タイの名車トゥクトゥク!日本で購入できるの?公道での走行はできる?

ふしぎな魅力!? 3輪タクシー「トゥクトゥク」とは?

トゥクトゥク

アジア、主に東南アジアから南アジアの国々では、3輪タクシーがシティコミューターとして多く用いられており、街の風物詩となっています。代表的なのが、タイの「トゥクトゥク」でしょう。

このトゥクトゥク、運転手は前席に乗り、後部の荷台に乗客を乗せるほか、果物や雑貨などを運搬、物流の役目も果たしている実に働き者といえる乗り物です。

このトゥクトゥクのルーツはなんと、かつて日本で生産されていたオート3輪のダイハツ ミゼットです。自動車黎明期を支えたミゼットは、経済の成長とともに駆逐されていき、タイを中心に輸出されたのです。

そのミゼットを、現地のニーズやスタイルに合わせてカスタマイズしていった結果、トゥクトゥクとなりました。ミゼットを真似たボディのトゥクトゥクは、現在でもタイで生産されているということです。

かつてのオート3輪がベースだったのであれば、ここ日本でも乗れるのでは?と思いますよね。はたしてどうなのでしょうか?

次ページ日本でも買えるの?必要な免許や車両区分は?

この記事をシェアする

最新記事