【プロ解説】Eクラスセダンのグレードの違いを徹底解説!!

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+

メルセデス ベンツEクラスセダンは販売台数の多いモデルということもあり、ラインナップが多彩なのが特徴の1つ。

今回は、それぞれのグレードの特徴をご紹介します。

文・写真/萩原 文博

E450 4マチック エクスクルーシブ

ボディサイズ:全長4,930mm×全幅1,850mm×全高1,455mm
エンジン種類:2,996cc V型6気筒DOHCガソリンターボ
最高出力:367ps/5,500~6,000rpm
最大トルク:500Nm/1,.800~4,500rpm

車両本体価格1094万円のE450 4マチックエクスクルーシブは、3L V型6気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載しています。

駆動方式は2WDの後輪駆動のみです。

このモデルにはフラットで抜群の乗り心地の良さを提供するエアボディコントロールサスペンションを標準装備し、装着されるホイールは18インチとなります。

後席シートヒーターが標準装備となり、パノラミックスライディングサンルーフやBurmesterサラウンドサウンドシステムなどがセットとなるオプションのエクスクルーシブパッケージを設定しています。

このモデルからハンドル位置は右だけではなく、左も選ぶことができます。

AMG E53 4マチック+

ボディサイズ:全長4,950mm×全幅1,850mm×全高1,450mm
エンジン種類:2,996cc 直列6気筒DOHCガソリンターボ+モーター
最高出力:435ps/6,100rpm
最大トルク:520Nm/1,800~5,800rpm

AMG Eクラスのエントリーモデルとなるのが、車両本体価格1,252万円のAMG E53 4マチック+です。

3L直列6気筒ターボエンジンにISGと呼ばれるモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

駆動方式は4WDのみです。

シャシーにAMGライドコントロール+エアサスペンションを搭載し、横滑り防止装置のESPも3ステージESPへと進化しています。

装着されるホイールはハイグロスブラック20インチAMG5ツインスポークアルミホイールとなります。E53専用のAMGスタイリングパッケージをはじめ、AMGトランクリッドスポイラーリップやAMGエグゾーストシステムを採用しています。

内装ではフロントはAMGスポーツシートを装着し、空気清浄機能、パフュームアドバイザー付のエアバランスパッケージや後席独立調整機能が付いたクライメントコントロールシステム。さらにBurmesterサラウンドサウンドシステムが標準装備となります。

<次のページに続く>
次ページ
AMG E63 4マチック+

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博