ポルシェの維持費は年間100万円!? その内訳は?

ポルシェ 911 (992) 2019

ポルシェが欲しい!でも車を購入するときは、車両本体のみならず維持費についてもちゃんと検討しなければいけませんよね。

ポルシェの維持費って実際にはどれくらいかかるのかでしょうか?そんなお悩みを抱えている方に、今回はポルシェ ケイマン、カイエン、911の3モデルをもとに、どの程度ランニングコストがかかるのかを紹介します!

※今回紹介する維持費はあくまで目安であり、金額は条件によって異なります。

Chapter
ポルシェのピュアミドシップスポーツ「ケイマン」の維持費は?
ポルシェ ケイマンの年間維持費は約44万円〜
ポルシェのプレミアムSUV カイエン
ポルシェ カイエンの年間維持費は約62万円〜
半世紀以上の歴史を持つポルシェのフラッグシップスポーツ 911
ポルシェ 911の年間維持費は約51万円〜
ポルシェの維持費が高額の理由はタイヤとオイル交換にあり!

ポルシェのピュアミドシップスポーツ「ケイマン」の維持費は?

2005年に登場したポルシェ ケイマンは、オープンスポーツのポルシェ ボクスターから派生した2シーターのクーペモデルです。スポーツカーやレーシングカーに多いミドシップレイアウトを採用し、限界域での走行性能ではポルシェのフラッグシップモデルである911を上回るとも言われています。

しかし、ポルシェとしてはフラッグシップモデルの911よりもケイマンが高性能になれば、911のブランドイメージにも影響を及ぼします。そのため、ケイマンは高い潜在能力を持ちつつも、911よりも出力を抑えたエンジンが搭載されていたりします。このように誰もが見てわかる性能差を設けることで、そのヒエラルキーを崩さないようにしています。

また911に比べて価格が低いことから、ポルシェのエントリーグレードに位置づけられることもあるようです。

ポルシェ ケイマンの年間維持費は約44万円〜

ポルシェのエントリーモデルと言われるケイマンですが、それでも年間の維持費は44万円ほどかかります。その内訳は、以下の通り。

車検費用:1年分計算で約6万円
任意保険:4万8,000円
自賠責:1万7,000円
自動車税:5万1,000円
重量税:1万5,000円
ガソリン代:25万円(年間1万km走行と仮定)

上記に加え、スポーツ走行をしたりすると、さらに高くなりますね。ちなみにポルシェの修理費は、冷却水漏れだけでも15万ほど掛かってしまうとか。ポルシェらしい最高の乗り味を保つためにも、定期メンテナンス費用も気が抜けません。

<次のページに続く>
次ページ
ポルシェのプレミアムSUV カイエン