ポルシェ 8代目911 (992)のラゲッジルーム(荷室)は、スポーツカーでありながらも広いスペースを確保している!?

911

今回、ポルシェ 8代目911のラゲッジルーム(荷室)には、どのくらいのスペースが確保されているのかについてご紹介します。

8代目911は色褪せない伝統に、現代的なアプローチが注ぎ込まれた特徴的なデザインとなっています。

中でも、911のシルエットを生む象徴的なフライラインはそのデザイン特徴の証と言えるでしょう。

1963年からほぼ変わることなく、全てのポルシェモデルのDNAが引き継がれ、911のクーペモデルとカブリオレモデル、そしてタルガモデルにも踏襲されています。

そんな8代目911の各モデルの荷室の広さは、一体どうなっているのかを徹底解説していきます。

Chapter
ポルシェ 8代目911 (992)の歴史を振り返ってみる
ポルシェ 8代目911 (992)はどんなクルマ?
ポルシェ 8代目911 (992) クーペの荷室はどのぐらい広いのか!?
ポルシェ 8代目911 (992) カブリオレの荷室はどのぐらい広いのか!?
ポルシェ 8代目911 (992) タルガの荷室はどのぐらい広いのか!?
ポルシェ 8代目911 (992)は先進の安全システムでドライバーの安全な運転をサポート

ポルシェ 8代目911 (992)の歴史を振り返ってみる

911はドイツの自動車製造者ポルシェが、1964年に高級スポーツカーとして販売したのが歴史の始まりです。

エンジンには空冷水平対向6気筒、低騒音と高出力を併せ持つSOHCが採用されています。

2代目は930型という名称で1974年に発売されました。ボディにはクーペとタルガの2種類が用意され、トランスミッションにはポルシェ内製トランスミッションが採用されました。

1989年には3代目が発売されました。3代目のボディタイプにはクーペ、カブリオレ、タルガの3種類が用意されていました。

その後1993年には4代目、1998年には5代目が発売されています。

そして2004年には6代目が発売されました。6代目は5代目911をベースに大幅改良されており、インテリア(内装)の質感の向上や、ヘッドライトは不評だった涙滴型ヘッドライトを廃止し、丸型ヘッドライドが復活しました。

2011年には7代目となる991型911が発売されました。7代目では車体へ軽量金属を大幅導入し、歴代のモデルに比べて剛性を高め、60kgの軽量化を実現しました。

2015年にマイナーチェンジが行われ、従来の自然エンジンに代わり、ライトサイジングターボエンジンが搭載されました。

そして2018年に8代目となる992が発売されました。

ポルシェ 8代目911 (992)はどんなクルマ?

まずはボディサイズを見ていきます。

911のボディサイズは全長4,520mm×全幅1,850mm×全高1,300mm(クーペの場合)となっています。

エクステリア(外装)は長くフラットなフロントフードや鋭い角度でフロントウィンドウに加え、リアに向かって伸びるルーフラインが911の個性を演出しています。

そして伝統と現代性を併せもったデザインになっています。

インテリアではステアリングホイールとセレクターレバーまでの間隔が短くなっており、その他の運転に必要な各種スイッチが直感的に操作できるよう配置されています。

また現代的なクルマながらあえて残されたアナログスイッチは、スポーツカーならではの特徴的なデザインを演出します。

そしてエンジンには水平対向6気筒ツインターボエンジンが用意されています。

スペックはクーペ・タルガ・カブリオレ共通して、最高出力283kW(385PS)/6,500rpm、最大トルク450Nm(kgm)/1,950~5,000rpmとなっています。

他にも911には電子制御ダンパーシステムであるポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステムが搭載されています。

これにより路面状況やドライビングスタイルに応じて、それぞれのダンパーの減衰力を無段階に調節し、ダイナミクスと快適性を向上させています。

ポルシェ 8代目911 (992) クーペの荷室はどのぐらい広いのか!?

911のクーペにはカレラ、カレラ 4、カレラ S、カレラ 4Sの4種類のグレードがラインナップされています。

荷室の大きさは、グレードに関係なく同一の大きさです。

また、8代目911のクーペのようなスポーツカーであれば、キャリーバッグがきちんと積むことができるのかが気になるところでしょう。

911のクーペはエンジンがリアに配置されているため、荷室はフロント(ボンネット)に設けられています。

荷室は一般的なクルマよりも幅が狭く、底が深い構造です。

このスペースには大きなキャリーバッグは収納できませんが、旅行などで使用するボストンバッグや日常的な買い物であれば問題なく収納できます。

さらに、911のクーペにはもう一つ荷室が確保されています。それがリアシート(後席)として用意されているスペースになります。

スポーツカーであるため実際にリアシートに乗り込むと少し窮屈なサイズ感となっています。

なので、そのスペースを利用して、キャリーバッグなどを収納することができます。

加えて、後席は可動式が採用されているため、背もたれを前に倒すことができます。

そのため、座席奥と合わせたスペースを利用することができ、キャリーバッグはもちろんのこと、ゴルフバッグまでも収納できるだけのスペースが生まれます。

 以上のように、911のクーペには日常使いから旅行、趣味などの荷物を積むことができる空間があり、意外にも使い勝手が良いです。

ポルシェ 8代目911 (992) カブリオレの荷室はどのぐらい広いのか!?

911のカブリオレにはカレラ カブリオレ、カレラ 4 カブリオレ、カレラ S カブリオレ、カレラ 4S カブリオレの4種類のグレードがラインナップされています。

荷室の大きさは、グレードに関係なく同一の大きさです。

8代目911のカブリオレは従来モデルに引き続き、ソフトトップを採用してスイッチ操作することで簡単に開閉が可能な電動ソフトトップとなっています。

そして、オープン化されたこと以外は、エクステリアの基本デザインはクーペモデルと同じであるため、荷室のサイズも同等になります。

911のカブリオレには、屋根をしまうことができるオープン機能が採用されています。

なので、オープン機能を利用すれば、リアシートの空間に荷物を積める際は、屋根を気にせずに載せることができるでしょう。

以上のように、8代目911のカブリオレにも日常使いから旅行、趣味などの荷物を積むことができる荷室が装備されており、とても使い勝手が良いです。

ポルシェ 8代目911 (992) タルガの荷室はどのぐらい広いのか!?

911のタルガには、タルガ4、タルガ 4Sの2種類のグレードがラインナップされています。

荷室の大きさは、グレードに関係なく同一の大きさです。

911のタルガは、カブリオレとは異なり、オープンする屋根の部分がハードトップの仕様になっています。

そのため、オープンする屋根の可動域はフロントのみとなっています。

屋根の部分以外は、エクステリアの基本デザインはクーペとカブリオレと同じであり、荷室のサイズも同等になります。

ポルシェ 8代目911 (992)は先進の安全システムでドライバーの安全な運転をサポート

911には先進の安全システムが装備されています。

中でも世界初の新開発であるウェットモードは他にはない安全装備になっています。

ウェットモードは車両に内蔵されている音響センサーが水しぶきを検知し、路面の濡れを認識します。

その後、システムがドライバーにウェットモードに切り替えるように促し、ウェットモード選択後は、シャーシコントロールシステムやドライブトレインのレスポンスが、走行状況に応じて制御されます。

他にも一定の速度内で、前方のクルマとの距離を一定に保つように自動で走行するクルーズコントロールは、高速道路などの長距離運転でのドライバーのストレスや疲労軽減に寄与します。

そして、レーンキープアシストはカメラで車線を感知し、車線をはみ出しそうになった場合に自動でステアリング操作をサポートし快適性や安全性を高めています。

また、ナイトアシストは車両に搭載された赤外線によりヘッドライトで照らすよりも先に歩行者や動物を検知します。

そして、メーターパネルのサーマルイメージによってドライバーに警告することで、夜間での安全性をよりいっそう高めます。

今回は、ポルシェ 8代目911の荷室について紹介しました。

8代目911の荷室は、日常的な買い物から旅行の荷物を載せるのに十分なスペースが確保されており、とても使い勝手が良いです。

またスポーツカーとは思えないほどの荷室容量を持っており、高性能な仕様といえるでしょう。そのため、スポーツカーに乗りたいけど荷室が狭いことを気にして購入されない方には、特におすすめの車両です。

この機会に911を検討してみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道