電子制御が無いFRに乗るならラストチャンス!? マツダ NB ロードスター徹底解説

マツダ ロードスター NBロードスター

歴史的大ヒットを記録したユーノスロードスター。その後継モデルとして2代目マツダロードスターは1998年に登場しました。

シリーズ最後の5ナンバー車となるこのモデルは現在でも多くのユーザーに愛されています。中古価格も現在なら比較的リーズナブルで、中古車で「遊びクルマ」を探す際にもよく候補に挙げられやすいモデルです。

果たしてどのようなグレードが存在し、利便性や乗り味、中古車市場はどうなっているのでしょうか?今回はそのような点を解説していきます。

文/写真・西川 昇吾

Chapter
歴史的ヒット作の初代ロードスターから近代化改修された2代目
大きく変わったエクステリアデザイン
シンプルでドライビングに集中できるインテリア
広くないが工夫次第で実用的なトランク
現代水準から見ると簡素な装備
低速域でも楽しいハンドリング
全世界で愛されても欠点はある
バリエーション豊かな限定モデル
1999年「10周年記念車」
2001年「マツダスピード ロードスター」
2003年「ロードスター クーペ」
2004年「ロードスターターボ」
中古車を選ぶポイントは?
電子制御がない最後の世代を味わうなら今

歴史的ヒット作の初代ロードスターから近代化改修された2代目

1998年にデビューしたNB型ロードスターは初代NA型の正常進化型と言えるモデルです。基本的なパッケージに大きな変化はありませんが、NA型のネガを潰しグッと現代的になりました。

グレードは1.8Lエンジン搭載車と1.6Lエンジン搭載車の2種類に大きく分けられ、それぞれでMTとATが選べます。しかし走りに振ったグレード(RSなど)ではMTのみの選択となります。

2005年まで販売されたモデルですが、2000年7月にビックマイナーチェンジが行われ、それ以前の年式のものを前期型、それ以降の年式のものを後期型と分けられています。

このビックマイナーチェンジで大きなトピックスはエンジン。1.8Lモデルに可変バルブ機構「S-VT」が採用され、出力が前期型に比べ15馬力向上しました。

それ以外にもブレーキを中心とした足回りの強化やボディ剛性の向上などが走りの進化として挙げられます。

装備面でもキーレスエントリーが上位グレードに採用されたりシートの質感が向上したりと、より現代的になりました。

また様々なマーケティングチャレンジが行われたのもNBロードスターの特徴。
バリエーション豊かな限定車が存在したり、ウェブでエンジンやトランスミッション、ボディ&インテリアカラー、各種オプションを自由に選んで注文できる「ウェブチューンド」システムなどが存在したりしました。

大きく変わったエクステリアデザイン

NA型からNB型へモデルチェンジした際大きく変わったと言われたのはエクステリアデザインです。

リトラクタブルヘッドライトを採用し愛くるしいフロントフェイスで「カエル顔」とも表現されたNA型ですが、NB型では一般的な固定型のヘッドライトとなりました。

これは後に「突起物」扱いとなり装備が禁止されるリトラクタブルを捨てなければいけなかったためです。また固定式ヘッドライトを採用することによりフロントオーバーバング部分の軽量化も実現しています。


ビックマイナーチェンジでは大きく顔つきが変わりました。ちょっと「可愛らしい」イメージのあった顔つきからシャープな顔つきに変化。

前期型のフロントフェイスがお気に入りというユーザーもいますが後期型の方が人気で、中には後期型のヘッドライトやフロントバンパーを流用してしまう前期型オーナーもいるほどです。

<次のページに続く>
次ページ
シンプルでドライビングに集中できるインテリア

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾