冬だからこそ乗りたい!オープンカー5選

①マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

マツダ ロードスターは、オープンカーのなかでも軽量に設計されたモデルで、軽快なハンドリングが自慢です。

2016年には「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をW受賞したことでも注目され、ロードスターでオープンカーが身近に感じられるようになったという方も多いのではないでしょうか?

価格が上昇しがちなオープンカーのなかでも、もっともベーシックなモデルの価格は2,494,800円。そういった手ごろ感も魅力です。

初代ロードスター、予約開始!マツダのレストアサービスとは?
ロードスター、レガシィ、セルシオ...激動の1989年生まれの名車7台!

②ホンダ S660

ホンダ S660

数少ない国内勢オープンカーをもう1台。軽自動車枠のホンダ S660は、維持費の安さからセカンドカーにもおすすめな1台です。

価格は1,980,000円~とロードスターよりも安価、かつエンジンをミドに配置するなど凝ったメカニズムは、軽自動車という枠に縛られないポテンシャルと魅力を持っています。

S660のエンジンは、80psまで引き上げ可能!? その方法とは?
軽スポーツ対決!アルト ワークス vs S660…どちらが買いか?

③MINIコンバーチブル

MINI クーパー コンバーチブル

MINI 3ドアをベースにしたオープンモデル。オープンカーといえば、基本的に2シーターモデルですが、MINI コンバーチブルは便利な4人乗り。

後部座席は倒して荷室として使うこともできるので、オープンカーの欠点である積載性はさほど気になりません。

利便性を兼ね備えながらもMINIが持つゴーカートフィールを十二分に味わうことができます。

クロスオーバー、クラブマンなど…MINIのグレード教えます。
これってパクリ!? MINIにそっくりな国産車3選

④レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

人気のクロスオーバーSUVのルーフと取り払ったイヴォーク コンバーチブルは、ランドローバーから販売されているモデルです。

SUVながらオープンカーという一風変わったイヴォーク コンバーチブルであれば、雪道でのオープンエアも快適。オフロードをオープンにして走るというのはなかなか体験できるものではありません。

2ドアなので後部座席の乗降性は良くはありませんが、居住性は十分でメインカーとしての素質もあるといえます。

SUVのツートップ!ランドクルーザーVSレンジローバー、あなたはどちら派?
私用、軍用、なんでも来い!汎用性抜群なランドローバーのラインナップ

⑤ポルシェ 718ボクスター

ポルシェ 718 ボクスターS

ポルシェのボクサーエンジンを積むロードスターモデル。

価格は694万円で、ポルシェブランドのなかでは718ケイマンについで、2番目に安価な設定です。ソフトトップは電動なので、いつでも気軽に開閉が可能です。

718ボクスターは、2.0Lターボエンジンを搭載。これまでのNA水平対向6気筒とは異なるフィーリングですが、ターボ化により出力、トルク、燃費すべてが向上し、より経済的でよりパワフルなモデルへと進化しました。

718ボクスターSから感じるポルシェの魅力とは?
意外と知らない!ボクスター等、MR車のエンジンルームってどう開ける?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事