防災キャンプとは?役立つアイテム15選|防災キャンプで災害に備えよう

登山をする人たち

キャンプには車を使ったオートキャンプなどがありますが、防災キャンプとはどのようなものなのでしょうか。本記事では防災キャンプの概要や防災キャンプで役立つアイテム、防災キャンプを行う際のポイントなどをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
防災キャンプとは?
防災キャンプで役立つアイテム15選
1:【ランタン】ロゴス パワーストックランタン
2:【ヘッドライト】Ledlenser H Coreシリーズ LEDヘッドライト
3:【テント】コールマン テント BCクロスドーム 270 グリーン
4:【寝袋】Big Agnes Torchlight UL (850 DownTek) 寝袋
5:【マット】コールマン キャンパーインフレーターマット ダブルセットII
6:【モバイルバッテリー】 Omars 急速充電
7:【ロープ】GEERTOP テントロープ
8:【アルコールストーブ】TOMSHOO キャンプ バックパッキング ストーブ
9:【マルチツール】VICTORINOX マルチツール
10:【カラトリーセット】LoaMythos オールインワン ピクニック リュック
11:【メスティン】pegoo メスティン
12:【レトルト食品】三徳屋 カレー そのまんまOK
13:【エマージェンシーバック】Epios 防災士が選んだ! 防災セット
14:【ブランケット】KingCamp ブランケット
15:【携帯用トイレ】サンコー 非常用 簡易トイレ
防災キャンプを行う際のポイント3つ
突然起こる災害のために防災キャンプで知識を蓄えよう

防災キャンプとは?

防災キャンプとは普通のキャンプと違い、避難場所などに泊まって身体を動かしながら防災学習を行うことを目的とした体験型の防災訓練のことです。自然災害の多い日本では防災の必要性が叫ばれていますが、十分な対策ができているという人は多くないのではないでしょうか。

防災キャンプでは実際に避難所で過ごすことになるため、必要な備えや心構えなどを体験的に学ぶことができます。防災キャンプを経験しておけば、実際に災害が発生した場合にもスムーズに動けるようになるでしょう。

防災キャンプを行うメリット

防災キャンプを行うことで、知識だけでなくリアルな体験として防災への備えが身につきます。自宅とは違う不便な避難所に行ってみることで、実際の災害時にどのように動けばよいのかが頭だけでなく身体でも理解できるようになります。

また、普段あまり会わないさまざまな人たちと交流することができるため、大人から子どもまで地域での助け合いの精神を育むこともできるでしょう。

防災キャンプで役立つアイテム15選

防災キャンプを行う場合は、実際の防災に備えたさまざまなアイテムが必要になります。また、アウトドアのキャンプで使用するアイテムの中には、防災キャンプでも役立つものが多くあります。

そこで防災も意識してキャンプアイテムを用意してみるのはいかがでしょうか。ここでは防災キャンプで役立つアイテム15選をご紹介します。

1:【ランタン】ロゴス パワーストックランタン

ロゴス(LOGOS) ロゴス(LOGOS) ウルトラパワーストックランタン5600・フルコンプリート 74176027 ブラウン (約)幅12.5×奥行12.5×高さ10cm

53,900円〜(税込)

スマートフォンなどのモバイルバッテリーとしても使えるランタン

ロゴスのパワーストックランタンは防災用に備えておきたいLEDランタンです。

スマートフォンなら20台分の充電が可能です。また、光は白色、中間色、暖色の3種類があり、明るさは10段階で調整可能です。

弱モードでも十分な明るさを確保でき、点灯時間は弱モードで約330時間と非常に長時間利用できます。

メーカー
ロゴス(LOGOS)
ブランド
ロゴス(LOGOS)
モデル名
74176027
梱包サイズ
cm; 1.2 kg
商品モデル番号
74176027
商品の重量
1.2 kg

2:【ヘッドライト】Ledlenser H Coreシリーズ LEDヘッドライト

Ledlenser(レッドレンザー) Ledlenser(レッドレンザー) H19R Core LEDヘッドライト USB充電式 [日本正規品], black, 小

24,499円〜(税込)

両手を使って作業がしやすいLEDヘッドライト

LedlenserのH CoreシリーズLEDヘッドライトは頭に装着するライトなので、暗がりでも作業がしやすくなります。

特に両手を使わなければいけない作業時には重宝することになるでしょう。このシリーズは明るさは350ルーメンから3500ルーメン、電源も充電式や乾電池式などさまざまなバリエーションが用意されています。また、IP67~IP68の防塵防水性能も備えています。

メーカー
Ledlenser(レッドレンザー)
ブランド
Ledlenser(レッドレンザー)
モデル名
502124
商品モデル番号
502124
商品の重量
222 g

3:【テント】コールマン テント BCクロスドーム 270 グリーン

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) テント BCクロスドーム 270 グリーン 4〜5人用 2000038429

19,000円〜(税込)

災害時に一時的なシェルターとして使用可能

コールマンのBCクロスドーム270は万が一自宅が被災した場合、雨風をしのぐシェルターとしても利用できます。

また、この商品はコールマンのテントの中でも安価で、組み立ても簡単なのでアウトドア初心者にもおすすめです。収容人数も4〜5人用のため、一家族と荷物分のスペースを十分確保できるでしょう。

収容人数
5人
サイズ
270 × 270 × 170(h)cm
重量
約10kg
カラー
グリーン

4:【寝袋】Big Agnes Torchlight UL (850 DownTek) 寝袋

Big Agnes Big Agnes Torchlight UL (850 DownTek) 寝袋

77,557円〜(税込)

避難場所の最小限のスペースでもしっかり眠れる

Big AgnesのTorchlight ULは身体に合わせてフィット感をカスタマイズすることができる寝袋です。

避難所に指定されている場所は小学校の体育館や公民館などが多いですが、多くの人が集まるためスペースが限られていることもあります。また、寝具も不足している可能性があるため、寝袋を用意しておくのがおすすめです。

Torchlight ULは軽量で持ち運びがしやすく、内部にメッシュポケットが備え付けられているため、スマホや貴重品を中に入れておくことができます。

メーカー
Big Agnes
ブランド
Big Agnes
モデル名
Big Agnes
梱包サイズ
21.6 x 20.8 x 38.9 cm; 900 g
商品モデル番号
BTMTLUL20LL20-Orange/Gray
商品の重量
900 g

5:【マット】コールマン キャンパーインフレーターマット ダブルセットII

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット ダブルセットII 2000032353

10,668円〜(税込)

避難所の硬く冷たい床でも眠ることができるマット

コールマンのキャンパーインフレーターマットダブルセットIIは厚さ5cmの2枚組マットです。

キャンパーインフレーターマットダブルセットIIは2枚組なため2人でも使えますし、折りたたんで1人でも使えます。また、付属の収納ケースで空気を入れることができるため、空気入れの必要もありません。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000032353
商品モデル番号
2000032353
商品の重量
3.5 kg

6:【モバイルバッテリー】 Omars 急速充電

Omars ポータブル電源 モバイルバッテリー AC出力 90W Omars 急速充電 PD対応 26800mAh 大容量 便利な収納 USBポート×2 Type-C対応 薄型 各ポートから複数デバイスを同時充電可能 ソーラー チャージ 緊急 災害時 バックアップ用電源 MacBook/ノートパソコン/iPhone/Android 等 縦置きスタンド付き (TypeCポート付き)

11,999円〜(税込)

さまざまなデジタルデバイスに電力を供給できる

Omarsのポータブル電源はスマホやタブレットなどのデジタル製品や照明機器、ノートパソコンなどの充電ができるアイテムです。

これ1つだけで多くのデバイスに対応できるため、避難所のコンセントが使えなくても安心です。また、 26800mAhと大容量となっているところもおすすめです。

メーカー
Omars
ブランド
Omars
梱包サイズ
18.6 x 12 x 4 cm
商品モデル番号
OMESS099WBK-JP

7:【ロープ】GEERTOP テントロープ

HIMIMI ガイロープ パラコード ロープ テントロープ ガイライン タープロープ 反射 6本 セット 4mm * 4m キャンプ アウトドア アルミニウム 自在金具付き 収納袋付き 耐荷重260kg (ブラック)

1,280円〜(税込)

見えづらい夜間でもしっかり見える

GEERTOPのテントロープは反射材を編みこんだロープです。

夜間キャンプでの転倒防止用のキャンプロープとなっているため、テントやタープの固定、シェルターやハンモックにも活用できます。また、吸水性が低いため悪天候でも水を吸水せず伸びることがありません。防災キャンプの際には物干し用のロープにも使えるでしょう。

メーカー
HIMIMI
ブランド
HIMIMI
商品モデル番号
tentrope4M

8:【アルコールストーブ】TOMSHOO キャンプ バックパッキング ストーブ

TOMSHOO TOMSHOO キャンプバックパッキングストーブ ステンレススチール 木製アッシュプレート付き 折りたたみ式ハンドル アルコール燃焼 コンパクトストーブ アウトドア キャンプ ハイキング ピクニック BBQ用

9,183円〜(税込)

いつでも飲み物やレトルト食品を温められる

TOMSHOOのキャンプバックパッキングストーブは耐久性の高いステンレス鋼製のキャンプストーブです。

アルコールを燃料にするストーブなため、かさばるバーナーを持ち歩く必要がなく、コンパクトです。キャンプストーブをあらかじめ用意しておけば、防災キャンプでの食事の際にも役立つでしょう。

メーカー
TOMSHOO
ブランド
TOMSHOO
商品モデル番号
5698-LLL

9:【マルチツール】VICTORINOX マルチツール

Victorinox ビクトリノックス/VICTORINOX マルチツール ナイフ ハントマン

39,000円〜(税込)

ナイフや缶切りなど便利なアイテムが1つに

VICTORINOXのマルチツールはアウトドアにも防災にも役立つアイテムです。

スイスの老舗刃物メーカーであるVICTORINOXのマルチツールは実用性と美しさを兼ね備えています。また、同じデザインでも用意されているツールはアイテムによって異なり、優先度が高い機能を備えているものを選べます。

メーカー
Victorinox
ブランド
Victorinox
モデル名
1.3713.3-X1
梱包サイズ
8.9 x 2.5 x 2 cm; 45 g
商品モデル番号
53203
商品の重量
45 g

10:【カラトリーセット】LoaMythos オールインワン ピクニック リュック

LoaMythos(ロアミトス) LoaMythos(ロアミトス) All in Oneピクニックリュック クーラーバッグ 2人用 カトラリーセット アウトドア 食器 レジャーシート付属 保冷バッグ キャンプ用品

7,000円〜(税込)

ピクニックに必要なアイテムをセットにしたリュック

LoaMythosのオールインワンピクニックリュックは、お皿やカトラリー、テーブルナフキン、レジャーシートなどのピクニックやキャンプで必要になるアイテムをオールインワンにしたリュックです。

また、このリュックの中に非常食を入れておくことで、そのまま防災バッグとしても活用できます。

メーカー
ESCALE株式会社
ブランド
LoaMythos(ロアミトス)
梱包サイズ
76.2 x 50.8 x 105.4 cm; 1.8 kg
商品の重量
1.8 kg

11:【メスティン】pegoo メスティン

日廣産業 pegoo メスティン アルミ製飯ごう キャンプ用品 アウトドア 1合 2合メモリ付き 自宅炊飯 登山 防災対策 バーベキュー調理器具

890円〜(税込)

一合や二合のごはんがぴったり炊ける

pegooのメスティンはアイデア次第でごはん以外にもショートパスタなどさまざまな調理が可能なアルミ製の飯盒です。

また、飯盒の内側にメモリが付いているため、測る道具がなくでも簡単にごはんが炊けます。取っ手も折りたためてコンパクトに収納できるため、アウトドアや防災キャンプなどに持ち込むのも簡単です。

メーカー
日廣産業
ブランド
日廣産業

12:【レトルト食品】三徳屋 カレー そのまんまOK

Life Communication 三徳屋 カレー そのまんまOKカレー 甘口 中辛 300g ×30袋 5年保存 そのまま カレーライス レトルトカレー アウトドア キャンプ レトルトカレー 保存食 非常食 防災備蓄品 (甘口)

14,550円〜(税込)

ごはんも一緒に入ったレトルトカレー

三徳屋のそのまんまOKカレーは5年間保存できるレトルトカレーです。

一般的なレトルトカレーと違ってごはん入りなので、これ1つだけでカレーライスが食べられます。また、温める必要もないため、防災キャンプや非常時には冷えたままでもおいしく食べることができます。長期保存も可能なため、災害用に備蓄しておくと良いでしょう。

メーカー
Life Communication
ブランド
Life Communication
商品モデル番号
CURRY-SWEET
商品の重量
298 g

13:【エマージェンシーバック】Epios 防災士が選んだ! 防災セット

エピオス(Epios ) 防災士が選んだ! 防災セット エマージェンシーバッグ 17点セット ES-100 6648

6,987円〜(税込)

防災士が選んだ防災アイテム17点

Epiosの防災士が選んだ! 防災セットは災害時に必要な防災アイテムのセットです。

収納ショルダーバッグの中には、防災のプロが選んだアルミ製のブランケットやレインコート、ホイッスル、携帯トイレやウェットティッシュ、携帯カトラリーやソーイングセット、マスクや使い捨てカイロなどのアイテムが一式セットになっています。

用意しておけば、災害時でも1人分の最低限の衣食住を守ることができるでしょう。

メーカー
エピオス
ブランド
エピオス(Epios )
モデル名
6648
商品モデル番号
6648

14:【ブランケット】KingCamp ブランケット

KingCamp KingCamp ブランケット 防寒 175×135cm 大判 マルチケット キャンプ用品 登山 テント 車中泊 超軽量 防水 コンパクト ひざ掛け 掛け布団 アウトドア シート代わり 毛布 暖かい 防寒対策 春夏 秋 収納ポーチ付 オリーブ

3,950円〜(税込)

ポンチョやひざ掛けやクッションとしても使えるブランケット

KingCampのブランケットはさまざまな使い方ができるマルチケットです。

非常に軽量で撥水性があるため、汚れに強く洗濯機でも丸洗いできます。また、ブランケットと一体化している収納ケースに入れることでコンパクトな手のひらサイズになるため、アウトドアや防災キャンプの際にも簡単に持ち運ぶことができます。

メーカー
KingCamp
ブランド
KingCamp
モデル名
KS1902
梱包サイズ
28 x 20 x 10 cm; 437 g
商品モデル番号
KS1902-S340161960030000
商品の重量
437 g

15:【携帯用トイレ】サンコー 非常用 簡易トイレ

サンコー(三つ葉) サンコー 非常用 簡易トイレ 防災 ポータブル コーナー 日本製 排泄処理袋 凝固剤付 耐荷重120kg 携帯 48×35×40cm R-46

6,480円〜(税込)

普段は腰掛けとして使用できるトイレ

サンコーの非常用簡易トイレは普段は腰掛けとして使用し、災害時にはポータブルトイレとして活用することができる簡易トイレです。

アウトドアでもトイレが近くにない場合があるため、災害時だけでなく、普段のキャンプや介護用などさまざまなシーンで利用できるでしょう。

メーカー
サンコー(三つ葉)
ブランド
サンコー(三つ葉)
モデル名
R-46
梱包サイズ
35 x 48 x 39 cm; 2.8 kg
商品モデル番号
R-46
商品の重量
2.8 kg

防災キャンプを行う際のポイント3つ

防災キャンプを行う場合、実際の災害時に備えるためにもしっかりとした準備を行って臨む必要があります。また、いくつかのポイントを押さえておくことで、安全で有益な防災キャンプができるようになるでしょう。

ここでは防災キャンプを行う際のポイント3つをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1:テントの入り口は風下側にする

テントを張る場合、入り口は風下側にして設置しましょう。テントの入り口が風上側に向いていると、突風が吹いた場合にテント内に風が入り込み、飛ばされるリスクがあります。

防災キャンプだけでなくアウトドアシーンでも役立つ知識のため、把握しておくと良いでしょう。

2:速乾性の高い下着を用意する

実際の災害時には、雨に濡れても替えの下着がなかったり、周囲の状況的に着替えがしにくく、なかなか着替えることができないことも予想されます。そのため、アウトドア用などの速乾性のある下着を用意しておくのがおすすめです。

高い機能性を持ったアンダーウェアを用意しておけば、防災キャンプの際だけでなく普段から便利に利用できるでしょう。

3:トイレの排泄物は大と小を分ける

防災キャンプで仮設トイレや携帯トイレなどを使用する場合、排泄物は大と小を分けておくのがおすすめです。分けておくことで後の処理がしやすくなるだけでなく、まとめておくことでより臭わなくなるというメリットもあります。

また、トイレの際に使用した紙は排泄物とは別に集めて処理することで、仮設トイレの便槽が一杯になるまでの時間を伸ばすことができます。

突然起こる災害のために防災キャンプで知識を蓄えよう

防災キャンプによって本格的な避難訓練を行っておくことで知識と経験が蓄えられ、実際に災害が起こった際にも迅速に動けるようになります。

ぜひ本記事でご紹介した防災キャンプを行う際のポイントなどを参考に、防災に役立つアイテムも活用しながら、防災キャンプを実施してみてはいかがでしょうか。