

Chapter
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:正面から
注目の装備1:フォグランプ
注目の装備2:ヘッドライト
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:横から
注目の装備1:ドアハンドルのカラー
注目の装備2:ピラーのカラー
パッソ 標準車とモーダの外装の違い:後ろから
注目の装備1:リヤコンビネーションランプ
トヨタ パッソ 2016

パッソ 標準車とモーダの外装の違い:正面から

パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)のフロントマスク・正面はこのようになっています。

■パッソ 標準車のフロントマスク

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダのフロントマスク

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

この2台のクルマでは雰囲気が全く異なり、上級モデルのモーダ(MODA)の方が高級感のあるデザインになっていますね。この2つのモデルを比べてみてスグに違いを感じるのは、フロントグリルのデザイン。柔らかいデザインが特徴の新型パッソ(PASSO)の標準車では、台形を逆にしたような小さめのフロントグリルを採用。

トヨタ パッソ 2016

黒くなっているフロントグリルもプラスチック感がそのままで比較的シンプルなデザインになっているように感じました。一方上級モデルパッソ(PASSO) モーダ(MODA)では、標準モデルよりも大きい楕円形のようなデザインのメッシュ状のフロントグリルを採用。

トヨタ パッソ 2016

またフロントグリルが大きくなった事もあり、”トヨタエンブレム”もフロントグリル内に装備されるようになりました。また、フロントグリルの周りにはサテン調メッキのガーニッシュが採用されており、標準モデルよりもオシャレなデザインに・・・。

トヨタ パッソ 2016

サテン調のガーニッシュがキラリと輝く高級感のあるデザインは、モーダ(MODA)のメリット・特徴の一つなのかなと思いました。また、フロントグリル内のメッシュ部分も艶(つや)のあるブラック塗装が施されており、標準モデルよりも高級感のあるデザインを採用。このブラック塗装だけでみてもモーダ(MODA)の方が高級感があって良いと思いました。

注目の装備1:フォグランプ

パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、フォグランプまわりのデザインも異なります。私が見ることが出来た新型パッソ(PASSO)のモーダ(MODA)の最上級モデル“Gパッケージ”では、このようなフォグランプを標準装備。

トヨタ パッソ 2016

シルバー塗装リングがオシャレですよね。個人的にはここもフロントグリルのサテン調メッキを採用して貰いたかったですが・・・。ただそれでも十分オシャレなデザインになっているように感じました。一方、フォグランプが装備されていない標準モデルでは、このようにブラックのカバーが付いていました。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

ただ、パッソ(PASSO)の標準モデルでもメーカーオプションでフォグランプを装備する事が可能です。パッソ(PASSO)の標準モデルにフォグランプを装備すると、このようなデザインになります。

トヨタ パッソ 2016

フォグランプを装備してもモーダ(MODA)と雰囲気が全く違いますよね。標準モデルにフォグランプをオプションで購入しても、ただ黒いカバーの部分にフォグランプをはめ込むのみ。標準モデルにフォグランプを装備してもモーダ(MODA)のようなフォグランプべゼルは装備されないので、ご注意を・・・。

注目の装備2:ヘッドライト

パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)のヘッドライトのデザインも全く異なります。それぞれのモデルのヘッドライトのデザインはこのようになっています。

■パッソ 標準車のヘッドライト

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダのヘッドライト

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)の標準車の最上位モデル”XGパッケージ”、モーダの最上位モデルの”Gパッケージ”ともにLEDヘッドライトを装備しているのは共通。ただ、この2台のモデルではヘッドライトに装備されている機能が異なります。上位モデルのモーダ(MODA)では、1つの光源でロービームとハイビームを切り替える事ができるBiビームLEDヘッドランプを採用。

トヨタ パッソ 2016

また、ヘッドライトまわりにはLEDのクリアランスランプが装備されています。このチューブ状の導光ランプがインパクトがあって良いですよね。また、丸いデザインもダイハツが開発したっぽいデザインで好印象でした。一方、パッソの標準モデルは、1つの光源のBiビームタイプではなく、他のクルマにも装備さえている普通のタイプのヘッドライトを採用。

トヨタ パッソ 2016

また、モーダ(MODA)に採用されていたLEDのクリアランスランプも標準モデル装備されていませんでした。なので、ヘッドライトのインパクトが全く違うように感じました。このヘッドライトの違いもパッソ(PASSO)の標準モデルとモーダのフロントマスクの大きな違いの一つなのかなと思いました。

パッソ 標準車とモーダの外装の違い:横から

また、パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では横からのデザインも異なります。

■パッソ 標準車

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

このように2台のモデルを見比べてみると、モーダの方が引き締まってみえますよね。やはりモーダ(MODA)の方が車格がワンランク上のクルマのように感じました。そして、パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)の次のような機能・装備の違いが見た目に影響を与えているのかなと思いました。

注目の装備1:ドアハンドルのカラー

このパッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)の違いの一つが、ドアハンドルのデザイン。上級モデルのモーダ(MODA)は、このようにシルバー塗装のハンドル採用。

トヨタ パッソ 2016

一方、標準モデルのドアハンドルはボディと同系色のハンドルを採用。

トヨタ パッソ 2016

このハンドルが異なるだけでも見た目の雰囲気が異なりますよね。シルバー塗装のハンドルがワンポイントになっていて高級感がアップしているように感じました。ただ、シルバー塗装ではなくメッキ調のデザインにしてくれたらさらに高級感がアップしたのにな~っと思いました。

注目の装備2:ピラーのカラー

また、パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダでは、ピラー(柱)のフロントウィンドウの横にあるAピラーとフロントドアとリヤドアの間にあるBピラーのカラーも異なります。上級モデルのモーダ(MODA)では、Aピラー/Bピラーともにブラック塗装されたものを採用。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

私が見たモデルがブラックルーフの2トーンカラーだったのでこのブラック塗装されたピラーとルーフの相性がピッタリ!標準モデルよりも引き締まった印象の外装・エクステリアになっているように感じました。一方、パッソ(PASSO)の標準モデルのAピラー/Bピラーはボディと同系色のものを採用。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

柔らかいデザインが特徴のパッソ(PASSO)の標準モデルにはこのピラーが一番ピッタリですよね^^ピラーのカラーまで注目をしてみて、改めてこの標準モデルのデザイン性の良さが分かったように感じました。

それにしてもピラーの色によって、こんなに外見・エクステリアの雰囲気って変わるんですね。もしこれから新型パッソ(PASSO)を見る方は、是非ともピラーの色の違いにも注目をしてみてくださいね。

パッソ 標準車とモーダの外装の違い:後ろから

また、パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、後ろ・リヤのデザインも異なります。

■パッソ 標準車の後ろ姿

トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダの後ろ姿

トヨタ パッソ 2016

私がこの2つのモデルを見比べて一目見て気が付いたのは、リヤバンパー部分のデザインの違い。標準モデルはボディと同系色の存在感のあるリヤバンパーを装備していたのに対し、モーダ(MODA)はブラックのパネルで加飾されたデザインのリヤバンパーを採用。

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

また、パッソ(PASSO)のモーダ(MODA)はシルバー塗装されたリフレクターを採用。

トヨタ パッソ 2016

上級モデルのモーダ(MODA)は標準モデルよりも繊細な雰囲気のあるデザインになっているように感じました。

注目の装備1:リヤコンビネーションランプ

またパッソ(PASSO)の標準モデルとモーダ(MODA)では、リヤコンビネーションランプのデザインも異なります。

■パッソ 標準車

トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダ

トヨタ パッソ 2016

パッソの標準モデルは、赤いレンズのリヤコンビネーションランプを採用しているのに対し、モーダ(MODA)ではクリアタイプを採用。そのためライトを点灯した時の様子が異なります。

■パッソ 標準車

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

■パッソ モーダ

トヨタ パッソ 2016
トヨタ パッソ 2016

実際にライトを点灯させると違いを感じますね。ボディーとの配色にもよりますが、私が見たダークエメラルドマイカにはクリアレンズを採用したモーダ(MODA)のデザインの方があうのかなと感じました。

トヨタ パッソ 2016

パッソ(PASSO)の標準車と上位モデルの外装・エクステリアを比較したらこのような違いがありました。このように2つのモデルを見比べると、違いに気が付きますね^^ただ、タイヤのサイズ等も同じですし乗り心地や走破性にも違いがありません。

標準モデルとモーダ(MODA)のどちらを購入しようか迷っている方は、外装や内装のデザインの好みで選んでも良いかもしれませんね。

画像 試乗レビュー速報