ガソリン、こまめに入れるのといつも満タンと、どっちがお得?

あなたは車のガソリンを満タンにしていますか、それともこまめに入れますか?巷では、こまめに入れた方がお得になるという声も大きくありますが、ガソリンはこまめに入れるのと満タンに入れるのとどっちがよいか、検証していきます。

文・PBKK

Chapter
確かにこまめに入れれば、燃費は向上するが…
結局は満タンにしておいた方がお得

確かにこまめに入れれば、燃費は向上するが…

ガソリン1

燃費には車の重量も影響してきます。そしてガソリンを満タンにすれば、車の重量はガソリンの分重くなります。この際、車に入れるガソリンの量を半分など満タンにしなければ、その分の車の重量が減ります。結果的に燃費は向上するという理屈です。

確かに満タンにせずにこまめにガソリンを入れれば効果はあります。しかし一番肝心の「実際にどのくらい燃費が改善されるか」を知れば、その効果がさほど高くないことが分かるでしょう。

ガソリンは1L当り0.75kgほどです。ですから40Lタンクの車に半分の20Lだけを入れた場合、その車は20L×0.75kg=15kg軽くなります。また車は1kg軽量化するごとに燃費が0.01km/Lほどよくなると言われていますので、15kg軽量化すると燃費が0.15km/Lほどよくなる計算になります。

しかし、仮にこの燃費を維持して残りの20Lを使い切ったとしても、満タンの車より0.15km×20L=3kmほどしか長く走れません。満タンで30km/L走る車が30.15km/Lで走れるようになっても、0. 5 %程度しか燃費が向上しないことから考えて、その差は微々たるものです。

これは年に換算しても、1,000円燃料にかかるコストを節約するのも難しい数値です。しかもガソリンを満タンにせずにこまめに給油しに行く場合、ガソリンスタンドにいちいち通わなければいけません。ガソリンスタンドに行くだけで燃料ロスにつながり、それが何回も続けば燃費向上による節約効果はさらに薄くなるでしょう。

次ページ
結局は満タンにしておいた方がお得