なぜ車検証の所有者がディーラーになっているの?

車検

新車を購入して車検証を確認したら、所有者が自分ではなくディーラーの名義になっていて驚いたことはありませんか?購入の際、ディーラーで説明されたような気がするけれど、よくわかっていなかった、という方のために、今回はこの仕組みについて解説しましょう。

文・吉川賢一

所有権留保時の所有者は、ディーラー以外もある

所有権留保されている状態の場合、所有者の欄に記載されるのは、信販会社の場合もあります。本来、ローンを組んだ信販会社が所有者になるため、信販会社の名義になっているケースもあります。

自動車ローンは、クルマの購入者とディーラーまたは信販会社が契約を交わします。購入者がディーラーに支払うはずの購入代金を、信販会社は代わりに支払い、購入者は、信販会社に購入代金+手数料を何年かの分割で支払うという契約です。

そのため所有権は、支払いが終わるまでは信販会社にあることになります。

支払いが終わったら、所有権留保は解除する必要あり

所有権留保になっているクルマは、支払いが終わった時点で、解除の手続きを行う必要があります。もしもそのままの状態で乗っていると、手放すときに手続きが面倒になります。

所有者になっている相手に連絡して、解除を依頼すると、必要書類が送られてきます。手続きの仕方も教えてもらった通りにすれば大丈夫です。新しい車検証が送られてきたら、所有者の欄が自分の名義になっているのを確認しましょう。

このように、自動車ローンを組んで購入すると、所有権留保状態になり、ローンの支払いが終わるまで、完全な所有者になれません。ローンを完済したら、解除の手続きを忘れずに行いましょう。