吉川賢一

吉川賢一

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

最近のクルマには、さまざまな安全装置が盛り込まれており、そのひとつに横滑り防止装置(ESC:Electronic Stability Control)があります。メーカーによって、VDCやVSCなど呼び名は異なりますが、その機能はほぼ同等です。ESCの効果と、その有無で起きる違いについて、日本車メーカーで実験を担当していた筆者の経験を元に紹介します。

自動車のサスペンションというと、コイルスプリングやスタビライザー、アーム等を思い浮かべる方が多いと思います。さらに、振動を吸収するものは?というと、ショックアブソーバーが浮かぶのではないでしょうか。今回は、このショックアブソーバーが、どういった役割を持っているのか、見ていきましょう。

車を駐車する際に、必要なパーキングブレーキには、これまで運転席シートの横にあるサイドレバー式や、運転席の足元にあるフット式などが多く使われてきました。しかし最近では、電動パーキングブレーキを搭載する車が増えています。パーキングブレーキが電動になることで、車にはどういったメリットがあるのか、見ていきましょう。

BMWのキドニーグリル、レクサスのスピンドルグリル、アウディのシングルフレームグリルというように、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。彼らはなぜ、同じ造形に合わせるのでしょうか。今回は、その理由を考察していきます。

サスペンションには、荷重を支える、振動を吸収する、力を伝える、といった役割があります。使われるサスペンション形式は、各メーカーの持つフィロソフィ(思想)をもとに設計されています。それぞれサスペンション形式には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

暖かくなり気候が良くなると気になるのが、花粉と黄砂。この花粉や黄砂は、私たち人間にとっても有害ですが、車にとっても有害で、放っておくとシミとなり、最悪の場合、ボディを侵食してしまいます。今回は、そんな花粉や黄砂から大事な愛車を守る除去方法を紹介します。

皆さんは、「CarPlay」や「Android Auto」という言葉を聞いたことがありますか?日本ではまだそれほど浸透していないシステムですが、海外ではすでに認知が進んできているIT技術のひとつです。今回は、それぞれの違いに加え、メリットやデメリットをみていきます。文・吉川賢一

エンジンを代表するスペックといえば、最高出力(馬力)と最大トルクとがありますが、きちんと理解できていますか?今回は、トルクについての理解を深めるために、その概念を勉強していきましょう。文・吉川賢一

どこの国に資本があっても、メーカーであれば良いクルマを安価に作ることを目指しています。昨今では、異なる車種間で共通の部品を使用することを前提として開発し、開発効率を上げる工夫がなされています。フォルクス ワーゲンのMQBも、そのひとつです。このMQBには、どんな効果があるのでしょうか?文・吉川賢一

ヨーロッパ7カ国の自動車雑誌が主宰する欧州カー・オブ・ザ・イヤー。2018年は、ボルボのコンパクトSUV『XC40』がイヤーカーに選ばれました。1964年に開始され、50年以上も歴史のあるこのタイトルを、過去に受賞した日本車があることをご存じでしょうか?

メルセデスAMGは、ジュネーブモーターショー2018において、メルセデスAMG GT 4ドアクーペを初公開しました。この4ドアクーペは、2ドアのメルセデスAMG GTの派生車種として開発されました。どういった特徴があるのか見ていきましょう。

街中で見かけるミドリの制服を着た駐車監視員さん。ほんのちょっとだから…とクルマを路肩に停め、コンビニから戻ってきたら、「移動してください」と注意の声かけがありました。でもじつはこの行為、彼らにはまったく権利の無いものだと知っていましたか?--------------------------------------------------------------------------いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。一部不適切な表現があり、記事内容を修正いたしました。読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。(2018年3月12日)

スポーツカーファンの心を鷲掴みしてきたスープラの新型が、2019年初めに復活するという情報が出ました。2018年3月6日、スイスで開幕したジュネーブ国際モーターショーで、トヨタはレーシングカータイプながら新型スープラのコンセプトモデルを発表。この新型スープラは、BMW 新型Z4と共同開発をしていますが、その理由とは、どんなものなのでしょうか。

日産は、2018年3月1日から、セレナe-POWERの販売を開始しました。ノートに続くe-POWERモデルの第2弾として、日産が選んだのが主力ミニバンのセレナ。現在セレナは、日産の国内販売台数をけん引する重要な役目を担っており、セレナにe-POWERを設定したのは、大正解と考えられます。では、通常のセレナとe-POWERのセレナ、どのように違うものでしょう。文・吉川賢一

みなさんは、RB26DETTというエンジンの名前と、主要スペック程度は知っていることでしょう。しかし、エンジンの魅力といわれると様々ですよね。今回は、このRB26DETTエンジンが持つ魅力について考えてみました。文・吉川賢一

2017年の世界販売実績で、トヨタを抜き「2位」を達成したルノー日産アライアンス(ルノー・日産・三菱の連合)。これまで何度となく、倒産の危機に直面していました。いまからおよそ30年前の1980年代も同様で、日産自動車の販売シェアは下降を始めはじめ、その対策として、1990年代までに技術世界一になり、1990年代に開発する全車種を対象にシャシー、エンジン、サスペンション、ハンドリング、そして品質向上の技術開発を行う、通称『901(キュウマルイチ)活動』計画を立ち上げました。この結果として生まれてきたのが、R32スカイライン、Z32フェアレディZ、P10プリメーラ、インフィニティQ45といった名車たち。今回は、そのなかでも注目の3台を取り上げたいと思います。文・吉川賢一