フロントガラスに▶◀マーク、これってなんで付いているの?

三角マーク

ホンダ車のフロントガラスの両端に、小さな三角形のマークがついているのをご存知でしょうか。このマークには、運転が苦手な方でも上手になれる秘密が詰まっているのです。今回は、このフロントガラスの三角(▶◀)マークについて紹介していきます。

文・吉川賢一

Chapter
三角マークとは?
なぜついている?
ホンダの実験

三角マークとは?

ホンダ車のフロントシートに座って、フロントガラスをよく見ると、両サイドのAピラー近くに▶◀マークがあることに気づきます。場所は、ドライバーの視線より少し上。左右に向かい合うよう付けられています。カタチは一辺が4~5mmの三角形で、セラミックでできています。

2008年に発売された「フリード」に初めて採用され、その後、他のクルマにも導入されました。

なぜついている?

注意して見なければわからないほど小さなマークですが、これがあることでドライバーの水平方向の視線が安定する、といいます。人間が意識していないくらいの領域の話で、運転中の視線が縦に乱高下しにくくなるのだそうです。 

実際、私たちが狭い道を運転しているときには、前方を見て道幅と路面状況を確認し、左右の障害物までの距離をサイドミラーを使って確認。視線を戻して前方確認、進みながらまた左右を確認、危ないなぁと思ったらハンドルで軌道を修正し……と、視線はいつもよりも忙しなく動いています。

前、右、左、また前、右を見て…と続けているうちに、ドライバーは距離感覚が鈍ってきて、はっと気づいたらどちらかに寄り過ぎていた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

ホンダ車のフロントガラスに付けられた三角マークは、ドライバーが無意識のうちに目印として認識し、すれ違ったり、曲がったりする際に、このマークを起点にして水平に視線を移すことで、縦揺れがなくなり、スムーズに曲がったり、車幅を把握したりしやすくなる、という効果が期待できるそうです。結果として、接触事故も大幅に減らせるのだとか。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダの実験