軽スポーツ対決!アルト ワークス vs S660…どちらが買いか?

2015年末にデビューした現行アルト ワークス。同年の春にターボモデルのターボRSが発表されたときに、多くのユーザーが「ワークスじゃないのか!?」と落胆したことを受けて、スズキは即座にワークスをデビューさせました。一方、ホンダはミドシップの軽スポーツ、S660を投入しています。さて、アルト ワークスとS660では、どちらが買いなのでしょうか?

Chapter
新型アルト ワークスとS660の立ち位置の明確な違い
価格からも見える両車の性格の違い
アルト ワークスとS660、買うならどっち?

新型アルト ワークスとS660の立ち位置の明確な違い

ホンダ S660

軽スポーツ界は現在、ホンダ S660、ダイハツ コペンなど、それぞれ往年のファンの期待に応える姿勢を各メーカーが見せています。

こうしたメーカーサイドのスポーツカーへの活発なアプローチは、シニア層へのニーズがあるからに違いありません。実際にS660は若者というよりは、アクティブシニア層に大きく訴求しているといえます。

このように、仕事もひと段落し、若い頃に乗っていたようなスポーツカーにもう一度…となった際、S660のような軽スポーツカーは、セカンドカーとして所有するのに非常に都合が良く、市場では成功しにくいオープンカーであっても、ニーズが十分にあるといえます。ダイハツ・コペンも同様ですね。

アルトワークス(5代目)

しかしアルト ワークスは、そうしたクルマとは少々立ち位置が違います。

動力性能については後述するとして、まずエクステリア。これは通常のアルトに少し架装したのみ、また一般的な4ドア(5ドア)の軽自動車の体裁なので、非常に日常の使い勝手が良いモデルに仕上がっています。

つまり、考え方によっては、アルト ワークスはファーストカーとしても十分通用するパッケージなのです。家族で乗るには5MTが少々忙しいかな、という方には変速スピードが改善されたAGS使用も用意されています。これであれば、たまに奥様がお買い物の足に使うという場合でも、十分対応できるでしょう。

日常的に使える…という安心感があるのがアルト ワークス。対してS660は、軽を超えたプレミアム感があり、これを所有するというのは、ある意味では"非日常"を手に入れるという考えに繋がります。

実用性はバッサリと捨て去り、”クルマで走る行為にふける”という楽しみ方が可能なモデルといえましょう。

価格からも見える両車の性格の違い

こうした両車の性格の違いは、価格にも表れています。

既存のベース車があり、それをブラッシュアップしたアルト ワークスは、コストも抑えられています。

■アルト ワークス価格
・2WDモデル…1,509,840円
・4WDモデル …1,617,840円
※2017年7月時点

これに対し、おのずと専用パーツが多いS660は、どうしても高額になってしまいます。また、4輪独立懸架、前後大径ディスクブレーキを奢るなど、高いポテンシャルを秘めているのはまぎれもない事実。それゆえに、プレミアムカーとしての位置づけになっているといえます。

■S660価格
・α…2,180,000円
・β…1,980,000円
※2017年7月時点

こうしてみると、明確にその立ち位置の違いが見えてきますね。

しかし、軽規格でありながらも”プレミアム感”をもたらしているのはS660のほうで、恐らく購入層も単純に性能の優劣では選んではいないのです。

アルト ワークスとS660、買うならどっち?

エクステリアやその存在感はS660に軍配があがります。しかし、車重830kgのS660に対し、アルト ワークスの車重はわずか670㎏。大人約3人分近く、アルト ワークスのほうが軽いわけです。

馬力規制でどちらも同じ出力ですから、これはいかんともしがたい差です。ノーマル状態なら、走行性能ではアルト ワークスが圧倒するのは当然といえるでしょう。それに加え、前述のように日常性能、そしてコストパフォーマンでも優位にあるのがアルト ワークスなのです。