あえてのスチールホイール選択!? メリットや注意点を紹介

ホイール

アルミホイールが純正品として多く装着されている現代。
スタッドレスタイヤ用にスチールホイールを購入する方や、あえてスチールホイールへ変更する人も?注意点を紹介します。

Chapter
スチールホイールが逆に希少になった現在
下手なアルミホイールより、軽い場合も
スチールホイールのメリット
他社のスチールホイールを装着する際の注意点

スチールホイールが逆に希少になった現在

基本的には「アルミの方が軽いし、デザインが豊富だからアルミホイールを装着する」という意見が最も多いです。

しかし、逆にスチールホイール(鉄チン)の装着率が低下しているので、あえてスチールホイールを装着したい!という方も。鉄チンホイール愛好家は少なからず存在します。

軽自動車やコンパクトカーではコストパフォーマンス等の利点があり、まだまだ普及しているスチールホイール。

しかし、その他車両については減少しているのであえてインパクトを狙って装着する方もいるようです。扁平率が高い、分厚いタイヤになることでメリットとなる点もあります。

下手なアルミホイールより、軽い場合も

鉄はアルミに比べて重たいですが、ホイールの場合はサイズ(インチ・幅)の違いにより、これが変化します。しっかりと作られているアルミホイールは、「インチアップしても軽量&剛性もある」という素晴らしい物です。

しかし、近年は量販店などで安価な海外製ホイールが売られていることが多いです。物によってはしっかりと作られていますが、「ワイド化&インチアップ」となると重量増加が激しいホイールも存在します。

安すぎる海外製ホイールにも注意が必要でしょう。鍛造ホイールはコストがかかりますし、鋳造品でも軽量に仕上げるにはデザインや製造方法などがしっかりとしています。定価があまりにも安いホイールは強度面で不安が残ります。

<次のページに続く>
次ページ
スチールホイールのメリット