日本の高速道路で、一番きついコーナーはどこにある?

高速道路というのは安全にスピードを出せるように、可能な限りまっすぐ作りたい。そのためコーナーも緩めにして、あまりハンドルを切らなくても曲がれるように設計されている。そうはいっても山国である日本ではまっすぐな高速道路を作るのは難しい。どうしても地形の影響で、きついコーナーが生まれてしまう。では、日本の高速道路においてもっとも「きついコーナー」はどこにあるのだろうか。

文・山本晋也

Chapter
中国自動車道にあるR=200mのコーナー
Rの数字が小さいほどコーナーはきつい
120km/hでの曲線半径は710m以上が推奨

中国自動車道にあるR=200mのコーナー

高速道路 カーブ

東京近郊では、東名高速下り・大井松田~御殿場にかけての区間は、高速道路としてはきつめのコーナーが続くことで知られていて、新車などのインプレッションでも「大井松田のコーナーをビタっと走り抜けることができる」というのは高速での安定感を示す表現として見かけることが多い。

その区間でもっともきついコーナーは高速道路としては、ほとんど見かけないR=300mとなっているが、さらに「きついコーナー」が実在する。

それが、中国自動車道の呰部(あざえ)トンネル付近(岡山県真庭市)にあるR=200mのコーナーだ。

Rの数字が小さいほどコーナーはきつい

Rというのは曲線半径のことだから、R=200mということは半径200mの円が示す曲線ということになる。

半径が小さいほど小さな円である、つまり数字が小さいほどきついコーナーになるというわけだ。一般道の感覚からするとR=200mというのは大きなコーナーに思えるかもしれないが、高速で走るとかなりきつい。

ちなみに、鈴鹿サーキットのヘアピンを立ち上がってスプーンカーブへ向かう途中の右コーナーが「200R」と呼ばれるように、まさにR=200mのコーナーとなっている。

120km/hでの曲線半径は710m以上が推奨

なお、道路構造令第15条で道路の設計速度に応じて、曲線半径の推奨値や最小値を示しているが、設計速度120km/hではR=710mが最小値で、やむを得ない箇所でもR=570mとするように定められている。

ちなみに、100km/hではR=460mが最小値で、やむを得ない箇所での数値であってもR=380mとなっている。こうしてみると、R=200mというのは、高速道路としては異例に「きついコーナー」であることが理解できるだろう。