2020年4月より施行!「自転車保険の加入義務化」についてわかりやすく解説!

2020年4月より施行された「自転車保険の加入義務化」についてご存じでしょうか?自転車を運転中に重大事故を起こして、被害者から高額な賠償金を請求されるケースが少なくはありません。そんな事態に備えて、自転車保険の加入義務化が進んでいるというわけです。ここでは、詳しくない方のために自転車保険の加入義務化について解説していきます。

Chapter
「自転車保険の加入義務化」ってなに?
自転車保険はどのような種類があるの?補償内容は?
加入しなかった場合、罰則はある?

「自転車保険の加入義務化」ってなに?

自転車

自転車によって事故を起こすと、被害者にケガを負わせたり、仕事を休まなければいけない事態になったりすることがありますよね。被害者に精神的なダメージはもちろん経済的なダメージも同時に与えてしまうことになります。したがって、加害者はケガをした相手に治療費仕事を休んだ際の損害費などを支払わなければいけなくなります。

ただその賠償金の額は数千万円と高額になるケースが多く、加害者にとっては大きな負担となってしまうのです。また、賠償金の規模が大きくなると、被害者にとっても金銭的な補償をきちんと受けられなくなるリスクもあります。

「自転車保険の加入義務化」は、被害者の保護、加害者の経済的な負担の軽減を背景に定められました。自転車保険に加入しておけば、ある程度の金銭的な補償を受けることができます。したがって、万が一、自転車事故の加害者になった場合、賠償金を支払った後も生活を立て直すことができるというわけです。

また、被害者も十分な賠償金を受け取ることができるので安心です。自転車保険の加入義務化は、2015年10月に兵庫県で義務化されて以降、全国の自治体で大都市圏を中心に自転車保険加入の義務化が進んでいます。まだ義務化されていない地域でも導入についての検討が進められています。

自転車保険はどのような種類があるの?補償内容は?

自転車専用道路

一口に自転車保険といっても色々な種類がありますが、主に「個人賠償責任保険」、「傷害保険」、「TSマーク付帯保険」などが挙げられます。それぞれの補償内容とポイントについて解説いたします。

「個人賠償責任保険」とは?

個人賠償責任保険」とは、自転車事故はもちろん日常生活において他人にケガをさせたり、物を壊したりした際に補償される保険のことです。個人賠償責任保険の補償内容は、自身の治療費に関する給付金、死亡保険金、損害賠償責任への補償などがあります。個人賠償責任の保険料は月額数百円とリーズナブルなので、経済的な負担がなくて人気です。

「傷害保険」とは?

「傷害保険」とは、自分が自転車事故でケガを負ったり、死亡したりした場合に適用される保険のことです。損害保険は自転車のケガに限られておらず、スキーでケガをしたり、自宅で階段から落ちてケガをしたりした際も補償の対象となります。

「TSマーク付帯保険」とは?

TSマーク付帯保険」とは、自転車安全整備士によって点検された自転車に貼られる「TSマーク」に付帯している保険のことです。 自転車の運転時に相手にケガをさせた際の補償、自転車運転中に自分がケガをした際の補償が両方ついています。こちらの保険は補償期間が一年と短いのが特徴的です。いずれにしても加入義務化が進んでいるので、自分に合う保険を選ぶことが大事です。

加入しなかった場合、罰則はある?

自転車

自転車保険の加入義務化が進んでいるので、自分も入らなければいけないと心配している方が多くいます。基本的に自転車保険に加入しなければいけないのは、加入義務化されている地域で自転車を日常的に利用している人たちです。

たとえば、毎日自転車で通勤・通学している人、サイクリングを日常的に楽しんでいる人などです。また、加入義務化されている地域の住民でなくても、義務化地域を自転車で通る場合も保険の加入が義務づけられている場合もあります。

自転車保険に加入していない場合、罰則はあるのでしょうか?実は、自転車保険に加入していなくても法律によって罰せられることはありません。その理由は、自転車保険には様々な種類があるので住民が加入しているかどうか確認するのが非常に大変だからです。しかしながら、自転車事故を起こした場合、法外なお金を請求されるケースが多いです。

したがって、条例によって自転車保険の加入が義務付けられている場合、万が一の事態に備えて加入しておいて損はないでしょう

すり抜け 自転車

自転車保険の加入義務化があらゆる自治体で進められています。もしも自転車事故の加害者になった場合、被害者への治療費など莫大なお金を請求される可能性があります。保険に加入していなければ、賠償金の支払いが滞ってしまう恐れがあるのです。したがって、事故を起こした本人はもちろん被害者のためにも自転車保険は必要性の高いものだと言えます。