ガソリンスタンドでたまに言われる水抜き剤、なんで必要なの?

ガソリンスタンドでオススメされる水抜き剤について、そもそも水が入ってしまう原因や、水抜き剤の必要性についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
なぜ水が入ってしまう?
水抜き剤の役目とは?
水抜き剤は必要?不必要?

なぜ水が入ってしまう?

結露 フリー画像

ガソリンタンク内に水が入ってしまう原因は、結露です。給油時などにガソリンタンクの蓋を開けた際、タンクへ外気が入り込み、外気に含まれる水蒸気がタンクの内壁との温度差で結露し、水が発生します。ガソリンと水は混ざり合わないため、比重の重い水がタンクの底に溜まってしまうのです。

水が溜まってしまうと、ガソリンタンクが鉄製の場合、水と接触している部分が錆びて腐食してしまう可能性があります。最悪の場合は、穴が開いてしまうケースも考えられます。

また、ガソリンタンクから燃料パイプへ繋がる部分にはフィルターがあり、錆などの不純物はろ過されますが、水はそのままエンジンに運ばれてしまいます。エンジンに水が入ったことで燃焼不良を起こし、場合によってはエンジンが故障してしまう可能性があります。

水抜き剤の役目とは?

化学 フリー画像

では、水抜き剤はどうやって、結露によってガソリンタンク内に溜まった水を抜くのでしょうか。

水抜き剤の主成分はイソプロピルアルコールで、このアルコールがタンク内の水と混ざり、その混合した液体がエンジン内に送られ強制的に燃焼され、水蒸気として水分が排出されます。ガソリンと混ざらず行き場をなくした水分をアルコールと一緒にして無理やり外へ出してしまうというのが、水抜き剤の仕事です。

次ページ
水抜き剤は必要?不必要?