自動車保険料が2020年1月から一斉値上げ!自動車保険が値上がりする理由と対処法は?

交通事故証明書

自動車を運転する限り、避けて通れないのが自動車保険への加入です。出来るだけ保険料を抑えようと無事故や各種保険の設定に気を付けても、業界全体で一斉に値上がりが行われるといった場合もあります。値上がりの原因が個人にある場合と、そうではない場合があるので、しっかりと理解することをおすすめします。ここでは、自動車保険が値上がりする理由や、保険料を安く抑えるための対処法について説明します。

Chapter
自動車保険の値上がりが続く理由とは?
無事故でも保険料は高くなるの?
保険料を安く抑えるためには?

自動車保険の値上がりが続く理由とは?

自動車保険の保険料を理解する上で欠かせないポイントとなるのが、自動車保険の仕組みです。自動車保険は、万が一事故を起し、保険金の支払いが必要になった場合に備えて、契約者全員で助け合うシステムです。

そのため、多くの人が自動車保険を使わない場合には保険金の財源も十分と言えますが、事故が増えたり、保険金の支払いが高額になると財源が不足してしまうため、保険料を値上げしないと保険金の支払いが滞ってしまいます。これが、保険料が値上がりする大きな理由です。

また、保険会社が保険料を算出する時に利用する参考純率税金の引き上げなどが起きれば、比例する形で保険料も上がります。ここで、覚えておきたいのが、「値上がり幅は必ずしも一律ではない」ことです。

加入者の保険金利用状況などから、事故を起しやすいと思われる世代や車種が特定され、該当する契約者の値上がり率が高くなるといったこともあります。また、値上がり幅は保険会社によって異なりますし、加入する保険の項目によって変わることも少なくありません。

値上がりに伴い大幅に保険料が高くなったという場合には、保険を見直す好機と捉え、じっくりと検討し直すことがおすすめです。

無事故でも保険料は高くなるの?

一般的に、無事故で自動車保険を利用しなければ、保険料は安くなると考える方がいるのではないでしょうか。

しかし、無事故でも保険料が高くなるケースはあります。それは、走行距離が増えたり、新車割引やゴールド免許割引といった各種割引が適用されなくなった場合です。自動車の乗り方などに起因するので、気を付けさえすれば、個人で対処出来る部分と言えます。

それに対し、個人の力ではどうにも出来ないのが、被保険者の年齢車の形式別料率クラスの上昇保険料の改定に伴う保険料の値上がりです。

被保険者の年齢や車の形式別料率クラスの上昇、保険料の改定に伴う保険料の値上がりは、どんなに気を付けていても個人がコントロール出来る部分ではありません。年齢が上がることを遅らせることは誰にも出来ませんし、保険料の改定を中止させることも不可能です。

1年に1度見直される料率クラスにしても、同じ形式の車に乗っている人全員が対象となるので、自分だけ安全運転をしても、他の人が頻繁に事故を起こせば料率クラスが上がり、保険料も値上がりしてしまいます。

無事故なのに保険料が高くなったと感じたら、個人で何とか出来る部分の値上がりなのか、それともどうにも出来ない部分での値上がりなのか確認しましょう。その上で、保険料を安くする工夫をすることが大切ですよ。

保険料を安く抑えるためには?

自動車保険を安く抑えたいなら、まずは保険を見直しましょう。各種項目がニーズに合っているのかどうか、不必要な項目がないかどうか、じっくりと検討することが欠かせません。

また、インターネット割引や証券不発行による割引など、利用出来る割引の有無を確認することをおすすめします。そして節約幅の大きい車両保険の免責金額や適用範囲といった部分を無理のない範囲で調整することも、保険料を安く抑えるために役立ちます。

尚、保険料が値上がりしたからといって、全ての保険会社で値上がり幅が同じとは限りません。同じ条件の保険でも保険料は保険会社によって変わります。したがって、保険料が安い保険会社を見つけることが出来れば、保険会社を変えるだけで保険料を安く抑えることが可能になります。

保険会社の探し方としておすすめなのが、「保険会社の一括見積もり」を利用する方法です。同じ条件のもと、保険を比較することが出来ますし、複数社への見積もり請求が一度で済むので、手間がかからず簡単ですよ。

自動車保険の値上がりに対処するには、保険の見直しをすることが欠かせません。各種項目や設定を確認することはもちろん、保険料の安い保険会社を探すことが大切になります。

一括見積もりを利用し自動車保険を比較すれば、保険料を安く抑えたりより自分に合った保険を見つけることが可能です。保険の更新時は最良のタイミングです。

ご自身やご家族に必要な自動車保険を今一度確認し、安心して楽しいカーラーフを送るためにも一括見積もりで自動車保険を見直してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

価格.com一括見積りご利用の流れ

①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討 ①免許証・保険証を準備 ②価格.com一括見積りを開き「一括見積もりスタート(無料)をタップ」③見積もり条件の入力 ④比較・検討

自動車保険をまとめて比較

国内No.1サイト「価格.com」最大7社から比較できる!※Nielsen Online 2019年1月調査

\あなたの保険料を調べましょう/

価格.comで一括見積り (無料) 価格.comで一括見積り (無料) ※Nielsen Online 2019年1月調査