2030年度までに燃費3割アップが義務に?燃費基準の判定方法「CAFE」って何?

近年、自動車と環境は切っても切り離せない関係となり、自動車は「環境に良い」という要素を求められるようになりました。世界中で自動車の燃費性能の底上げが行われ、様々な燃費基準が設けられています。日本でも2019年6月、2030年度を目標にした新たな燃費基準が提示されました。

今回は、日本の燃費基準や、燃費基準達成の判定方法である「CAFE方式」について紹介します。

文・PBKK

Chapter
そもそも燃費基準とは?
2020年採用予定の燃費基準「CAFE方式」とは?
燃費の測定方法は?
実燃費に近いWLTCモードで、燃費基準の達成はできるのか?

そもそも燃費基準とは?

ダッシュボードの写真

燃費基準とは、国により自動車の燃費改善のため設定された「目標」です。日本では2019年6月、新たな燃費基準について、2030年度を目標にCAFE方式で「25.4km/L」とすると発表しました。

これは、2016年度の実績である19.2km/Lから約3割の燃費改善を求める内容となっています。では、この「CAFE方式」とは何なのでしょうか?

2020年採用予定の燃費基準「CAFE方式」とは?

疑問に思う男性

新燃費基準「CAFE(Corporate Average Fuel Efficiency)」とは「企業別平均燃費基準」と訳されます。アメリカやヨーロッパ各国では既に採用され、日本でも2020年度燃費基準に採用される予定です。

これは、車種別の基準ではなく、メーカー別で出荷台数をベースに平均燃費(過重調和平均燃費)を算出する方式です。燃費基準を達成できない車種があっても、そのほかの車種を含め「メーカー全体で」カバーできればよいのです。

メーカーが展開する車種によっては、燃費性能よりも加速性能やデザイン性に特化したい車種もあり、そういった意図が加味された基準とも言われています。

次ページ
燃費の測定方法は?